Q: 専有ホストとは何ですか?

Amazon EC2 専有ホスト (「専有ホスト」または「ホスト」) は、EC2 インスタンスキャパシティーを利用したお客様専用の物理サーバーです。

Q: 専有ホストを使用することの利点は何ですか?

Amazon EC2 専有ホストを使用すると、Amazon や EC2 で Microsoft や Oracle などのベンダー対象ソフトウェアライセンスを使用できるため、AWS の弾力性、シンプルさ、伸縮性を備えながら、独自のライセンスを使用する柔軟性とコスト効率が得られます。さらに、Amazon EC2 専有ホストを使用すると、インスタンスコアではなくホストコアごとにライセンスを取得できるため、費用対効果が高くなります。専有ホストの使用により、専用ハードウェアのインスタンスの配置に対する柔軟性、可視性、コントロール性も強化できます。コンプライアンスと規制要件を満たす仕方でインスタンスをデプロイすることが容易になります。

Q: AWS では、Amazon EC2 専有ホストに自分のライセンスを簡単に持ち込むことができますか?

ほとんどのクラウドプロバイダーは、専有ホストに対して限られた自動化を提供するため、管理者はホストの割り当て、ホストの容量の使用率、インスタンスの配置などの継続的な管理タスクを実行する必要があります。Windows Server と SQL Server のライセンスを Amazon EC2 専有ホストに持ってくると、AWS に代わってこれらすべての管理タスクを処理させることができます。その後、他の EC2 インスタンスを起動するのと同じように、独自の Windows および SQL Server ライセンスを使用して、専有ホストでインスタンスを起動できます。

Q Amazon EC2 専有ホストに自分のライセンスを持ち込む (BYOL) にはどうすればよいですか?

独自のライセンスを EC2 専有ホストに簡単に持ってくるために、AWS は管理者に AWS License Manager でセットアップされた 1 回限りのオンボーディングを実行するオプションを提供します。これには、次のステップが含まれます。

  • ステップ 1: AWS に持ち込む Windows Server や SQL Server などのソフトウェアライセンスのライセンスルールを定義します。License Manager で条件を慎重に理解し、ルールを定義するには、独自のライセンスアドバイザーに相談することをお勧めします。
  • ステップ 2: 基となるホストを管理するための設定を指定します。たとえば、グループ内のホストの割り当てと解放の方法、使用するライセンスルール、許可されるインスタンスタイプを定義できます。
  • ステップ 3: (省略可能) 組織内の他の AWS アカウントがホストで利用可能な容量を使用するようにしたい場合は、組織アカウント間でホスト管理設定とライセンスルールを共有できます。

設定が完了すると、AWS が一般的な管理タスクを処理しながら、AWS が提供するライセンスでインスタンスを起動するのと同じように、ユーザーはシンプルに BYOL インスタンスを起動できます。

Q: License Manager を使用する場合、AWS は専有ホストを管理するためにどのような管理タスクを実行しますか?

AWSは、AWS License Manager で指定された設定ごとに専有ホストを管理するためのさまざまな管理タスクを実行します。AWS は、すべての AWS アカウントでホスト容量を共有しながら、ホストを自動的に割り当てて解放します。インスタンスをホストに配置し、複数のインスタンスサイズをサポートすることでホストの使用率を最適化します。さらに、AWS は予期しない障害が発生した場合にホストの自動復旧を実行することにより、復元力を向上させます。

Q: 専有ホストはベアメタルとして提供されるのですか?

いいえ。Dedicated Host で動作するインスタンスは、Nitro または Xen ハイパーバイザーを使用する従来の EC2 インスタンスで使用する仮想化インスタンスと同じです。

Q: ホストのライフサイクルはどのようなものですか?

ホストは、アカウント内で割り当てた後にアクセス可能になります。あるホストを割り当てると、インスタンスキャパシティーの使用準備が整えられます。その後、RunInstances API または AWS マネジメントコンソールを使用して、"host" のテナンシーでインスタンスを起動します。オンデマンドの 専有ホストが不要になった場合、そのホストで実行されているインスタンスをすべて停止または終了させてから、ReleaseHosts API または AWS マネジメントコンソールを使用してホストを解放できます。または、AWS License Manager でホスト管理設定を指定できます。AWS がホストの割り当て、インスタンスの配置、ホストのリリースを管理します。この場合、RunInstances API または AWS マネジメントコンソールを使用してインスタンスを起動すると、AWS がホストを割り当てます。ホストで実行中のすべてのインスタンスを終了すると、AWS は指定された設定に基づいてホストを自動的に解放します。

予約を購入しておき、ホストがアカウントに割り当てられた後に予約をホストに割り当てることができます。ホストが予約の対象である場合、ホストを解放する前に、まず予約の期限が切れる必要があります。代わりに Savings Plan を活用して、特定のホストに節約を割り当てたり、使用量に基づいて節約を活用したりすることなく、ホストの割り当てと解放の柔軟性を得ることができます。

Q: ホストに対する支払いには、どのような購入オプションがありますか?

