ストレージ料金表

別途記載がない限り、表示される料金には VAT、売上税その他取引に対して適用される一切の税金等および関税は含まれません。請求連絡先が日本であるお客様が AWS をご利用になった場合には、料金と併せて別途消費税が請求されます。詳細はこちら »

† S3 Intelligent-Tiering では、自動階層化に最小オブジェクトサイズ 128 KB が必要です。これより小さいオブジェクトも保存されますが、必ず高頻度アクセスティアの料金が請求されます。S3 標準 IA および S3 1 ゾーン IA ストレージの課金対象最小オブジェクトサイズは 128 KB です。128 KB より小さいサイズのオブジェクトを保存することもできますが、128 KB のストレージとして課金されます。S3 Intelligent Tiering、S3 標準 – IA、S3 1 ゾーン – IA のストレージには、最低 30 日間のストレージ料金が課金されます。30 日が経過する前にオブジェクトが削除された場合、その 30 日の残りのストレージ料金が日割りで請求されます。30 日が経過する前にオブジェクトが削除されたり、上書きされたり、別のストレージクラスに移行されたりした場合、通常の利用料金に加えて、その 30 日の残りのリクエスト料金が日割りで請求されます。30 日以上保存されたオブジェクトについては、30 日の最小リクエスト料金が発生しません。

S3 Glacier にアーカイブされたオブジェクトの保存期間は最低で 90 日間です。90 日が経過する前にオブジェクトが削除された場合、その 90 日の残りのストレージ料金が日割りで請求されます。S3 Glacier Deep Archive にアーカイブされたオブジェクトの保存期間は最低で 180 日間です。180 日が経過する前にオブジェクトが削除された場合、その 180 日の残りのストレージ料金が日割りで請求されます。S3 Glacier または S3 Glacier Deep Archive に保存されている各オブジェクトの場合、Amazon S3 はメタデータに対する課金可能な 40 KB のオーバーヘッドを追加し、それは、S3 標準レートで請求される 8KB と Glacier または Deep Archive レートで請求される 32 KB から構成されます。


低冗長化ストレージの料金については、S3 低冗長化の詳細ページ » を参照してください。 


リクエスト料金表

下記で別途指定されていないリクエスト

DELETE リクエストおよび CANCEL リクエストは無料です。†

Amazon S3 のリクエストに関する料金はリクエストのタイプに基づいて決まり、下の表に示すように、リクエストの数または取り出されたデータ量に対して課金されます。Amazon S3 コンソールでストレージを閲覧する場合、閲覧のために送信した GET、LIST、およびその他のリクエストに対して料金が請求されます。API/SDK を使用してリクエストした場合と同額の料金が発生します。

S3 標準

S3 Intelligent Tiering

S3 標準 – 低頻度アクセス (S3 標準 – IA)

S3 1 ゾーン – 低頻度アクセス (S3 1 ゾーン – IA)

Amazon S3 Glacier (S3 Glacier)

**プロビジョニングされたキャパシティーユニットを使用すると、指定された月に S3 Glacier からの迅速取り出し用にキャパシティーをプロビジョニングできます。プロビジョニングされたキャパシティーユニットはそれぞれ、5 分ごとに 3 回以上の迅速取り出しを提供し、最大 150 MB/秒の取り出しスループットを提供します。

別途記載がない限り、表示される料金には VAT、売上税その他取引に対して適用される一切の税金等および関税は含まれません。請求連絡先が日本であるお客様が AWS をご利用になった場合には、料金と併せて別途消費税が請求されます。詳細 » 

Glacier ダイレクトの API を使用しているお客様の場合、API コールの料金についてはこちらをご覧ください。

Amazon S3 Glacier Deep Archive (S3 Glacier Deep Archive)

S3 ストレージマネジメント料金表

S3 ストレージマネジメントは以下の表に示すように、機能ごとの価格設定になっています。Amazon CloudWatch メトリクスの料金については、Amazon CloudWatch 料金ページ » を参照してください。

AWS CloudTrail での S3 データイベントの価格については、AWS CloudTrail 料金表ページ » を参照してください。

データ転送料金表

以下に示す料金は、Amazon S3 との間で (パブリックインターネット経由で) 「受信 (イン)」および「送信 (アウト)」されるデータ転送量に基づきます†††。AWS Direct Connect の料金はこちらを参照してください。

