「 AWS Elemental MediaLive 用の Statmux 」

統計多重化 (Statmux) は、ライブブロードキャスト動画を配信用に準備して共有できる AWS Elemental MediaLive 動画処理サービスの機能です。Statmux は、複数のライブ動画チャネルにリアルタイムでビットを割り当て、 符号化された出力を 1 つのトランスポートストリームに結合するためのテクノロジーです。Statmux を使用すると、ライブコンテンツを処理して発信し、配信パートナーと共有して、衛星、ケーブル、または地上ネットワーク経由で配信できます。Statmux for MediaLive は、ブロードキャスト動画を配信用に準備する際の従来的なハードウェアを基盤とするアプローチに代わる手段を提供します。これにより、ブロードキャスト配信に向けて使いやすい、完全に管理されたクラウドサービスが実現するので、Statmux for MediaLive はライブコンテンツをより柔軟に、かつ効率的に配信し、インフラと管理にかかるコストを削減し、高品質の動画を固有の高い信頼性で配信することできます。
 

利点

高い可用性

Statmux for AWS Elemental MediaLive には固有の信頼性と回復性があります。Statmux リソースは、複数のアベイラビリティゾーンに自動的に割り当たられるため、コンテンツプロバイダーは、冗長インフラストラクチャの調達と管理にかかる時間と経費をかけずに、信頼性の高いブロードキャスト配信を維持できます。基盤となるインフラストラクチャは、稼動中のチャネルを中断せずに、潜在的な問題を検出して解決できるように、自動的に正常性を監視します。

高画質

Statmux for MediaLive を使用すると、静止衛星またはケーブル配信帯域幅に合せて最適化しながら、最高の動画品質を維持できます。Statmux for MediaLive を使用すると、優先度の高いチャネルが最高の品質を維持できるように、中断することなくチャネルごとに品質設定を調整できます。

効率性の向上

数週間から数ヵ月かかるコストのかかるハードウェアの納入とセットアップを待たずに、わずか数分でブロードキャスト配信ワークロードを構築し、数ドルでテストを行い、より多くのチャネルを衛星またはケーブルネットワーク経由で配信します。従来のブロードキャスト動画やマルチスクリーンのリニア動画を配信するコンテンツプロバイダーの場合、Statmux for MediaLive を使用すれば、両方を単一のアーキテクチャを介して配信できます。

柔軟な管理

視聴者やビジネスニーズの変化に応じて、Statmux 内のライブチャネルを追加、削除、または更新したり、新しいコーデックを簡単に導入したり、1 つの mux 内でも複数のコーデックや解像度を利用したりできます。シンプルなコンソールユーザーインターフェイスと完全な API アクセスにより、入出力を制御できます。また、統合された Amazon CloudWatch モニタリングにより、動画メトリクスとマルチプレクサのパフォーマンスをリアルタイムに可視化できます。

配布の簡素化

Statmux for MediaLive を使用すれば、世界中のコンテンツパートナーへの配信を簡素化できます。 Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) にアセットを保存し、クラウド内でコンテンツを処理して、衛星配信用にオンプレミスに移動させます。または、 AWS Elemental MediaConnect を使用して、AWS 経由でコンテンツを送信し、IP ネットワーク経由で配信パートナーと共有します。

仕組み

product-page-diagram_Elemental-MediaLive_Statmux_r02_product-page-diagram-Elemental-MediaLive_Statmux_2x

よくある質問

統計多重化 (statmux) とは

Statmux は、符号化された出力を 1 つの多重化されたプログラムトランスポートストリームに結合し、複数のライブ動画チャネル間でリアルタイムにビットを割り当てるテクノロジーです。Statmux は、statmux プール内の各チャネルのビットレートを瞬時に調整して、利用可能な総帯域幅を最大限に活用します。これにより、一定の総帯域幅内のチャネルグループの画質を最適化することで、ネットワークの効率を最大化できます。 

Statmux for MediaLive は何を有効にしますか?