Dedicated Host への支払いについては、3 つの異なる購入オプションから選択できます。最初のオプションはオンデマンドで、アカウントに割り当てられた Dedicated Host の数をスケールアップおよびスケールダウンする柔軟性があり、これらの Dedicated Host がアカウントに割り当てられていた時間の料金のみを支払います。

2 つ目の方法は予約です。これは購入しておいた予約を Dedicated Host に割り当てる方法で、長期的にはオンデマンドより安価に使用できます。予約では、使用期間中、オンデマンドに比べて最大 70% の節約が可能です。

3 番目のオプションは Savings Plans です。これは、特定のホストを契約するのではなく、一貫したコンピューティング使用量 (USD/時間で測定) を契約することによって請求額削減の役に立つ新しい柔軟な料金モデルです。予約と同様に、Savings Plans はオンデマンドと比較して大幅な節約を実現しますが、使用量が変化しても、任意の AWS リージョン全体でのコンピューティング使用量の請求額が自動的に削減されます。これは、ニーズに最適なコンピューティングオプションを使用し、継続的に節約する柔軟性を提供します。Savings Plans の詳細については、こちらをクリックしてください。

Q: オンデマンドを実行するホストの料金はどのように請求されますか?

ホストで実行されるインスタンスの数や AMI のタイプにかかわらず、そのホストがアカウント内でアクティブである時間に対し、時間単位のオンデマンド料金でお支払いいただきます。

Q: ホストでインスタンスを起動する場合、テナンシーの指定が必要ですか?

はい。ホストでインスタンスを起動する場合、「ホスト」のテナンシー指定が必要です。ただし、License Manager を使用してホスト管理設定を指定する場合、「ホスト」のテナンシー指定はオプションです。

Q: 特定のホストでインスタンスを起動できますか?

AWS マネジメントコンソールまたは RunInstances API では、ホスト ID をターゲットとして使用することで、特定のホストでインスタンスを起動できます。ただし、License Manager を使用してホストを管理している場合、AWS は指定された設定に基づいてホストにインスタンスを自動的に配置します。

Q: 1 つの 専有ホストに複数の EC2 インスタンスタイプを組み合わせることができますか?

A: はい。AWS Nitro システムを基盤とした Dedicated Hosts では、同じインスタンスファミリーに属する複数のインスタンスタイプを 1 つのホスト上で利用することができます。例えば、同じホスト上で r5.2xlarge インスタンスと r5.4xlarge インスタンスを実行できます。詳細については、専有ホストの料金ページを参照してください。

Q: 各ホストで実行可能なインスタンス数はどうすればわかりますか?

各ホストで実行可能なインスタンスの最大数は、選択したインスタンスタイプ設定により異なります。ホストあたりのインスタンスの最大数については、専有ホストの料金ページ、EC2 専有ホストコンソール、DescribeHosts API で確認することができます。

Q: ホストではどのような AMI を起動できますか?

BYOL、Amazon Linux、Amazon が提供する Windows Server AMI、および専有ホストでの AWS Marketplace AMI を使用できます。

Amazon が提供する Windows Server AMI は、現世代のインスタンスタイプでのみサポートされています。詳細については、料金セクションをご覧ください。

Q: EC2 Classic ネットワークタイプを使用してインスタンスをホストで実行できますか?

いいえ。ホストで実行できるインスタンスは、Amazon VPC にのみ割り当て可能です。

Q: ハードウェア専有インスタンスのテナンシーを "dedicated" から "host" に変更できますか?

はい。ハードウェア専有インスタンスを停止した後であれば、ModifyInstancePlacement API または AWS マネジメントコンソールを使用してテナンシーを "host" に変更できます。

Q: 専有 VPC にあるハードウェア専有インスタンスを "host" テナンシーに移行する場合、新しい VPC を作成する必要がありますか?

いいえ。ハードウェア専有インスタンスと、ホストで実行されるインスタンスの両方を専有 VPC に割り当てることができます。

Q: アカウントに割り当て可能なホストの数に制限はありますか?

