Amazon EC2 M5 インスタンス

汎用ワークロード向けのバランスの取れたコンピューティング、メモリ、ネットワーキングリソース

Amazon EC2 M5 インスタンスは、次世代の Amazon EC2 汎用コンピューティングインスタンスです。M5 インスタンスは、さまざまなワークロード向けに、コンピューティング、メモリ、ネットワーキングリソースをバランスよく提供しています。これには、ウェブとアプリケーションサーバー、小規模/大規模データベース、クラスターコンピューティング、ゲーミングサーバー、キャッシングフリート、アプリ開発環境などがあります。さらに、M5d、M5dn、および M5ad インスタンスはローカルストレージを備え、最大 3.6 TB の NVMe ベース SSD を提供します。

Amazon EC2 M5 インスタンス

M5zn インスタンスのご紹介

Amazon EC2 M5zn インスタンスは、クラウドで最速のインテル Xeon スケーラブルプロセッサを搭載し、最大 4.5 GHz のオールコアターボ周波数を備えています。さらに、M5zn インスタンスは 100 Gbps ネットワーキングと Amazon Elastic Fabric Adapter を備えており、コンピューティングおよびネットワーク集約型のアプリケーションに最適です。

利点

柔軟性と選択肢

複数のプロセッサオプション (インテル Xeon スケーラブルプロセッサまたは AMD EPYC プロセッサ)、ストレージオプション (EBS または NVMe SSD)、ネットワークオプション (最大 100 Gbps)、およびインスタンスサイズからなる 60 の異なるインスタンスの中から選択でき、ワークロードのニーズに応じてコストとパフォーマンスの両方を最適化できます。

TCO の削減

M5 インスタンスは、プロセッサごとにさらに多くのコアを活用することによって前世代よりも高いインスタンス密度をお客様に提供し、インスタンスごとの TCO の削減につながります。最も大きいインスタンスサイズの 24xlarge を使用することによって、お客様はより少ない数のインスタンスでワークロードのスケールアップと統合を行うことができ、総所有コストの削減に役立ちます。

リソース効率性の最大化

M5 インスタンスは、専用ハードウェアと軽量ハイパーバイザーを組み合わせた AWS Nitro System で構築されます。このシステムは、ホストハードウェアのコンピューティングリソースおよびメモリリソースを実質的にすべてお客様のインスタンスに提供し、全体的なパフォーマンスおよびセキュリティを改善します。

特徴

複数のプロセッサから選択可能

M5 と M5d インスタンスには、最大 3.1 GHz の持続的な全コアターボを備えた第 1 もしくは第 2 世代インテル Xeon Platinum 8000 シリーズ (Skylake-SP もしくは Cascade Lake) プロセッサが搭載されており、M4 インスタンスと比較してコストパフォーマンスが最大 20% 向上しています。M5 インスタンスはインテルの Advanced Vector Extensions 512 (AVX-512) 命令セットに対するサポートも提供し、コアごとの FLOPS は前世代の M4 インスタンスと比べて最大 2 倍になります。M5n と M5dn インスタンスは、最大 3.1 GHz の持続的な全コアターボを備えた、第 2 世代インテル Xeon スケーラブルプロセッサ (Cascade Lake) を搭載しているのが特徴です。AVX-512 に加えて、新たに Vector Neural Network Instructions (AVX-512 VNNI) にも対応しており、コンボリューションや推論といった、典型的な機械学習オペレーションの速度が向上しています。M5zn インスタンスは、EC2 M5 インスタンスよりも最大 45% 高いコンピューティングパフォーマンスを提供し、クラウドで利用可能な最速のインテル Xeon スケーラブルプロセッサを提供し、最大 4.5 GHz のオールコアターボ周波数を備えています。M5a と M5ad インスタンスには、最大 2.5 GHz の全コアターボを備えた AMD EPYC 7000 シリーズプロセッサが搭載されています。M5a インスタンスを使用すると、Amazon EC2 コンピューティング環境のコストをさらに最適化したいとお考えのお客様は、最大 10% の節約が可能です。

