Windows Server を実行している Amazon EC2 は、Microsoft Exchange Server のデプロイを迅速かつコスト効率よく行うための安全で信頼できる環境です。Microsoft ボリュームライセンスユーザーは Microsoft のソフトウェアアシュアランスによるライセンスモビリティプログラムにより、Exchange Server などの既存の Windows Server アプリケーションライセンスを AWS で使用できます。追加の Microsoft ライセンス料金を支払う必要はありません。

AWS での Microsoft Exchange Server の実行に関する詳細を知るために役立ついくつかのリソースがあります。導入事例から、実際に AWS で稼働している Exchange について知ることができます。動画は、計画とデプロイに関する 2013 re:Invent カンファレンスのセッションとオンラインセミナーを紹介しています。技術的な詳細を調べるには、ホワイトペーパーでリファレンスアーキテクチャやベストプラクティスを一通り知ることができます。

この Quick Start のリファレンスデプロイメントは、AWS クラウドの高可用性アーキテクチャへの Microsoft Exchange 2013 の実装を自動化します。Quick Start Deployment ガイドを参照してください。

logo-Exchange-Color

無料の Test Drive で AWS での Microsoft Exchange を試す

今すぐ試す
テストドライブプログラムの詳細

Benefits_OnDemandAndOnBudget

低コスト

必要な分だけを支払い、最低料金もありません。ハードウェアの管理は当社にお任せください。何十万という顧客の利用状況をクラウド上で集計するので、アマゾン ウェブ サービスはコスト効率の良い価格を提供できます。お客様の組織はオーバーヘッドを削減し、もっと価値の高い活動にさらに集中できるようになるでしょう。

Benefits_ScaleUpDownAndFast

スケーラブル

何千もの仮想マシンを数分で追加できます。クラウドコンピューティングにより、不必要な設備投資を避けられると同時に、限られた容量で格闘する必要もなくなります。スケールアップとスケールダウンで、高可用性アーキテクチャのための、信頼性の高いサービスと、耐障害性のある複数のアベイラビリティーゾーンを活用できます。

benefit_deployment_blue

迅速なデプロイ

ハードウェアの到着を待たなくてもアプリケーションとデータをデプロイできます。わずか数クリックで、複数の地理的リージョンで容易にアプリケーションを開始できます。このため、最低限のコストでより低いレイテンシーとより良い体験を顧客のために実現することができます。

Secure

安全性とコンプライアンス

信頼できる安全で耐久性のある技術プラットフォーム。AWS のデータセンターは、暗号化データストレージや多要素認証など、幾層にもおよぶ高度なセキュリティ機能を備えています。AWS クラウドインフラストラクチャの上にシステムを構築すれば、AWS もコンプライアンスの責任を共同で担います。

AWS のセキュリティコンプライアンスの詳細をご覧ください。


Microsoft と AWS
Microsoft と AWS の関係の概要です。技術的リソース、導入事例、動画などもあります。

料金表
Amazon EC2 for Windows Server および Amazon EC2 for SQL Server の料金と無料利用枠について知ることができます。

開発者用ツール
安全性と信頼性に優れ、スケーラブルな Windows アプリケーションを AWS クラウドで開発するのに必要なすべてのツール、ドキュメント、およびサンプルコードがあります。

ホワイトペーパー
AWS で Microsoft ソフトウェアを自動的にデプロイするための、実装ガイド、サンプルコード、CloudFormation テンプレートを参照してください。


Contact Us

AWS 営業担当者にご連絡ください。Microsoft Windows Server または Windows Server アプリケーションの使用にどんなメリットがあるかご説明します。


AWS で Exchange を実行しているさまざまな例についてお読みくだされば、ビジネス上の課題に効果的に対応するうえで役立つことと思います。AWS での Microsoft 製品に関するお客様導入事例の完全なリストについてはここをクリックしてください。

「AWS を使用すれば、コンピューティングとストレージの必要に基づいてメールボックスサーバーのサイズを調整できますし、コンピューティング特性もわずか数分で変更できます。」

– Tom Bentzen、Choice Logistics 社の Information Systems 担当取締役

続きを読む »

「会社経営陣が 1 年中稼働することを期待する16 を超えるソフトウェアシステムのための容量を見積もって、ロールアウトを正確に計画することは不可能でした。しかし、アマゾン ウェブ サービス クラウド戦略を採用するだけで、これらの問題のほとんどに対処できています。」