はい。詳細については、AWS のサービスの制限を参照してください。

EBITDA パフォーマンスによる評価かどうかにかかわらず、Dedicated Host の支払いを運用支出 (OPEX) と資本支出 (CAPEX) に仕訳するには、製品の定義を理解しておく必要があります。以下のよくある質問は、Dedicated Host の予約を OPEX とするか CAPEX とするかを決定するのに役立ちます。

Q: Dedicated Host 予約の購入は、CAPEX と OPEX のどちらとみなすべきですか?

AWS では経理処理についてのアドバイスは提供いたしません。この質問は会計士にお問い合わせいただくようお勧めします。また、運用支出か資本支出かの判断を行う前に、EC2 Dedicated Host と Dedicated Host 予約の定義について税理士または会計士に確認してもらうことをお勧めします。

Q: Dedicated Host は一意に識別されますか?

はい。各 Dedicated Host は Host-ID を使用してアカウントに割り当てられますが、一意に識別することが可能です。

Q: Host-ID は物理サーバーのアセット ID と似ていますか?

はい。Dedicated Host は Host-ID を使用して運用され、識別されるため、Host-ID は物理サーバーのアセット ID に似ているといえます。Dedicated Host はお客様のアカウントに割り当てられますが、Host-ID と物理サーバーとの間には 1 対 1 の関係が存在します。

Q: Dedicated Host を解放できますか?

はい。ただし、Dedicated Host がオンデマンド Dedicated Host とみなされる場合のみです。Dedicated Host が解放されると、オンデマンドの請求が終了し、それまで割り当てられていた Dedicated Host (または Host-ID) の再使用はできなくなります。

Q: AWS では別個の物理サーバーに同一の Host-ID を再使用することがありますか?

いいえ。AWS では同じ Host-ID のもとで物理サーバーを交換することは行いません。物理サーバーが新しくなれば、Host-ID も新しくなります。

Q: 同じ Dedicated Host を後で再使用できますか?

はい。Dedicated Host が解放されていないのであれば、後ほど同じ Dedicated Host を再使用できます。

Q: Dedicated Host の料金はどのように請求されますか?

Dedicated Host で実行されるインスタンスの数にかかわらず、全体として時間単位でお支払いいただきます。使用の結果としてネットワークやソフトウェア料金などの追加料金が発生した場合、これらは請求書の異なる明細項目に分けられます。

Q: AWS License Manager を使用すると、専有ホストの請求に変更がありますか?

いいえ、請求に変更はありません。AWS は、AWS アカウントに専有ホストを割り当てるだけです。

Q: 予約の支払い条件はどのようになっていますか?

1~3 年の期間の予約に対して支払います。3 年を超える期間を検討される場合、AWS の担当者にお問い合わせください。

Q: 予約の支払い方法にはどのようなものがありますか?

全前払い予約を選択した場合、Dedicated Host の予約費用はすべて一括前払いとなります。全前払い予約では、一部前払い予約や前払いなしの予約と比較して、総額が最も安くなります。一部前払いオプションを選択した場合、予約のコストのおよそ半分を前払いし、残りのコストは予約期間中の時間ごとに分割されます (時間単位で課金されます)。一部前払いオプションは、前払いなしオプションよりも安くなります。前払いなしオプションを選択した場合、前払いは発生せず、予約のコストは予約期間中の時間ごとに全額が分割されます (時間単位で課金されます)。

Q: Dedicated Host の予約は可能ですか?

はい。Dedicated Host をアカウントに割り当てた後に、1~3 年の予約に対する支払いが可能です。予約を購入して Dedicated Host に割り当てる場合、予約期間と同じ長さの最低利用期間分の Dedicated Host に対する支払いを決済することになります。

Q: Dedicated Host に割り当てずに予約を購入できますか?

いいえ。アカウントに割り当てられている Dedicated Host に対して、予約を割り当てる必要があります。

Q: 予約の期限が切れるとき、Dedicated Host のリモート制御は継続されますか?

はい。予約の期限が切れた場合でも、Dedicated Host は引き続きお客様のアカウントに割り当てられたままであり、Dedicated Host の使用を継続できます。予約期限が切れた場合、Dedicated Host を解放するのでない限り、オンデマンドでの請求に変わります。同じ Dedicated Host に別の予約を購入することも任意で行えます。

Amazon EC2 Dedicated Hosts

今すぐサインアップ