全般

Q: EC2 専有ホストとは何ですか?

A: Amazon EC2 専有ホスト (「専有ホスト」または「ホスト」) は、EC2 インスタンスキャパシティーを利用したお客様専用の物理サーバーです。専有ホストはさまざまな構成 (物理コア、ソケット、VCPU) をサポートしており、ビジネスニーズに応じてさまざまなファミリーとサイズのインスタンスを選択して実行できます。

Q: 専有ホストはベアメタル製品とどのように異なりますか?

A: 専有ホストには仮想化ソフトウェア (Xen または Nitro Hypervisor) が事前インストールされていますが、ベアメタルサーバーには仮想化ソフトウェアが事前インストールされていません。ベアメタルサーバーは、独自のハイパーバイザーを使用したいお客様、または仮想化されていない環境で実行する必要のあるアプリケーションを対象としています。

Q: 専有ホストを使用することのベネフィットは何ですか?

A: 専有ホストでは、ライセンス条項の範囲で、ソケット単位、コア単位、または VM ソフトウェア単位の既存のライセンスを利用できます。これには、VM、ソケット、または物理コアにバインドされた Windows Server、SQL Server、SUSE Linux Enterprise Server、Red Hat Enterprise Linux などのソフトウェアライセンスが含まれます。これにより、既存の投資を活用してコストを削減できます。専有ホストは、組織が特定の企業コンプライアンスおよび規制要件を満たすために単一のテナントインフラストラクチャで特定のアプリケーションを実行することを検討している場合のオプションとしても機能します。専有ホストは AWS License Manager と統合されており、ライセンスの使用状況を追跡し、ホストの割り当て、リリース、リカバリなどのホスト管理タスクを自動化できます。

専有ホストの使用

Q: 専有ホストを使用するにはどうすればよいですか?

A: EC2 コンソール、API、CLI を使用してホストを割り当て、インスタンスを起動するだけで、専有ホストの使用を開始できます。専有ホストは通常、ライフサイクルの次の段階に沿っています。

  1. ホストの割り当て: AWS アカウントにホストを割り当てた後にホストにアクセスできるようになります。ホストを割り当てるには、AllocateHosts API または allocate-hosts - AWS CLI を使用するか、AWS マネジメントコンソールを使用します。
  2. インスタンスの配置: 任意のホストでインスタンスを起動するには、RunInstances API または AWS マネジメントコンソールを使用して「ホスト」のテナンシーを指定する必要があります。特定のホストでインスタンスを起動するには、AWS マネジメントコンソールまたは RunInstances API では、ホスト ID をターゲットとして指定する必要があります。
  3. ホストリリース: ホストが不要になった場合、最初にそのホストで実行されているインスタンスをすべて停止または終了させてから、ReleaseHosts API または AWS マネジメントコンソールを使用してホストを解放できます。

または、AWS License Manager で専有ホスト管理設定を指定することにより、ホストの割り当て、インスタンスの配置、およびホストのリリースタスクを自動化できます。License Manager では、独自のソフトウェアライセンス (Windows および SQL Server ライセンスなど) を AWS に持ち込むときに、ライセンス追跡を自動化することができます。また、既存の専有ホストを自動化された体験に追加する場合にも役に立ちます。

Q: AWS License Manager を使用して専有ホストを管理するにはどうすればよいですか?

A: AWS License Manager を使用して、EC2 専有ホストに提供するライセンスの管理を自動化できます。独自のライセンス (BYOL) を EC2 専有ホストに持ち込み、ホスト管理を自動化するには、次の手順を実行する必要があります。

  • ステップ 1: AWS に持ち込む Windows Server や SQL Server などのソフトウェアライセンスのライセンスルールを定義します。License Manager で条件を慎重に理解するには、独自のライセンスアドバイザーに相談することをお勧めします。
  • ステップ 2: 基となるホストを管理するための設定を指定します。たとえば、ホストの割り当てと解放の方法、使用するライセンスルール、許可されるインスタンスタイプ、ホストリカバリを有効にするかどうかをを定義できます。
  • ステップ 3: (省略可能) 組織内の他の AWS アカウントがホストで利用可能な容量を使用するようにしたい場合は、組織アカウント間でホスト管理設定とライセンスルールを共有できます。

設定が完了すると、AWS が一般的な管理タスクを処理しながら、AWS が提供するライセンスでインスタンスを起動するのと同じように、組織内のユーザーはシンプルに BYOL インスタンスを起動できます。ほとんどのクラウドプロバイダーは、専有ホストに対して限られた自動化を提供するため、管理者はホストの割り当て、ホストの容量の使用率、インスタンスの配置などの継続的な管理タスクを実行する必要があります。AWS では、AWS License Manager を使用して EC2 専有ホストの管理全体を自動化し、専有ホストでの Auto Scaling などの EC2 機能を利用できます。

Q: 既存の専有ホストの管理を自動化できますか?

