Amazon Aurora Global Database はグローバル分散アプリケーション向けに設計されており、単一の Amazon Aurora データベースを複数の AWS リージョンにまたがって運用できます。データベースのパフォーマンスに影響を与えずにデータをレプリケートし、各リージョンでレイテンシーを低減してローカル読み取りを高速化し、リージョン規模の停止からの災害復旧を実現します。

財務、旅行、ゲームアプリケーションなど、グローバルに展開したクリティカルなワークロードは可用性の要件が厳しく、リージョン規模の停止にも耐えられることが必要な場合もあります。このため、従来であれば、パフォーマンス、可用性、コスト、データ整合性の間で難しいトレードオフを考慮する必要がありました。Global Database は、アプリケーションワークロードに対応するためにデータベースを完全に利用可能にする専用インフラストラクチャを使用しながら、通常 1 秒未満のレイテンシーでストレージベースのレプリケーションを使用します。万一、リージョンの規模縮小や障害が発生した場合でも、セカンダリリージョンの 1 つを、読み取り/書き込み機能に 1 分以内で昇格させることができます。

AWS Fireside Chat: Optimize Your Business Continuity Strategy with Aurora Global Database

機能

どのリージョンでも秒未満でデータにアクセス

Aurora Global Database では、データベースの読み取りを世界規模でスケーリングしたり、ユーザーに近い場所にアプリケーションを配置したりといったことが容易にできます。セカンダリリージョンの数や位置にかかわらず、アプリケーションから迅速にデータにアクセスでき、クロスリージョンレプリケーションのレイテンシーは通常 1 秒未満です。各リージョンに最大 16 のデータベースインスタンスを作成し、すべてのインスタンスを常に最新の状態に保つことで、さらなるスケーラビリティを実現できます。

追加のリージョンにデータベースを拡張してもパフォーマンスへの影響はありません。クロスリージョンレプリケーションでは、Aurora ストレージレイヤー内の専用インフラストラクチャを使用し、プライマリリージョンでもセカンダリリージョンでも、データベースのリソースがアプリケーションのニーズに完全に応えられる状態を維持します。

クロスリージョンの災害復旧

プライマリリージョンでパフォーマンス低下または停止が発生した場合、セカンダリリージョンのどれかを昇格させて読み取り/書き込みを代行させることができます。完全なリージョン停止が発生した場合でも、1 分以内に Aurora クラスターを復旧できます。これによって、目標復旧時点 (RPO) 1 秒と目標復旧時間 (RTO) 1 分未満がアプリケーションで達成可能になり、グローバルな事業継続計画のための強固な基礎を得ることができます。

料金

Amazon Aurora Global Database では、プライマリリージョンとそれぞれのセカンダリリージョンとの間でレプリケートされた書き込み I/O に対して料金が発生します。料金の詳細と利用できるリージョンについては、Amazon Aurora の料金を参照してください。

料金の例

Aurora Global Database のプライマリリージョンに 2 つのインスタンスがあり、80 GB のストレージを使用し、1 か月に 4,500 万件の書き込み I/O と 500 万件の読み取り I/O を実行するものとします。セカンダリリージョンには 1 つのインスタンスがあり、1 か月に 500 万件の読み取り I/O を処理します。リージョンとインスタンスタイプの例をいくつか使用して、Amazon Aurora 全体の月額料金を計算してみます。

プライマリリージョン - 米国東部 (バージニア北部)
使用タイプ 使用法 レート 月額料金
DB インスタンス 2 x db.r5.large x 30 日 x 24 時間 = 1,440 db.r5.large インスタンス時間 1 時間あたり 0.29 USD 417.60 USD
ストレージ 80 GB GB あたり月額料金 0.10 USD 8.00 USD
レプリケートされた書き込み I/O なし レプリケートされた書き込み I/O 100 万件あたり 0.20 USD  
I/O 5,000 万 I/O 100 万 I/O あたり 0.20 USD 10.00 USD
データ転送 4,500 万書き込み I/O x I/O あたり 2.75 KB = 117.9 GB 0.02 USD/GB 2.36 USD
    合計 437.96 USD
セカンダリリージョン - 米国西部 (オレゴン)
使用タイプ 使用法 レート 月額料金
DB インスタンス 1 x r5.large x 30 日 x 24 時間 = 720 r5.large インスタンス時間 1 時間あたり 0.29 USD 208.80 USD
ストレージ 80 GB GB あたり月額料金 0.10 USD 8.00 USD
レプリケートされた書き込み I/O 4,500 万件のレプリケートされた書き込み I/O レプリケートされた書き込み I/O 100 万件あたり 0.20 USD 9.00 USD
I/O 5,000 万 I/O = 500 万読み取り I/O + 4,500 万書き込み I/O 100 万 I/O あたり 0.20 USD 10.00 USD
データ転送 なし 0.02 USD/GB  
    合計 235.80 USD

開始方法

Global Database は、MySQL と互換性を持つ Amazon Aurora で利用できます。Amazon RDS マネジメントコンソールから何回かクリックするだけで利用を開始できます。Aurora クラスターの場所は [Global] を選択します。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
Amazon Aurora の詳細

MySQL または PostgreSQL 互換エディションの詳細については、特設ページを選択してください。

Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
AWS アカウントにサインアップする

Amazon RDS マネジメントコンソールに今すぐアクセスします。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
10 分間のチュートリアルで学ぶ

簡単な Amazon Aurora チュートリアルで構築を開始します。

開始方法