AWS Elemental MediaLive は、ブロードキャストテレビやマルチスクリーンデバイスに配信するための高品質なライブ動画ストリームのエンコードを可能にする動画処理サービスです。AWS Elemental MediaLive は、スタンドアロンサービスとして使用することも、他の AWS Media Services と組み合わせて使用することも可能です。AWS Elemental MediaLive を使用すれば、エンコーディングパラメータを自由自在に制御しつつ、24 時間 365 日対応可能な柔軟なライブ動画ワークフローを構築したり、イベントベースのライブストリームを作成したりすることができます。

主な特徴

さまざまな動画規格を総合的にサポート

広く普及している動画形式を使用してライブストリームをエンコード
AWS Elemental MediaLive では、ライブ動画を入力、出力、アーカイブ化するための、動画に関するさまざまな業界標準規格がサポートされています。AWS Elemental MediaLive では、最新のコーデック (h.264/AVC や h.265/HEVC などの動画圧縮規格)、およびメディア通信プロトコル (リアルタイムプロトコル (RTP)、HTTP ライブストリーミング (HLS)、リアルタイムストリーミングプロトコル (RTMP) といった、インターネット経由で動画を送信するための規格) がサポートされています。AWS Elemental MediaLive でサポートされている規格については、 こちらのドキュメントをご覧ください。

ライブビデオストリームのブロードキャスト機能

ブロードキャストグレードのライブ視聴環境を構築
AWS Elemental MediaLive では、ブロードキャストやインターネット動画の大手プロバイダーによって長年にわたり評価されてきた AWS Elemental の技術が使用されています。AWS Elemental MediaLive では、広告マーカー、クローズドキャプション、多言語対応の音声トラック、音声ガイド、FCC によって義務付けられているラウドネス補正といったブロードキャスト機能がサポートされています。 また、MediaLive は AWS Elemental MediaConnect とネイティブに連携し、ライブチャネルの入力として使用するために安全で信頼性の高い動画転送を実現します。

リソースの自動プロビジョニング

ライブ動画チャネルを簡単に設定可能
AWS Elemental MediaLive では、可用性の高いライブ動画ストリームの配信に必要なエンコーディングリソースが管理されます。そのため、ユーザーは、エンコーディングインフラストラクチャに煩わされることなく、コンテンツに集中することができます。また、エンコーディングリソースが自動的にデプロイされ、スケーリング、修復、回復性のフェイルオーバー、モニタリング、レポート作成が自動的に管理されます。AWS Elemental MediaLive の管理コンソールでほんの数回クリックするだけで、完全に設定されたライブ動画チャネルを数分で立ち上げることができます。

自動化された高可用性

ライブ動画の冗長性と自動スケーラビリティ
AWS Elemental MediaLive を使用して作成された各ライブ動画チャネルは、物理的に離れた場所にある複数の アベイラビリティーゾーンに分散された、冗長性の高いインフラストラクチャで動作します。このサービスでは、エンコーディングリソースの状態をモニタリングし、機能が低下したコンポーネントが検出されると、チャネルを中断することなく、そのコンポーネントが自動的に交換します。需要に応じてリソースが伸縮自在にスケールするため、視聴者に安定したサービスを提供できます。

柔軟なワークフロー

1 度きりのイベントまたは 24 時間 365 日のライブストリームのどちらにも対応可能な柔軟な機能
AWS Elemental MediaLive を使用すれば、24 時間 365 日のリニアワークフローまたはイベントベースのライブストリームのどちらにも柔軟に対応できます。このサービスを使用すると、さまざまな解像度やビットレートが混在したライブ動画ストリームを簡単に出力できます。これにより、視聴者が使用しているデバイスの要件を満たすことができます。

単独で使用することも、他の AWS Media Services とともに使用することも可能

他の AWS Media Services に組み込み統合することも、単独でデプロイすることも可能
AWS Media Services の 1 つとして、AWS Elemental MediaLive をスタンドアロンサービスとして使用できます。または、動画転送、ビデオオンデマンド (VOD) 処理、ジャストインタイムのパッケージ化、広告のパーソナライズと収益化、メディア最適化ストレージを扱う AWS のサービスに組み込むこともできます。通常、こうした統合では、主要な動画ワークフローの中で、AWS Elemental MediaLive を動画転送、パッケージ化、サーバー側広告挿入といったサービスに関連付けます。さらに Amazon CloudFront CDN など、AWS Elemental Media Services とシームレスに相互運用できる AWS の他のサービスも利用できます。

よくある質問

  • AWS Elemental MediaLive とは何ですか?

