デベロッパーリソース

ユーザーガイド

AWS Elemental MediaLive が提供するコンポーネントと機能、およびその使い方を説明します。

API リファレンス

AWS Elemental MediaLive の基本的な操作を説明します。また、ジョブ設定のためのスキーマ構造や、エンコーディング設定の詳細を記載します。サンプルのジョブリクエストも掲載しています。

フォーラム

AWS Elemental MediaLive の基本的な操作を説明します。また、ジョブ設定のためのスキーマ構造や、エンコーディング設定の詳細を記載します。サンプルのジョブリクエストも掲載しています。

AWS メディアサービス互換性プログラム

AWS Elemental テクノロジーパートナーの互換性プログラムの詳細を確認できます。テクノロジーパートナー、および既知の設定において AWS メディアサービスと互換する製品の一覧をご覧ください。

サービスレベルアグリーメント (SLA)

これは、Amazon Web Services, Inc. およびその関連会社と AWS のサービスのユーザーとの間の、アマゾン ウェブ サービスカスタマーアグリーメントの条項に基づいた、AWS Elemental MediaLive の使用を管理するポリシーです。

リソース

電子書籍

1

ウェブキャスト

1

ホワイトペーパー

1

最新情報

日付
  • 日付

動画

AWS Elemental MediaLive の紹介
AWS re:Invent 2019: AWS でのライブブロードキャスト
AWS re:Invent 2019: クラウドと利用者へのライブ動画フィードを最適化
AWS re:Invent 2019: AWS のメディアとエンターテインメント業界のニュース
AWS re:Invent 2019: 記録的な規模の Hotstar ライブストリーミング
AWS re:Invent 2018: スポーツイベントのブロードキャスト - 最も重要な AWS メディアサービス
AWS re:Invent 2018: 世界のすべてが舞台: OTT ビデオで心を豊かにする
AWS re:Invent 2018: 任意の木曜日、金曜日、土曜日 - Pac-12 が何百ものライブイベントをストリーミングする方法
AWS re:Invent 2018: ライブブロードキャストの構築と AWS への移行

トレーニング

  • 基礎知識
  • ラボ
  • 基礎知識
  • AWS Elemental MediaLive の概要

    このコースでは、ライブ動画処理サービスである AWS Elemental MediaLive について学びます。このサービスを使用すると、ブロードキャストテレビやマルチスクリーンデバイスに配信するための高品質なライブ動画ストリームのエンコードが可能になります。

    ライブストリーミングワークフローについて

    このコースでは、AWS メディアサービス (AWS Elemental MediaConnect、AWS Elemental MediaLive、AWS Elemental MediaPackage、AWS Elemental MediaStore など)、Amazon CloudFront、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon CloudWatch を使用して、ライブ動画ストリーミングワークフローを設定する方法を学びます。

    収益化ワークフローを理解する

    このコースでは、AWS Elemental MediaLive、AWS Elemental MediaPackage、AWS Elemental MediaTailor、Amazon CloudFront を使用してサーバー側の広告挿入を設定することで、ライブ動画コンテンツを収益化する方法を学びます。

    メディアサービスの学習過程

    この学習過程は、専用のビデオ機器を実行する際に必要とされる時間、労力、費用をかけずに、AWS メディアサービスでプロフェッショナル品質のメディアエクスペリエンスを実現する方法を学びたいという方を対象にしています。 
  • ラボ
  • MediaLive、MediaStore、CloudFront を使ってライブ動画チャネルを構築する

    ライブストリーミングイベントでは、ライブアクションとデバイス上に表示される画面との間のレイテンシーや時間の遅延が問題となることがあります。AWS Elemental MediaStore を使用することで、この問題を軽減できます。

    MediaLive、MediaPackage、CloudFront を使ってライブ動画チャネルを構築する

    ライブストリーミングは急速に成長しています。スタジオやソーシャルネットワークのユーザーの共有によって利用可能になるライブストリーミングコンテンツは、ますます増えています。また、ライブ動画ストリーミングをストリーミングできるデバイスの市販も増えています。

    Amazon CloudWatch を使用したライブストリーミングワークフローのモニタリング

    どのような動画ワークフローであれ、問題がワークフローの妨げとなる前に検出して修正できるよう、ソフトウェアサービスとそのタスクのステータスと実行状態をモニタリングできることは重要です。特にライブ動画のストリーミングでは、"やり直しがきかず"、収益、罰金、評判に対する損害という点で、問題や障害による代償は非常に大きくなるため、そういえます。

ブログ投稿および記事

ソリューションおよびデプロイガイド

AWS は、AWS Elemental MediaLive と AWS Elemental MediaPackage を Amazon CloudFront と組み合わせ、お客様のライブコンテンツを世界中に配信する、耐障害性が高くスケーラブルなアーキテクチャを構築するライブストリーミングのソリューションを提供しています。

AWS では、メディアサービス間の論理的な接続の表示、エラーメッセージとエラー数の可視化、ワークフローに発生した問題の根本的原因の信頼性順リストの作成を可能にするソリューションを提供しています。 

AWS はライブストリーミングビデオコンテンツのためのリアルタイム字幕生成ソリューションを提供します。このソリューションでは、Amazon Transcribe、Amazon Translate、AWS Lambda を組み合わせ、ライブストリーミングビデオのために多言語で字幕を自動生成するサーバーレスアーキテクチャを構築します。

Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
アカウントにサインアップする

AWS Elemental MediaLive に、今すぐアクセスできます。

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールの AWS Elemental MediaLive を使用して、構築を始めましょう。

開始方法 
Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
セールスに問い合わせる
販売担当者に問い合わせる
お問い合わせ