Statmux for MediaLive で、放送局やコンテンツ所有者は AWS での柔軟かつスケーラブルなワークフローを実装し、従来のブロードキャスト方式でヘッドエンドに配信するコンテンツを生成できます。コンテンツ所有者や放送局は、MediaLive を使用して、統計多重化に依存する配信システムをサポートできます。高度な動画エンコーディング機能と MediaLive のビルトインの耐障害性とを組み合わせることで、Statmux はネットワークからより多くの帯域幅容量を抽出し、24 時間年中無休の信頼性の高い運用を保証し、数百チャンネルをデプロイする際のリニア動画配信の総所有コストを削減します。

MediaLive で Statmux を使用すると、効率がどのように向上しますか。

効率の向上は、コーデック、帯域幅、およびチャネル数によって異なります。一般的な帯域幅の節約は、動作条件に応じて 20%~40% の範囲です。

これは、AWSで統合ヘッドエンドまたはコンバージドヘッドエンドを構築するのに役立ちますか?

はい。コンテンツおよびサービスプロバイダーは、現在のプライマリスクリーン配信システムを補完するために、OTT (ABR) エンコーディングシステムを追加しています。当初、OTT は既存のシステムの「アドオン」であり、別のベンダーから購入しました。OTT 配信の重要性が高まっているため、すべてのエンコードを 1 つのシステムで管理できることで、運用上の負担が軽減されます。Statmux for MediaLive を使用すると、すべての主要な動画処理が同じワークフロー内の AWS で実行できるようになります。

どの動画コーデックが、私のチャネルでサポートされていますか?

H.264 (AVC) メインおよびハイプロファイル (4:2:0 8 ビット) および H.265 (HEVC) メインおよびハイプロフファイル (4:2:0 8 ビット ) 最大 1080p がサポートされます。 

いくつのチャネルまたはプログラムを 1 つのMPTS (複数プログラムトランスポートシステム) にまとめて統計多重化することができますか。また、最大合計ビットレートはいくつですか?

現在、最大 20 のプログラムがサポートされており、最大 72Mbps の MPTS 合計ビットレートがサポートされています。

実行中のプールのチャネルのラインナップ、動画プールサイズ、予約ビットレートを変更できますか。

はい。既存のチャネルで中断させることなく、プールにチャネルを追加または削除できます。また、statmuxプールの予約帯域幅はいつでも変更できます。 

個々のチャネルの最小ビットレートまたは最大ビットレートを変更できますか?

はい、チャネルのビットレートパラメータはいつでも編集できます。

MPTS の全体的な帯域幅を管理するにはどうすればよいですか?

MediaLive コンソールまたは API を使用して、null パケットの TS レートと予約ビットレートを設定できます。Statmux for MediaLive は、各チャネルのその他のオーディオおよびメタデータの寄与を考慮して、動画ビットレートを最適化します。 
MediaLive Statmuxチャネルの出力は、 AWS Elemental MediaConnect に送信されます。MediaConnect は、信頼性が高く安全な動画転送サービスです。MediaConnect は、コンテンツをグローバルに安全に配信するために、RTP、RTP+FEC、RIST、および Zixi プロトコルをサポートしています。 

条件付きアクセス (CA) システムを AWS に移行することもできますか?

カスタム統合を使用すると、一部の CA システムを移行して、AWS 内で暗号化処理を行うことができます。多くの場合、アップリンクロケーションにすでに配置されている CA システムを使用することを選択するだけで、動画ストリームが衛星または他の配信ネットワーク経由で配信される直前に暗号化されます。また、AWS Elemental MediaConnect でエンタイトルメントを使用してコンテンツを配信する場合、キー交換に SPEKE ( セキュアパケッジャーおよびエンコーダキー交換 ) を使用できます。SPEKEは、サポートされている CAS システムを MediaConnect に統合する方法を合理化するオープン API 仕様です。エンタイトルメントを使用して共有される Statmux for MediaLive 動画を暗号化し、配信パートナーに送信されるコンテンツの権限を制御できます。これにより時間ベースのアクセス、ブラックアウト、その他多くのルールに基づいた要件などを含め、よりきめ細かく高度で限定的な権限管理を伴う複雑な配信ワークフローを構築できます。 

料金

AWS Elemental MediaLive 用の Statmux の料金情報については、 http://aws.amazon.com/medialive/pricing/をご参照ください。  

ドキュメント

AWS Elemental MediaLive 用の Statmux に関するドキュメントについては、MediaLive の ドキュメントのページをご参照ください。