ハイパフォーマンスネットワーキング

M5n、M5dn、および M5zn インスタンスは、第 4 世代のカスタム Nitro Card および Elastic Network Adapter (ENA) デバイスを最大限活用し、1 つのインスタンスに 100 Gbps のネットワーキングスループットを提供します。これらのインスタンスは基本的な M5 インスタンスに比べて 4 倍のネットワーク帯域幅とパケット処理能力をもたらし、ネットワーク負荷の大きいアプリケーションに最適です。また、安定して低いネットワークレイテンシーに対しては、24xlarge インスタンスと .metal サイズの m5n と m5dn、12x インスタンス、および .metal サイズの M5zn インスタンスサイズで、Elastic Fabric Adapter (EFA) を有効化していただくこともできます。

ハイパフォーマンスストレージ

ホストサーバーに物理的に接続された NVMe ベースのローカル SSD ブロックレベルストレージが M5d、M5dn、そして M5ad インスタンスのすべてで利用可能です。これらのインスタンスはスクラッチスペース、一時ファイル、キャッシュなどの一時的なストレージを必要とするものを含め、高速で低レイテンシーのローカルストレージにアクセスする必要のあるアプリケーションに最適です。

AWS Nitro System 上での構築

M5 インスタンスは、従来の仮想化機能の多くを専用ハードウェアにオフロードする、ビルディングブロックを豊富に取り揃えた AWS Nitro System 上に構築されています。こうすることによって、AWS Nitro System が高パフォーマンス、高可用性、高セキュリティを可能にすると同時に、仮想化オーバーヘッドも削減されます。

*VNNI はすべての Linux ディストリビューションと互換性があるわけではありません。使用する前にドキュメントをご確認ください。

製品の詳細

  • M5 インスタンス
  • M5n インスタンス
  • M5a インスタンス
  • M5zn インスタンス
  • M5 インスタンス
  • M5 および M5d インスタンスでは、最大 3.1 GHz の持続的な全コアターボを備えた、第 1 もしくは第 2 世代インテル Xeon Platinum 8000 シリーズ (Skylake-SP もしくは Cascade Lake) プロセッサを搭載しています。さらに、インテルの新しい命令セット Advanced Vector Extensions 512 (AVX-512) もサポートされ、コアごとの FLOPS では、前世代の M4 インスタンスと比べて最大 2 倍を達成しています。

    インスタンスサイズ
    vCPU メモリ (GiB) インスタンスストレージ
    (GiB)
    ネットワーク帯域幅 (Gbps)
    EBS 帯域幅 (Mbps)
    m5.large 2 8 EBS のみ 最大 10 最大 4,750
    m5.xlarge 4 16 EBS のみ 最大 10 最大 4,750
    m5.2xlarge 8 32 EBS のみ 最大 10 最大 4,750
    m5.4xlarge 16 64 EBS のみ 最大 10 4,750
    m5.8xlarge 32 128 EBS のみ 10 6,800
    m5.12xlarge 48 192 EBS のみ 12 9,500
    m5.16xlarge 64 256 EBS のみ 20 13,600
    m5.24xlarge 96 384 EBS のみ 25 19,000
    m5.metal 96* 384 EBS のみ 25 19,000
    m5d.large 2 8 1 x 75 NVMe SSD 最大 10 最大 4,750
    m5d.xlarge 4 16 1 x 150 NVMe SSD 最大 10 最大 4,750
    m5d.2xlarge 8 32 1 x 300 NVMe SSD 最大 10 最大 4,750
    m5d.4xlarge 16 64 2 x 300 NVMe SSD 最大 10 4,750
    m5d.8xlarge 32 128 2 x 600 NVMe SSD 10 6,800
    m5d.12xlarge 48 192 2 x 900 NVMe SSD 12 9,500
    m5d.16xlarge 64 256 4 x 600 NVMe SSD 20 13,600
    m5d.24xlarge 96 384 4 x 900 NVMe SSD 25 19,000
    m5d.metal 96* 384 4 x 900 NVMe SSD 25 19,000