A: はい。AWS License Manager で専有ホストを管理するための基本設定を定義すると、数回クリックするだけで既存の専有ホストを自動管理体験にオンボードし、AWS に代わって管理するように設定できます。

Q: AWS License Manager を使用して専有ホストを管理するための追加料金はいくらですか?

A: いいえ、AWS License Manager を使用して専有ホストを管理する際には追加料金が発生しません。License Manager がユーザーに代わって AWS アカウントで割り当てた専有ホストに対してのみ料金が請求されます。詳細については、専有ホストの料金を参照してください。

Q: AWS アカウントに割り当てられる専有ホストはいくつまでですか?

A: アカウントに関連付けられている制限に基づいて、専有ホストを割り当てることができます。詳細については、AWS のサービスの制限を参照してください。 自動管理を使用している場合は、AWS License Manager でライセンスレベルの制限を設定できます。

専有ホストの機能と特徴

Q:専有ホストの機能には何がありますか?

A: 専有ホストで利用できる機能は次のとおりです。

  1. 複数インスタンスサイズのサポート - Nitro ベースのインスタンスを使用して、専有ホスト上の同じインスタンスファミリー内で異なるインスタンスサイズを実行できます。これにより、専有ホストフリートとソフトウェアライセンスを最大限に活用できます。ここに表示されているインスタンスファミリーでは、同じ専有ホストでの複数のインスタンスタイプのサポートを利用できます。
  2. インスタンス配置の制御 - 特定の専有ホストでインスタンスを起動するオプションがあります。これは、コンプライアンス要件を満たす場合に役に立ちます。
  3. アフィニティ - 特定のホストへのインスタンスアフィニティを指定することで、ホストを停止して開始した場合でも、インスタンスをホストに接続したままにするオプションがあります。
  4. 継続的なモニタリング - AWS Config レコーディングを使用して、専有ホストでインスタンスが起動、停止、または終了するタイミングを継続的にモニタリングおよびレコーディングできます。継続的なモニタリングは、専有ホストで起動されたインスタンスの監査など、コンプライアンス要件を満たす場合に役に立ちます。
  5. ソケットと物理コアの可視性 - ソケットと物理コアの数を可視化できます。これにより、物理コアとソケットベースのライセンスを取得するというライセンス上の義務を果たすことができます。
  6. 統合ライセンス管理 - AWS License Manager を使用して、専有ホストでのソフトウェアライセンスの追跡と管理を自動化するオプションがあります。詳細については、AWS License Manager のドキュメントを参照してください。
  7. 自動管理と Auto Scaling - AWS License Manager を使用して専有ホストの管理を自動化できます。また、Auto Scaling グループを使用して専有ホストの伸縮性を実現することもできます。
  8. クロスアカウント共有 - クロスアカウント共有を有効にすることで、組織内または組織単位内の専有ホストアカウント間でリソースを共有できます。
  9. ホストリカバリ - ホストリカバリを有効にすることで、専有ホスト上のインスタンスの復元力を高めることができます。Host Recovery は、予期しないハードウェアの障害が発生した場合に、新しいホストでインスタンスを自動的に再起動します。

複数インスタンスサイズのサポート

Q: 各ホストで実行可能なインスタンス数はどうすればわかりますか?

A: 各ホストで実行可能なインスタンスの最大数は、選択したインスタンスタイプ設定により異なります。ホストあたりのインスタンスの最大数については、専有ホストの料金ページ、EC2 専有ホストコンソール、DescribeHosts API で確認することができます。

インスタンス配置の制御

Q: インスタンスの配置を制御するにはどうすればよいですか?

A: インスタンスは、特定の Dedicated Host を指定して配置するか、Amazon EC2 で自動的に配置できます。インスタンスの配置を制御することにより、ライセンス、企業コンプライアンス、規制要件を満たすアプリケーションをデプロイできます。

Q: 専有ホストに新しいインスタンスを手動で配置する必要がありますか?

