Amazon EC2 スポットの開始は容易にできます。

まず、Amazon EC2 を設定してくださいAWS マネジメントコンソールにログインすれば数分でスポットインスタンスを起動できます。または、AWS SDK/CLI を使用してスポットインスタンスまたはスポットインスタンス群をリクエストしてください。

Amazon EC2 の利用を開始するための詳細については、Amazon EC2 ユーザーガイド、および以下のベストプラクティスその他のリソースをお読みください。

Amazon EC2 インスタンスを無料でお試しください

Amazon EC2 を無料でお試し

AWS の無料利用枠には毎月 750 時間分の Linux および Windows の t2.micro インスタンスが含まれます(1 年間)。無料利用枠内に抑えるには、EC2 マイクロインスタンスのみを使用してください。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »


Spot Instances_Diagram_Final

お客様のアプリケーションにベストプラクティスをどのように適用するかは、お客様のインスタンスタイプ要件、予算要件、アプリケーション設計によって決まります。次にいくつかの推奨するベストプラクティスを挙げます。

  1. インスタンスタイプに関して柔軟になる。可能ならさまざまなインスタンスタイプでアプリケーションをテストしてください。価格はアベイラビリティーゾーン内のインスタンスタイプごとに独立して変動します。そのため、インスタンスタイプに対する柔軟性があれば、ほとんどの場合で、同じ価格でより多くのコンピューティング容量を得ることができます。要件を満たす、すべてのインスタンスタイプにリクエストし、さらにコストを削減し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させてください。スポットフリートを使用すると、複数のインスタンスタイプに同時にリクエストすることができます。
  2. 料金があまり変化しなかったプールを選択してください。価格は長期の需要に基づいて調整されます。そのため、人気のあるインスタンスタイプ(最近開始されたインスタンスファミリーなど)の料金はより調整が大きくなる傾向があります。つまり、人気のない旧世代のインスタンスタイプを選択すると、コストが低下し、中断が少なくなる傾向が見られます。同様に、同じインスタンスタイプでもアベイラビリティーゾーンが異なる場合は、価格が異なる可能性があります。

Amazon EC2 スポットインスタンスを使用すると、ほとんどの場合オンデマンド価格から 90% 割引で、予備の EC2 コンピューティングキャパシティーを使用できます。本番ワークロードのためにスポットインスタンスを効果的に活用する方法について説明している動画をご覧ください。こちらでサインアップするか、こちらでコンソールにサインインしてください。

Spot-Save-90

オンデマンド、スポット、リザーブドインスタンスをシームレスに組み合わせる方法、世界中のお客様によってデプロイされている、最も一般的なアプリケーションおよびワークロードについてのベストプラクティスの使用方法を学んでください。

AWS reInvent 2017 - Optimizing EC2 for Fun and Profit

大量のデータを簡単、高速、コスト効率の高い方法で処理する、Amazon EC2 スポットおよび Amazon EMR の使用を開始する方法を説明した動画をご覧ください。

FINRA EMR Spot Video

Amazon EMR と Amazon EC2 Spot を使ってスケーラブルな Spark クラスターを迅速かつ簡単に作成し、Apache Zeppelin と Jupyter ノートブックを使用してモデルを構築して共有する方法を説明した動画をご覧ください。

Zillow EMR Spot

この動画で、FINRA が Amazon EC2 スポットインスタンス、Amazon S3、Amazon EMR、Amazon Redshift、AWS Lambda などのマネージド型データレイクをオンプレミスに比べて 30% 低い TCO でどのように実装したのかをご覧ください。

Finra

DuPont Pioneer による Encirca Services は農家と提携して、穀物生産高の最適化を支援しています。AWS Step Functions、Amazon Elasticache、EC2 Spot Fleet その他を活用してクラウドベースで農家のための協力的プラットフォームを構築し、穀物の成長をシミュレーションし、土壌の窒素レベルを管理できるようにしました。

Dupont_Video

Scripps Network のチームは長年グループの内部オンプレミスレンダー農場であった Thinkbox Deadline を活用して、PoC を Thinkbox とアマゾン ウェブ サービスを用いてアーキテクチャーを設計しました。構築されたソリューションのために Scripps Network Interactive が AWS に全幅の信頼を寄せるようになった事例をご覧ください。

Scripps Network_Thinkbox Deadline_Spot

FuseFX はスタジオのクラウド実装の管理で、Thinkbox Deadline を採用しました。Deadline を使うとクラウドでのレンダリングを以前にもまして容易に活用でき、加えて Deadline のインターフェイスにある様々な機能を使えることがその理由です。全文を読む.

FuseFX_Tick_Thinkbox Deadline_Spot

Amazon EC2 Spot と Thinkbox Deadline が VFX と CG のレンダリングを最小の労力と低いコストでスクリーンから爆発的に飛び出させます。このセッションでは、Deadline (AWS のレンダリングパイプライン管理サービス) と、使用に応じたライセンスの Thinkbox マーケットプレイスの柔軟なレンダリングライセンスを組み合わせてワークロードをレンダリングすることと、Spot でスケーラブルで、低コストのコンピューティングを行うことを特に扱います。

Boom for Your Buck_Thinkbox Deadline_Spot

Amazon EC2 が Spot の料金を、需要と供給の長期トレンドに基づいて、緩やかに変動する、低く、予測可能な価格に移行して簡素化したことをご覧ください。このことは、大量のデータを短時間内に処理する必要のあるメディアとエンタテイメントでのレンダリングなどのワークロードでは特にインパクトがあります。

AWS Launchpad_Thinkbox Deadline_Spot__Chris Bond