    * m5.metal および m5d.metal は、48 個の物理コアに 96 個の論理プロセッサを提供します

  • M5n インスタンス
  • M5n と M5dn インスタンスでは、最大 100 Gbps のネットワーク帯域幅と最大 19 Gbps の Amazon EBS 専用帯域幅を利用できます。これらのインスタンスは、第 2 世代インテル Xeon スケーラブルプロセッサ (Cascade Lake) を搭載しています。持続的な全コアターボ CPU 周波数は最大 3.1 GHz です。さらに、新型の Vector Neural Network Instructions (AVX-512 VNNI*) もサポートされています。これは、コンボリューションなどの典型的な機械学習オペレーションの速度を向上させます。また、幅広い分野のディープラーニングワークロードで推論パフォーマンスを自動的に向上させます。M5dn インスタンスでは、NVMe ベースのローカル SSD がホストサーバーに物理的に接続されており、インスタンスの寿命に連係するブロックレベルのストレージを提供します。

    インスタンスサイズ
    vCPU メモリ (GiB) インスタンスストレージ
    (GiB)
    ネットワーク帯域幅 (Gbps)
    EBS 帯域幅 (Mbps)
    m5n.large 2 8 EBS のみ 最大 25 最大 4,750
    m5n.xlarge 4 16 EBS のみ 最大 25 最大 4,750
    m5n.2xlarge 8 32 EBS のみ 最大 25 最大 4,750
    m5n.4xlarge 16 64 EBS のみ 最大 25 4,750
    m5n.8xlarge 32 128 EBS のみ 25 6,800
    m5n.12xlarge 48 192 EBS のみ 50 9,500
    m5n.16xlarge 64 256 EBS のみ 75 13,600
    m5n.24xlarge 96 384 EBS のみ 100 19,000
    m5n.metal 96** 384 EBS のみ 100 19,000
    m5dn.large 2 8 1 x 75 NVMe SSD 最大 25 最大 4,750
    m5dn.xlarge 4 16 1 x 150 NVMe SSD 最大 25 最大 4,750
    m5dn.2xlarge 8 32 1 x 300 NVMe SSD 最大 25 最大 4,750
    m5dn.4xlarge 16 64 2 x 300 NVMe SSD 最大 25 4,750
    m5dn.8xlarge 32 128 2 x 600 NVMe SSD 25 6,800
    m5dn.12xlarge 48 192 2 x 900 NVMe SSD 50 9,500
    m5dn.16xlarge 64 256 4 x 600 NVMe SSD 75 13,600
    m5dn.24xlarge 96 384 4 x 900 NVMe SSD 100 19,000
    m5dn.metal 96** 384 4 x 900 NVMe SSD 100 19,000
    *VNNI はすべての Linux ディストリビューションと互換性があるわけではありません。使用する前にドキュメントをご確認ください。

    **m5n.metal anおよび m5dn.metal は、48 個の物理コアに 96 個の論理プロセッサを提供します

  • M5a インスタンス
  • M5a と M5ad インスタンスには、全コアターボのクロック速度が 2.5 GHz の AMD EPYC 7000 シリーズプロセッサが搭載されています。AMD ベースのインスタンスは、コンピューティングリソースを十分に活用しておらず、10% のコスト節約で利益を得ることが可能なお客様に、追加のオプションを提供します。 M5ad インスタンスでは、NVMe ベースのローカル SSD がホストサーバーに物理的に接続されており、インスタンスの寿命に連係するブロックレベルのストレージを提供します。

    インスタンスサイズ vCPU メモリ (GiB)
    インスタンスストレージ
    (GiB)