A: いいえ、インスタンスを手動で配置する必要はありません。AWS License Manager を使用して、AWS に代わってインスタンスの配置を自動化し、管理するように設定できます。

Q:AWS License Manager を使用して配置を自動化する際にインスタンスを起動するにはどうすればよいですか?

A: Amazon が提供するライセンスでインスタンスを起動するのと同様に、AWS License Manager を使用してインスタンスを起動します。AMI とインスタンスタイプを指定するだけで完了です。AWS License Manager を使用してインスタンスを起動する場合、オプションで「ホスト」としてテナンシータイプを提供することができます。

Q:AWS License Manager を使用してインスタンスを起動するための前提条件はありますか?

A: はい。AWS License Manager の使用中にインスタンスを起動するには、ホストリソースグループを AWS License Manager のライセンス設定にアタッチし、容量要件に従って新しいインスタンスが起動されるようにライセンスルールを設定する必要があります。

Q: ホストのリソースグループとは何ですか?

A: ホストリソースグループは、単一のエンティティとして管理できる専有ホストのグループです。ホストリソースグループを使用して、目的 (開発/テストや本稼働など)、組織単位、またはライセンスの制約によってホストを分離できます。

アフィニティ

Q: 特定の期間に 1 つの物理サーバーに接続する必要があるライセンスを管理するにはどうすればよいですか?

A: 特定のシナリオは、特定の期間、同じ物理サーバーにライセンスを割り当てたままにする必要があります。たとえば、Microsoft は、Windows Server ライセンスを少なくとも 90 日間同じ物理サーバーに割り当てたままにすることを要求しています。AWS License Manager を使用すれば、License Affinity ルールを設定して、指定した日数の間ライセンスの使用を制限できます。

ソケットと物理コアの可視性

Q: Dedicated Hosts は一意に識別できますか?

A: はい、ホスト ID を使用して各専有ホストを識別できます。基盤となる物理サーバーが置き換えられる場合は、新たな Host-ID が専有ホストに与えられます。

Q: Host-ID は物理サーバーのアセット ID と似ていますか?

A: はい、Host-ID は物理サーバーのアセット ID と似ています。

Q: AWS では別個の物理サーバーに同一の Host-ID を再使用することがありますか?

A: いいえ、AWS では別個の物理サーバーに同一の Host-ID を再使用していません。物理サーバーごとに異なるホスト ID があります。品質保証を目的として、または AWS の要件のために、基盤となる物理サーバーが AWS により置き換えられる場合は、Host-ID も新たに提供されます。AWS では Host-ID を変更せずに物理サーバーを交換することは行いません。

統合ライセンスの管理

Q: 専有ホストのソケットと物理コアの数を追跡するにはどうすればよいですか?

A: EC2 describe-hosts API を使用して、専有ホスト上のソケットと物理コアの数を追跡できます。AWS License Manager を使用して、ソケットと物理コアの追跡を自動化することもできます。

自動管理と Auto Scaling

Q: 専有ホストで Auto Scaling グループを使用するにはどうすればよいですか?

A: Auto Scaling グループ (ASG) を使用して、任意の Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) で専有ホストを起動することができます。ASG を使用するには、AWS License Manager でホストリソースグループを作成する必要があります。ホストリソースグループで要件を指定すると、起動テンプレートを作成し、起動テンプレートを使用して ASG を作成できます。

クロスアカウントの共有

Q: 複数の AWS アカウントを利用中です。すべてのアカウントで専有ホストを共有できますか?

A: はい、すべての AWS アカウントと専有ホストを共有できます。コストを節約するために、ホストをいくつかのアカウントまたは AWS Organizations 内のすべてのアカウントと共有する柔軟性を備えています。

Q: 共有は専有ホストのアカウントレベルの制限に影響を与えますか?

A: 共有されている専有ホストは、所有者アカウントに設けられた専有ホストの制限にのみカウントされます。メンバーアカウントの専有ホストに対する制限は、共有されている専有ホストからの影響を受けません。同様に、メンバーが共有されている専有ホストで起動するインスタンスは、インスタンス制限にカウントされません。

ホストリカバリ

Q: ホストリカバリを設定するにはどうすればよいですか?