同じ AWS リージョン内での S3 バケット間または Amazon S3 から他のサービスへの転送は無料です。

500 TB/月を越えるデータ転送については、お問い合わせください »

別途記載がない限り、表示される料金には VAT、売上税その他取引に対して適用される一切の税金等および関税は含まれません。請求連絡先が日本であるお客様が AWS をご利用になった場合には、料金と併せて別途消費税が請求されます。詳細 »

ストレージおよび帯域幅サイズにはすべてのファイルのオーバーヘッドデータが含まれています。

料金は、すべての AWS サービスのインターネットへのデータ送信の利用合計量で決まります。

††† 接続がユーザーにより途中で終了された場合は、送信転送量がアプリケーションで受信したデータとは異なる場合があります。たとえば、10 GB のオブジェクトをリクエストし、データの最初の 2 GB を受信したところで接続を終了したとします。Amazon S3 はデータのストリーミングを停止しようとしますが、すぐには停止しません。この事例では、送信データは 3 GB になる可能性があります (受信した 2 GB より 1 GB 多い)。結果的に、この場合は 3 GB のデータ送信の料金が請求されます。

S3 Transfer Acceleration 料金表

料金は転送を高速化するために使用する AWS エッジロケーションに基づきます。S3 Transfer Acceleration の料金は、データ転送の料金に上乗せされます。

インターネットからAmazon S3 へのデータ転送受信 (イン):  
米国、欧州、日本の AWS エッジロケーションによる高速化 0.04 USD/GB
その他のすべての AWS エッジロケーションによる高速化 0.08 USD/GB
   
Amazon S3 からインターネットへのデータ転送送信 (アウト):  
AWS エッジロケーションによる高速化 0.04 USD/GB
   
Amazon S3 と別の AWS リージョン間のデータ転送:  
AWS エッジロケーションによる高速化 0.04 USD/GB

お客様が S3 Transfer Acceleration を使用してオブジェクトをアップロードするたびに、AWS ではそのサービスが、通常の Amazon S3 による転送よりも高速であるかどうかを確認します。同じ宛先 AWS リージョンへの同じオブジェクトの通常の Amazon S3 による転送よりも高速ではないと判断した場合は、その転送で使用する S3 Transfer Acceleration の料金を AWS が請求することはなく、S3 Transfer Acceleration システムをバイパスする可能性があります。

Amazon S3 Transfer Acceleration の速度比較ツールを使用してパフォーマンスを確認してください。

レプリケーション料金

Amazon S3 レプリケーションを使用すると、Amazon S3 クロスリージョンレプリケーション (CRR) を使用して異なる AWS リージョン間で、あるいは Amazon S3 セイムリージョンレプリケーション (SRR) を使用して同じ AWS リージョン内のバケット間でデータを自動的にレプリケートするように Amazon S3 を設定できます。設定すると、S3 ソースバケットにアップロードされた新しいオブジェクトは、レプリケーションの設定中に選択した宛先バケットに自動的にレプリケートされます。

CRR と SRR の場合、プライマリコピーおよびレプリケーション PUT リクエストのストレージ料金に加え、宛先として選択した S3 ストレージクラスの Amazon S3 ストレージ料金をお支払いただきます。CRR の場合、Amazon S3 から目的のリージョンへのリージョン間データ転送 OUT に対してもお支払いただきます。レプリケートされたストレージのコピーの料金はレプリケーション先の AWS リージョンに基づきますが、リクエストおよびリージョン間データ転送の料金はレプリケーション元の AWS リージョンに基づきます。

Amazon S3 レプリケーション機能の詳細については、開発者ガイドのレプリケーションに関するよくある質問およびレプリケーションのウェブページを参照してください。

AWS GovCloud リージョン

AWS GovCloud は、米国政府関連機関や業者が、その特定の規制およびコンプライアンス要件に対処して、機密扱いのワークロードをクラウドに移行できるように設計された AWS リージョンです。価格設定と新しい AWS GovCloud リージョンの詳細については、AWS GovCloud のウェブページ » をご覧ください。

* 無料利用枠の使用量は、AWS GovCloud リージョンを除くすべての AWS リージョンで毎月計算され、自動的に請求額に適用されます。未使用分は持ち越されません。ご利用にあたっての条件が適用されます。詳細については、提供規約をご覧ください。

(Amazon S3 は Amazon Web Services, Inc. によって販売されています。)

開始準備はできましたか?

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
製品の特徴を見る

データ管理、セキュリティ、アクセス管理、分析などの機能の詳細を参照してください。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠を使用して、早速 Amazon S3 をお試しください。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon S3 は AWS コンソールから無料で構築することができます。

開始方法