    ネットワーク帯域幅 (Gbps) EBS 帯域幅 (Mbps)
    m5a.large 2 8 EBS のみ 最大 10 最大 2,880
    m5a.xlarge 4 16 EBS のみ 最大 10 最大 2,880
    m5a.2xlarge 8 32 EBS のみ 最大 10 最大 2,880
    m5a.4xlarge 16 64 EBS のみ 最大 10 2,880
    m5a.8xlarge 32 128 EBS のみ 最大 10 4,750
    m5a.12xlarge 48 192 EBS のみ 10 6,780
    m5a.16xlarge 64 256 EBS のみ 12 9,500
    m5a.24xlarge 96 384 EBS のみ 20 13,570
    m5ad.large 2 8 1 x 75 NVMe SSD 最大 10 最大 2,880
    m5ad.xlarge 4 16 1 x 150 NVMe SSD 最大 10 最大 2,880
    m5ad.2xlarge 8 32 1 x 300 NVMe SSD 最大 10 最大 2,880
    m5ad.4xlarge 16 64 2 x 300 NVMe SSD 最大 10 2,880
    m5ad.8xlarge 32 128 2 x 600 NVMe SSD 最大 10 4,750
    m5ad.12xlarge 48 192 2 x 900 NVMe SSD 10 6,870
    m5ad.16xlarge 64 256 4 x 600 NVMe SSD 12 9,500
    m5ad.24xlarge 96 384 4 x 900 NVMe SSD 20 13,570
    2 x 300 NVMe SSD
    2 x 300 NVMe SSD
  • M5zn インスタンス
  • Amazon EC2 M5zn インスタンスは M5 ファミリーの最新製品であり、最大 4.5 GHz のオールコアターボ周波数を備えたクラウドで最速のインテル Xeon スケーラブルプロセッサを提供します。M5zn インスタンスは、非常に高いシングルスレッドパフォーマンスと高スループット、ハイパフォーマンスコンピューティングなどの低レイテンシーネットワーキング、ならびに自動車、航空宇宙、エネルギー、および通信業界向けのシミュレーションモデリングの恩恵を受けるアプリケーションに最適です。

    インスタンスサイズ vCPU メモリ (GiB)
    インスタンスストレージ
    (GiB)

    ネットワーク帯域幅 (Gbps) EBS 帯域幅 (Mbps)
    m5zn.large 2 8 EBS のみ 最大 25 最大 3,170
    m5zn.xlarge 4 16 EBS のみ 最大 25 最大 3,170
    m5zn.2xlarge 8 32 EBS のみ 最大 25 3,170
    m5zn.3xlarge 12 48 EBS のみ 最大 25 4,750
    m5zn.6xlarge 24 96 EBS のみ 50 9,500
    m5zn.12xlarge 48 192 EBS のみ 100 19,000
    m5zn.metal 48 192 EBS のみ 100 19,000
    2 x 300 NVMe SSD
    2 x 300 NVMe SSD

お客様事例

airnguru logo
「Airnguru は、航空会社に向けてクラス最高の SaaS ソリューションを構築して提供しています。直近数年間、当社は、航空会社が直面する最も大きな問題のいくつかを解決するために、新世代の料金インテリジェンスと料金実行ソリューションを作成することに焦点を合わせていました。航空会社に、合理化された料金プロセス、料金の自動化、およびミッションクリティカルなビジネスプロセスを提供するための大量のデータに向けて技術ソリューションを提供します。この目標を達成するために、AWS が提供する最新のテクノロジーとサービスを使用して、継続的に調査、テスト、革新を行っています。最近、EC2 M5zn インスタンスの使用を取り入れました。これにより、大規模なプロセスの 1 つにおけるコストを 30% 削減できました。EC2 M5zn 高速 CPU と十分な RAM サイズ、およびアドホックな大規模の並列化アルゴリズムを組み合わせることで、お客様が持っている膨大な数の航空券料金を効率的に計算できるようになりました。」

エンジニアリング責任者、Cesar Moltedo 氏 

ブログ投稿と記事

AWS の使用を開始する

AWS アカウントにサインアップする

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠をすぐに利用できます。

簡単なチュートリアルで学ぶ

10 分間のチュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学びましょう。

コンソールの EC2 で構築を開始する

コンソールで構築を開始する

ステップバイステップのガイドに従って構築を開始すれば、AWS プロジェクトを立ち上げることができます。

始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