A: AWS コンソールを介して、または CLI または API を使用して、ホストリカバリを有効にすることができます。専有ホストのホストリカバリ構成は、いつでも有効無効、および構成を表示することができます。AWS License Manager のホストリソースグループを使用して、専有ホストグループのホストリカバリを有効にすることもできます。

ネットワーキング

Q: EC2 Classic ネットワークタイプを使用してインスタンスをホストで実行できますか?

A: ホストで実行できるインスタンスは、Amazon Virtual Public Cloud にのみ割り当て可能です。EC2 Classic ネットワークタイプを使用してインスタンスをホストで実行することはできません。

Q: 専有 VPC にあるハードウェア専有インスタンスを "host" テナンシーに移行する場合、新しい Amazon VPC を作成する必要がありますか?

A: いいえ。ハードウェア専有インスタンスと、ホストで実行されるインスタンスの両方を専有 Amazon VPC に割り当てることができます。

専有ホストのメンテナンス

Q:専有ホストにパッチを適用するには、メンテナンス期間を指定する必要がありますか?

A: メンテナンス期間を指定する必要はありません。AWS は、専有ホストおよびその他の EC2 テナンシーオプションのパッチを自動的に管理します。

専有ホストの料金

Q: 専有ホストで利用できるさまざまなライセンスオプションには何がありますか?

A: 専有ホストでは次のライセンスオプションを利用できます。

  1. 独自のライセンスを持参 (BYOL): ライセンス条件に従って、VM、ソケット、または物理コアにバインドされている、適格な既存のソケット単位、コア単位、または VM 単位のソフトウェアライセンス、およびその他のタイプのライセンスを持参できます。 
  2. ライセンス込み (LI): AWS が提供する Windows Server AMI を使用できます。
  3. Amazon Linux: 無料オープンソースの Amazon Linux OS を使用して、AWS 専有ホストで任意のワークロードを実行できます。専有ホストは、SUSE と RHEL を除くすべての Linux OS (AL、AL2、Ubuntu など) のライセンス込みのインスタンスもサポートします。
  4. AWS Marketplace AMI: すべての AWS Marketplace AMI を専有ホストで起動できます。

Q:専有ホストで起動できる AMI には何がありますか?

A: BYOL、Amazon Linux、Amazon が提供する Windows Server AMI、および専有ホストでの AWS Marketplace AMI を使用できます。

Q: 専有ホストの購入オプションと条件は何ですか?

A: AWS には、ニーズに合わせて節約を最大化するための 3 つの異なる購入オプションが用意されています。

  1. オンデマンド: 専有ホストがアカウントでアクティブになっている場合 (または割り当てられている)、1 秒単位 (最低 60 秒) で支払う、契約ベースではない料金オプションです。特定のオンデマンド専有ホストを解放することで請求を終了でき、要件に応じてスケールアップまたはスケールダウンする柔軟性が得られます。
  2. リザーブドインスタンス: 契約ベースの料金オプションです。リザーブドインスタンスを 1 年または 3 年単位の契約で購入でき、3 年契約の場合はより大きな割引を提供します。「全額前払い」、「一部前払い」、「前払いなし」の 3 種類のお支払い方法がリザーブドインスタンス向けに用意されています。リザーブドインスタンスを使用すると、期間中のオンデマンドコストを最大 70% 節約できます。
  3. Savings Plans: この柔軟な料金モデルでは、1 年または 3 年の期間に特定の量の処理能力 (USD/時間で測定) を使用する契約を結ぶことにより、オンデマンドに比べて大幅に節約できます。Savings Plans は、使用量が変更された場合でも、AWS リージョン全体のコンピューティング使用量による請求額を自動的に削減します。これにより、ニーズに合った任意のコンピューティングオプションを柔軟に使用できるようになり、AWS Compute の使用量を最大 72% 節約できます。

Q: オンデマンドのインスタンス料金を実行するホストの料金はどのように請求されますか?

A: オンデマンドで実行されているホストの場合、ホスト上で実行されているインスタンスの数や AMI のタイプに関係なく、アカウントでホストがアクティブ (または割り当て) になっている場合、1 秒単位 (最低 60 秒) の料金を支払います。オンデマンドによる専有ホスト料金の請求は、ホストを解放することで終了します。オンデマンドインスタンスの料金では、長期間の契約をせずに、スケールアップやスケールダウンする柔軟性を得られます。

注: 専有ホスト上のライセンス込み (LI) Windows Server は、1 時間単位で請求されます。

Q: リザーブドインスタンスの支払い条件とオプションにはどのようなものがありますか?