    AWS Elemental MediaLive は、インフラストラクチャの管理が不要で、高品質のライブ動画ストリームを信頼性の高い使いやすい方法で高速配信する、クラウドベースのライブ動画エンコードサービスです。AWS Elemental MediaLive は、信頼性の高いライブストリームを配信するために、取り込みコンポーネントおよびエンコーディングコンポーネントの設定と管理を自動化することによってライブ動画操作を合理化します。このサービスによって、放送並みの品質の機能、設定可能な機能、および業界標準のフォーマットと技術のサポートが提供されます。動画プロバイダーは、ブロードキャスト級のエンコーディング機能と AWS の規模および伸縮性を組み合わせることで、視聴者にライブストリームを効率的に配信できるため、コンテンツや市長体験の差別化に注力することができます。

  • リアルタイムのライブ動画エンコーディングとは何ですか?

    動画処理のワークフローでは、エンコーダーによって動画ストリームが圧縮されます。すなわち、高品質の動画を入力すると、出力される画像の品質をなるべく落とさずに、より小さなサイズの動画が出力されます。あらかじめ録画された動画ファイルの場合でもこの作業は複雑ですが、ライブ動画の場合、動画をリアルタイムで処理する必要があるため、この作業はさらに困難になります。ライブ動画の場合、動画ストリームが中断されないように、きっちり 1 秒間の動画を 1 秒ごとに何の問題もなく生成する能力をエンコーダーが備えている必要があります。

  • どのような人が AWS Elemental MediaLive を利用できますか?

    AWS Elemental MediaLive is は、あらゆる種類の動画プロバイダーの要求を満たすように設計されています。中小企業から大企業に至るまで、さらには、政府機関や非営利組織、学校に至るまで、動画はますます重要になってきています。それらの組織や団体は、すべて、AWS Elemental MediaLive を使用することで、動画運用の効率と効果を高めることができます。メディア業界やエンターテインメント業界の企業、すなわち、映画や TV のスタジオ、放送ネットワーク、有料 TV チャネルとシステムオペレーター、プログラム配信業者、インターネットサービスプロバイダー、オンライン動画プラットフォーム、プロスポーツリーグやプロスポーツチームは、すべて、各社のブロードキャストサービス、ストリーミングサービス、オーバーザトップ動画配信サービスの一環として AWS Elemental MediaLive を使用すれば、それによる恩恵を受けることができます。

  • オンプレミスのライブエンコーディングソリューションではなく、AWS Elemental MediaLive を選択する理由は何ですか?

    AWS Elemental MediaLive は、安全で柔軟性が高く、高可用性のライブエンコーディングソリューションを提供します。AWS Elemental MediaLive を使用すれば、ライブチャネルをボタンひとつでデプロイでき、リソースのプロビジョニングやサービスのオーケストレーション、スケーリング、修復、弾力性のフェイルオーバー、モニタリング、レポート作成が可能になります。AWS Elemental MediaLive を使用すると、チャネルを数分でセットアップできます。また、プロビジョニングのための面倒な作業がバックグラウンドですべて処理され、必要とされるさまざまなリソースが起動されます。

  • 他のクラウドベースのライブエンコーディングサービスではなく、AWS Elemental MediaLive を選択する理由は何ですか?

    AWS Elemental MediaLive を使用すると、ブロードキャスト級の機能セットにアクセスでき、エンコーディング設定を完全に制御できます。また、AWS Elemental MediaLive には業界標準のコーデック (MPEG-2、AVC、HEVC など)、解像度 (SD 、HD)、およびブロードキャスト機能 (SCTE35 規格を使用した広告挿入、字幕、音声ガイド、ラウドネス補正など) のための業界トップクラスのテクノロジーが組み込まれています。AWS Elemental MediaLive は使い方が簡単で、世界各地の AWS のリソースを使用して簡単にスケールできます。

  • AWS Elemental MediaLive はスタンドアロンのサービスですか? それとも、他のサービスに依存しますか?

    AWS Elemental MediaLive は、スタンドアロンサービスとして使用することも、より大規模な動画ワークフロー (他の AWS メディアサービスなど) に組み込んで使用することもできます。AWS メディアサービスは、クラウドベースの動画ワークフローの基礎を構成するサービスのファミリーです。このサービスでは、動画を作成、パッケージング、配信するのに必要な機能が用意されています。それらの機能は、すべて、AWS マネジメントコンソールや API からアクセスできます。AWS メディアサービスを他の AWS のサービスとともに使用することで、高いコスト効率と品質を確保しつつ、ライブ動画やオンデマンド動画のコンテンツを処理して世界中の視聴者に配信するための完璧なソリューションを実現できます。
  • AWS Elemental MediaLive は、実行中のチャネルのセキュリティをどのように保証しますか?

    AWS Elemental MediaLive は、AWS セキュリティ機能をネイティブに使用することによって、コンポーネント間を移動する際に動画コンテンツを自動的に保護します。このサービスは、お客様独自の AWS 環境内でお客様の Identity and Access Management (IAM) ロールとセキュリティグループを使用します。また、コンテンツをサービスにプッシュする入力タイプについて、入力セキュリティグループをホワイトリスト IP アドレスに追加することもできます。

  • AWS Elemental MediaLive ではサービスの信頼性がどのように保証されますか?

