プロジェクトを開始する

11 ステップ  |  120 分

移行コスト: このサンプルプロジェクトで説明されているとおり、移行コストは通常、10 GB Oracle データウェアハウスの 1 回限りの移行あたり約 7.85 USD になります。このコスト額は、お客様が AWS 無料利用枠上限を超えておらず、推奨される設定に従って、プロジェクト完了後 2 時間以内にすべてのリソースを終了させることを前提としています。

維持コスト: Amazon Redshift でデータウェアハウスを維持する総コストは、使用量と設定に応じて異なります。このガイドで推奨されているデフォルト設定を使用すると、AWS 無料利用枠上限を超えていない場合の典型的なコストは、毎月 45.84 USD となります。お客様のユースケースには、請求額に影響する可能性がある異なる設定が必要となる場合があります。簡易見積りツールを使用すると、お客様のニーズに合わせて費用を見積もることができます。

個別サービスの使用とコスト: AWS の料金設定は、個別サービスそれぞれの使用量に基づいています。各サービスの使用量の総計によって毎月の請求額が決まります。各サービスの内容と請求に与える影響については、下にある各タブをご覧ください。

  • Amazon Redshift

    説明: Amazon Redshift は高速でフルマネージド型、ペタバイト規模のデータウェアハウスです。既存のビジネスインテリジェンスツールを使用して、すべてのデータをシンプルかつコスト効果の高い方法で分析できます。

    料金設定の仕組み: Amazon Redshift の料金設定は、選択するノードタイプ (高密度コンピューティングまたは高密度ストレージ)、ノード数、クラスターが置かれるリージョン、および選択する料金モデル (オンデマンドまたはリザーブド) の 4 つの要素に基づいています。詳細については、Amazon Redshift 料金表を参照してください。

    コスト例: このプロジェクトでは、US-West-2 リージョンにあるシングルノードの dc1.large クラスターで実行される環境をセットアップします。この場合のコストは、1 ヵ月あたり約 0 USD で (AWS 無料利用枠上限を超えていないことを前提とする)、AWS 無料利用枠上限を超えている場合は 1 ヵ月あたり約183 USD になります。

  • Amazon RDS for Oracle

    説明: Amazon Relational Database Service (RDS) を使用すると、クラウド上でリレーショナルデータベースを簡単にセットアップ、運用、スケールできます。これにより、費用対効果が高く、サイズ変更が容易なデータベース容量が得られるとともに、時間のかかるデータベース管理タスクが処理されます。このプロジェクトのソースデータベースとして、ライセンス込みの AWS RDS Oracle Standard Edition One (SE1) オプションがプロビジョニングされます。

    料金体系の仕組み: RDS Oracle の料金には、インスタンスを実行する時間数、データベースストレージの使用量、バックアップストレージ、RDS のデータ転送 (イン/アウト) という 4 つの要素が含まれます。"ライセンス込み" 料金には、Oracle ソフトウェアライセンス、ハードウェアリソース、および Amazon RDS マネジメント機能が含まれています。詳細については、Amazon RDS 料金を参照してください。

    : このプロジェクトでは、US-West-2 (オレゴン) リージョンにおいて、50 GB GP2 (汎用) ストレージを有する db.m3.medium インスタンスをプロビジョニングします (シングル AZ 配置)。オンデマンドの料金モデルを使用すると、料金は 2 時間で 4.98 USD になります。

  • AWS Database Migration Service

    説明: AWS Database Migration Service は、低価格でセキュアにかつ簡単にデータベースを AWS に移行させるために役立ちます。

    料金体系の仕組み: 移行プロセス中に使用したコンピューティングリソースと、追加ログのストレージに対してのみ料金が発生します。すべてのデータベース移行インスタンスにはスワップ領域、レプリケーションログ、データキャッシュに十分なストレージが含まれており、ほとんどのレプリケーションとインバウンドのデータ転送が無料です。詳細については、AWS DMS 料金を参照してください。

    : このプロジェクトでは、US-West-2 (オレゴン) リージョンにおいて、50 GB のログストレージがある t2.medium インスタンスをプロビジョニングします (シングル AZ 配置)。 オンデマンドの料金モデルを使用すると、DMS インスタンスを 2 時間実行させておくための料金は 2.87 USD になります。

  • AWS Schema Conversion Tool

    説明: AWS Schema Conversion Tool (SCT) は、ビューやストアドプロシージャなどの Oracle データベースのスキーマを、Aurora データベース互換フォーマットに変換するために使用します。AWS SCT は、Microsoft Windows、Mac OS X、Ubuntu Linux バージョン 15.04、および Fedora Linux で使用できます。

    料金体系の仕組み: AWS SCT は AWS DMS に付属する無料のツールです。

プロジェクトを開始する