A: リザーブドインスタンスの料金は、1 年または 3 年単位で支払う必要があります。AWS は「全額前払い」、「一部前払い」、「前払いなし」の 3 つの支払いオプションを提供しています。

  1. 全前払い_: 専有ホスト予約の全費用を 1 回の前払いにまとめます。全前払い予約では、一部前払い予約や前払いなしの予約と比較して、総額が最も安くなります。 
  2. 一部前払い: 予約費用の約半分を前払いで支払います。残りの費用は、期間中 1 時間ごとに償却 (および 1 時間ごとに請求) されます。一部前払いオプションは、前払いなしオプションよりも安くなります。
  3. 前払いなし: 前払いなしを選択した場合、前払いは発生せず、リザーブドインスタンスの全費用は予約期間中の時間ごとに全額が分割されます (時間単位で課金されます)。
    3 年を超えて専有ホストを予約する必要がある場合は、アカウントマネージャーにお問い合わせください。

Q: リザーブドインスタンスで実行するホストの料金はどのように請求されますか?

A: リザーブドインスタンスは、オンデマンド料金と比べて最大 70% の割引を提供できます。Dedicated Host 予約を購入すると、選択した期間が終了するまでの間、インスタンスを実行するかどうかにかかわらず 1 時間ごとに料金請求が発生します。実効時間単価は、ホスト予約のコストを 1 時間単位で分割した金額です (つまり、前払い分を含む専有ホスト予約の期間全体の合計料金を、期間の時間数で割った金額です)。

毎月の実際のお支払額は、その月の実際の時間数に時間単位のご利用単価を掛けて計算されます。時間単位のご利用単価は、期間全体の月別お支払額の合計を期間全体の総時間数 (1 年は 365 日とする) で除算したものに相当します。

Q: 専有ホストを購入せずにリザーブドインスタンスオプションを選択することはできますか?

A: いいえ、[リザーブドインスタンス] オプションを選択するには、専有ホストを購入してアカウントに割り当てる必要があります。

Q: 専有ホストのリザーブドインスタンスを購入するにはどうすればよいですか?

A: 1 年または 3 年単位で特定の数のホストを割り当てることにより、専有ホストのリザーブドインスタンスを購入できます。専有ホストをアカウントに割り当てたら、専有ホストに対して 1 年または 3 年単位でリザーブドインスタンスの料金を支払うことができます。リザーブドインスタンスを購入して専有ホストに割り当てると、リザーブドインスタンスの期間に等しい最低利用期間分の専有ホストに対する支払いを決済することになります。

Q: リザーブドインスタンスが失効すると、どうなりますか?

A: リザーブドインスタンスの有効期限が切れた場合でも、専有ホストは引き続きアカウントに割り当てられたままであり、専有ホストを継続できます。専有ホストを解放しないことにした場合、リザーブドインスタンスの有効期限が切れた後にオンデマンドで請求が行われます。同じ専有ホストの別のリザーブドインスタンスの料金を支払うオプションもあります。

Q: 専有ホストでの Windows Server ライセンス (BYOL および LI) の料金条件は何ですか?

A: Microsoft のライセンス条項に抵触しなければ、お手元にすでにある適格な Windows Server や SQL Server のライセンスを専有ホストに移すことができます。ご自分のライセンスを移すだけであれば、追加のソフトウェア使用料は発生しません。

または、Amazon が提供する Windows Server Amazon マシンイメージ (AMI) を使用して、最新バージョンの Windows Server を専用ホストで実行できます。これは、Dedicated Host 上で実行できる既存の SQL Server のライセンスは持っているが、SQL Server ワークロードを実行するために Windows Server を必要としている場合に、広く見られることです。Windows Server AMI の詳しい料金については、専有ホストの料金ページを参照してください。

Q: 専有ホストを実行している機器にアクセスする権利はありますか?

お客様には、AWS サーバー、機器、不動産または個人の所有物、またはその他の AWS が所有する資産を物理的に所有したり、物理的にアクセスしたりする権利はありません。

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
料金表で詳細を確認する

AWS Amazon EC2 専有ホストの料金ページをご覧ください。

詳細 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで Amazon EC2 専有ホストを使って構築を始めましょう。

サインイン