Amazon Sustainability Data Initiative

Amazon Sustainability Data Initiative (ASDI) は、大規模なサステナビリティデータセットの取得と分析に必要なコストと時間を最小限に抑えることで、サステナビリティの研究とイノベーションを加速することを目的としています。ASDI は、サステナビリティを次のレベルに引き上げるために必要なデータ、ツール、および技術的な専門知識でイノベーターと研究者をサポートします。

詳細はこちら >>               データセットを表示 >>                AWS クレジットに申し込む >>               チュートリアルを表示 >>

AWS Customer Carbon Footprint Tool

カスタマーカーボンフットプリントツールは、AWS の製品とサービスの利用に伴う炭素排出量の概要を提供するダッシュボードです。温室効果ガス (GHG) プロトコルの基準に従って、AWS の使用による排出量を報告するために、わかりやすいデータのビジュアル化を使用してください。

カスタマーカーボンフットプリントツールを使用して、ワークロードの AWS への移行、アプリケーションの再設計、未使用リソースの廃止に伴う排出量の経時的な変化を分析することができます。また、Amazon が 100% 再生可能エネルギーでオペレーションを行うことを目指しているため、将来に向けて排出量の変化を予測することができます。

詳細 >>

AWS Well-Architected 持続可能性の柱

AWS Well-Architected Framework では、クラウド上でワークロードを設計および実行するための主要な概念、設計原則、アーキテクチャのベストプラクティスについて説明しています。いくつかの基本的な質問に答えると、アーキテクチャでクラウドのベストプラクティスがどの程度実践できているかを知り、改善のためのガイダンスを得ることができます。

持続可能性の柱は、実行中のクラウドワークロードによる環境への影響を最小限に抑えることに重点を置いています。主なトピックには、持続可能性の責任共有モデル、影響についての把握、および必要なリソースを最小化してダウンストリームの影響を減らすための使用率の最大化が含まれます。 

ブログを読む>>               ホワイトペーパーを読む >>

AWS Data Exchange

AWS Data Exchange で、クラウド内のサードパーティーのサステナビリティ関連データを簡単に検索、サブスクライブ、および利用できるようになります。

当社はさまざまな組織と協力して、環境、社会、企業統治 (ESG) に関するデータ、公共、天気、大気質、衛星画像データなどをお客様が利用できるようにしています。

詳細はこちら >>

OS-Climate

AWS は、非営利の Linux Foundation OS-Climate が運営する新しい Open Source Climate Data Commons サービスの開発をホストしており、企業や政府が気候関連のリスクを定量化および管理できるようにサポートしています。AWS が業界のパートナーと共同開発した OS-Climate Data Commons は、気候変動がアセットとオペレーションにどのように影響するか、およびリスクを軽減する方法を組織が理解するのをサポートします。

詳細はこちら >>

今すぐ始める

大手企業は AWS を使用してサステナビリティソリューションを作成しています。今すぐサステナビリティの課題の解決を開始するためにお問い合わせください。