Sunday は AWS を使用してタイの保険業界を近代化しています。インシュアテックを導入し一般保険と結びつけて、顧客がよりよいディールを得られるようにしています。
Cindy Kua 氏 Sunday CEO

タイに本社を置く Sunday はトップクラスのインシュアテック企業であり、従来の保険サービスの効率を飛躍的に上げるテクノロジーを使用しています。たとえば、Sunday は機械学習アルゴリズムを使用して、損害保険や携行品保険を対象に非常に幅広い保険内容を顧客に提供しています。また、顧客により高い価値をもたらす、高度にカスタマイズされた保険料も提供しています。Sunday はパートナーシップを通じてビジネスを根本的に成長させることを望んでおり、東南アジア各国にオペレーションを拡大することを計画しています。

Sunday Insurance

インシュアテック企業は、金融リスクの判断に機械学習アルゴリズムを適用し、その情報を使用して高度にパーソナライズされた保険をより低額の保険料で提供することで、保険業界に革命を起こしつつあります。インシュアテック企業は、多くの場合スタートアップ企業ですが、自社の機械学習アルゴリズムをクラウドコンピューティングインフラストラクチャで実行しています。これは、オンプレミスのデータセンターの資本コストを避け、より迅速にビジネスを立ち上げるためです。

Sunday のチーフエグゼクティブオフィサーである Cindy Kua 氏は、こう説明しています。「クラウドコンピューティングはいくつかの理由で当社のビジネスにぴったりです。当社の目標である最小限のアセットとデータセンターのコスト回避をサポートしてくれます。このおかげで、テクノロジーの開発や顧客により大きな価値を提供することに注力できます。また、新しい市場に進出する場合も、新しく IT 設備を探す必要がなく迅速に行うことができます。」

Sunday は保険料計算エンジンの背後にある機械学習ソフトウェアを実行するためのクラウドサービスを探し始めました。Kua 氏はこう言います。「クラウドインフラストラクチャに必要なのは、高度にスケーラブルであり、信頼性が高く、高速であることです。保険見積もりがミリ秒で計算され、インフラストラクチャは保険内容が 1 件でも数百万件でもいつでも同時に保険料を計算できる必要がありました。」

Sunday がパブリッククラウドプロバイダーのサービスを評価したところ、アマゾン ウェブ サービス (AWS) が、使用できる機械学習ソフトウェアについてもっとも柔軟性が高いことがわかりました。「他のクラウドプロバイダーは、それぞれ推奨の機械学習ソリューションを使わせようとしていました」と Kua 氏は言います。「しかし AWS ではソリューションを自由に選ぶことができました。今回の場合には H2O.ai です。」

Sunday は AWS クラウドの試用版を実行してみました。「AWS クラウドの操作はとても簡単でした」と Kua 氏は言います。「ソフトウェア開発キットが多数用意されており、デプロイメントを自動化できます。」 Sunday は AWS パートナーネットワーク (APN) のプレミアコンサルティングパートナーである Cloud Kinetics と協力して作業を進め、初めての AWS インフラストラクチャを設計しました。「わずか 2 か月で AWS クラウドで本稼働環境を稼働させることができました。それ以降は、自社の AWS インフラストラクチャは社内で開発しています」と Kua 氏は言います。

保険料を計算する Sunday の機械学習ソフトウェアは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスの複数のクラスターで実行されています。ウェブサイトから見積もりのリクエストが入ると、機械学習アルゴリズムが、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) に保存された履歴データの数百万のレコードを処理します。機械学習アルゴリズムをトリガーし、完成した見積もりを顧客に配信するコードを実行するのは AWS Lambda です。

その間も、Elastic Load Balancing が受信リクエストのトラフィックを分散させ、Amazon CloudFront が AWS クラウド全体の速度を最大化します。また、アプリケーションの更新には Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) が使用されています。「当社は新しいソフトウェアの構築とテストを行う DevOps プログラムを毎晩実行し、その後 Amazon ECS がデプロイメントを自動化します」と Kua 氏は言います。「こうすることでデプロイメントがとても効率的になります。」

Sunday はタイのインシュアテックのパイオニアであり、顧客は基盤となるリスクをより正確に反映した保険内容を手に入れることができます。これにより、既婚世帯や熟練運転者など低リスクグループの場合は、従来の保険業者より保険料が 10 パーセントから 20 パーセント安価になることもよくあります。Kua 氏はこうコメントしています。「AWS を使用することで、Sunday はタイの保険業界を近代化しています。インシュアテックを導入し保険と結びつけることで、顧客がよりよいディールを得られるようにしています。」 ディールがよくなるだけではなく、Sunday はタイの従来の保険会社が提供するよりも幅広い種類の保険を提供しています。これは、99.999 パーセントの稼働時間を維持している AWS インフラストラクチャの機械学習の機能を使用することで、これまでより幅広い出来事における金融リスクを緻密に計測できるためです。「運転しない日は保険料がかからない週末車両保険のような新しいタイプの商品を作ることができます」と Kua 氏は言います。

2017 年 8 月のローンチ以来、Sunday の収益は毎月 30 パーセント増加しています。これは、AWS で実行されている機械学習ソフトウェアのパフォーマンスのおかげで、同社がより多くの顧客を引き付けているためです。さらに、Sunday は同時期にビジネスを拡大しました。「AWS インフラストラクチャのスケーラビリティのおかげで、拡大に合わせてコンピューティングリソースを増やすことができます」と Kua 氏は言います。「たとえば、AWS Lambda が処理する変数は数千であり、これにより顧客見積もり 1 件につき数十億の計算が生成されます。見積もりのリクエスト数が増えれば、AWS Lambda はその需要に合わせてスケールするだけです。さらに、AWS クラウドのネットワークレイテンシーは低いため、リクエストを数ミリ秒で処理することができます。」

今後、Sunday はオペレーションを東南アジアの他の国に簡単に拡大できると期待しています。オンプレミスのデータセンターが不要ということは、新しい国それぞれで IT 設備を探す必要がないということであり、それに関連する管理や維持のコストがいらないということです。「AWS であれば、IT オペレーションを即時にスケールできます」と Kua 氏は言います。「これこそが、アセットを最小限に抑えるメリットのひとつです。」

ビッグデータの詳細はこちらをご覧ください。