    AWS Elemental MediaLive では、ライブ動画を取り込みエンコードするための AWS ベースのリソースのプロビジョニング、設定、および管理が自動化されます。このサービスによって、信頼性の高いライブ動画エンコード機能がお客様に提供され、インフラストラクチャの管理が不要になります。AWS Elemental MediaLive でチャネルを作成すると、サービスによって 2 つの AWS アベイラビリティーゾーン (AZ) に冗長インフラストラクチャがデプロイされます。各コンポーネントの正常性が監視され、劣化したリソースがサービスによって検出され、新しいリソースに置き換えられます。

  • AWS Elemental MediaLive の料金はどのように請求されますか?

    料金設定は、予算を簡素化する単純な分単位のモデルに基づいており、ユーザーが各チャネルでいくら支出するかを正確に予測できます。価格は選択する入出力数に応じて上昇し、コーデック (MPEG-2、AVC、HEVC)、解像度 (SD、HD、UHD)、ビットレート (10Mbps 未満、10Mbps から 20Mbps、および 20Mbps 以上)、およびフレームレート (30fps 未満、30fps から 60fps、60fps 以上) に基づく従量制料金です。最低料金や長期契約はありません。オンデマンドの価格設定に加えて、24 時間 365 日の年間契約を結ぶ月額オプションもあります。詳細については、AWS Elemental MediaLive 料金ページを参照してください。

  • SD、HD、UHD にはどの解像度が対応していますか?

    SD は 1280x720 未満です。HD は 1280x720 以上、1920x1080 以下、UHD は 1920x1080 以上、4096x2160 以下です。

  • AWS Elemental MediaLive はライブ動画を取り込むためにどのようなオプションをサポートしていますか?

    AWS Elemental MediaLive は、フォワードエラー訂正 (FEC) を伴う RTP、RTMP (プッシュモードまたはプルモード)、および HLS の規格のいずれかを使用して動画を受け入れます。サポートされているコーデックは MPEG-2、h.264/AVC、h.265/HEVC です。このサービスは、製造施設や遠方のイベント会場でオンプレミスで使用できる AWS Elemental Live エンコーディングアプライアンスと組み合わせて、配信用のコンテンツをチャネルへの入力として取り込むこともできます。これらのアプライアンスは、SDI、HDMI、ASI、MPEG-TS over IP、および SDI over IP を含む圧縮および非圧縮のライブ入力ソースをサポートしています。

  • AWS Elemental MediaLive では、ライブ動画出力でどのようなオプションがサポートされていますか?

    AWS Elemental MediaLive では、HLS、RTP、RTMP/S、Microsoft Smooth Streaming (MSS) ストリーミング出力がサポートされています。ファイルにもアーカイブされます。AWS Elemental MediaLive は、オリジンやジャストインタイムパッケージングサービス (AWS Elemental MediaPackage やサードパーティー製パッケージャなど) に配信できます。また、AWS Elemental MediaStore に配信してシンプルな生成を行うこともできます。

  • 他のワークフローベンダーで AWS Elemental MediaLive を使用するにはどうすればよいですか?

    AWS Elemental MediaLive は、コンテンツ管理システム (CMS) やパッケージャなどのエコシステムパートナーと統合できる堅牢で柔軟な API を提供します。AWS Elemental MediaLive はお客様の AWS アカウント内で実行されるため、お客様が保守する VPC 内で実行したり VPC と連携したりする他のサービス、コンポーネント、ソフトウェアもビデオワークフローに容易に組み込むことができます。

  • AWS Elemental MediaPackage で AWS Elemental MediaLive を使用するにはどうすればよいですか?

    AWS Elemental MediaLive は、AWS Elemental MediaPackage を含むさまざまなジャストインタイムパッキング製品と一緒に動作します。AWS Elemental MediaPackage で、AWS Elemental MediaLive チャネルを構成するのに必要なのは、AWS Elemental MediaPackage でチャネルを作成して宛先アドレスを取得することのみです。次に、AWS Elemental MediaLive チャネルのプロファイルで HLS WebDAV 出力を選択し、宛先アドレスを追加します。AWS Elemental MediaPackage では、HLS や DASH などの複数の配信プロトコルの出力グループを作成し、DRM とコンテンツ保護を追加し、ライブのアーカイブウィンドウによって DVR のような機能を利用できます。

  • AWS Elemental MediaLive はどの DRM プロバイダーをサポートしていますか?

    AWS Elemental MediaLive はそれ自体では DRM プロバイダーをサポートしていません。これは AWS Elemental MediaPackage および公開済みの DRM API と一緒に使用することで、複数の DRM プロバイダーと連携させることができます。AWS Elemental MediaLive と AWS Elemental MediaPackage をこのように組み合わせると、複数の DRM 標準や DRM プロバイダーを使用する複数のチャネルを効率的に暗号化して保護することができます。