– Thorsten Neumann、Banro Corporation 社の Group IT マネージャー

続きを読む »


video-thumb-reinvent-exchange

2013 re:Invent カンファレンスで、出席者は、AWS クラウドで高可用、高性能、コスト効率の良いソリューションを設計する方法について学びました。このセッションでは、アーキテクチャ上の考慮事項、性能、テストについて扱われ、さらに、Exchange と SharePoint を AWS に移行するデプロイメントのデモが注目を浴びました。

video-thumb-ms-exchange

AWS クラウドで Exchange Server 2010 ベースのメッセージングサービスをプランしてデプロイするうえでの、アーキテクチャ上の考慮事項と手順をデモンストレーションしています。デプロイメントを自動化するために利用できるツールも紹介します。スライドについてはここをクリックしてください。

今後行われるオンラインセミナーを確認する、または他のセミナーを再生するには、Windows on AWS Webinars のページをご覧ください。


AWS で Exchange をセットアップする手順を理解するのに役立つホワイトペーパーとデプロイガイドを、以下にまとめました。AWS での Microsoft 製品について扱ったホワイトペーパーの完全なリストについてはここをクリックしてください。

この Quick Start Reference Deployment ガイドには、AWS ベストプラクティスに沿って、AWS クラウドの高可用性アーキテクチャに Microsoft Exchange Server 2013 をデプロイするための構造上の考慮事項と構成手順が示されています。AWS CloudFormation テンプレートによって提供されている自動ソリューションをデプロイすることも、このテンプレートを独自の要件に合わせてカスタマイズすることもできます。 

(AWS での Exchange Server 2010 の詳細については、Exchange Server 2010 Planning and Implementation Guideを参照してください。)

デプロイガイドをダウンロード


本ペーパーでは、AWS 上の Microsoft アプリケーションのセキュリティを確保するためのガイダンスを提示します。リスク評価、攻撃サーフェスの縮小、最低限の権限の原則の遵守、およびデータ保護に重点を置き、Microsoft Windows アプリケーションの実行時環境を保護するための原則について概説しています。

ガイドをダウンロード

リモート管理用のリモートデスクトッププロトコル(RDP)を使用して、Windows ベースのインスタンスに安全にアクセスするためのベストプラクティスなど、AWS でリモートデスクトップゲートウェイをデプロイする方法について説明します。デプロイを自動化するのに便利な AWS CloudFormation テンプレートも付属しています。

ガイドをダウンロード

Active Directory を AWS におよそ 1 時間でデプロイする方法について説明します。このリファレンス実装ガイドには、可用性の高い AD ドメインサービスを AWS クラウドにデプロイするために必要なアーキテクチャ上の考慮事項と設定手順が含まれます。完全クラウドとハイブリッドの 2 つのシナリオを取り上げています。デプロイを自動化する AWS CloudFormation テンプレートが付属しています。

ガイドをダウンロード


AWS は、さまざまなサービス、ソフトウェア、ソリューションを AWS クラウドで提供している企業と、Amazon パートナーネットワーク(APN)を介してパートナーを組んでいます。APN は、AWS プラットフォームでホストされるか統合されているソフトウェアソリューションを提供しているコンサルティングパートナー、ならびに AWS でのワークロードとアプリケーションの設計、アーキテクチャ、構築、移行、および管理をサポートできる専門的なサービス会社であるテクノロジーパートナーで構成されています。

 

さらに、APN パートナーは APN コンピテンシープログラムにも参加しています。Microsoft Exchange コンピテンシーを持つパートナーは、AWS での Microsoft Exchange Server ワークロードを見積もって、デプロイまたは構成する点で顧客を支援できる技術があることが実証されています。

APN は、パートナーが成功する AWS ベースのビジネスを構築できるように支援することに特化した AWS のグローバルパートナープログラムです。ビジネス、技術、マーケティング、および市場参入に関する強力なサポートを提供しています。AWS がパートナーに提供しているものについては、こちらをご覧ください。また、今すぐAWS パートナーになることもできます。

AWS での Microsoft Exchange の専門知識を持つ APN パートナーを以下に紹介します。

 


Smartronix は、アマゾン ウェブ サービスプラットフォームで経験を積んだ最大級のソリューション設計チームを擁するグローバルプロフェッショナルソリューションプロバイダーです。AWS クラウドで Microsoft Exchange Server を利用した大規模デプロイメントを設計しています。

詳細


APN プレミアパートナーおよび AWS システムインテグレーターとして、Slalom Consulting は AWS と密接に協力しながら、顧客の個別の必要に応じた適切なソリューションを提供します。

詳細


IT インフラストラクチャの設計、構築、サポートから重要なアプリケーションの管理とそのサポート環境に至るまで、Apparatus は IT プラットフォームの管理型サービスを提供する業界トップクラスのプロバイダーです。また、AWS アドバンストパートナーでもあります。

詳細


Datapipe の特徴は、ミッションクリティカルな IT サービスを管理し、セキュリティ保護を敷くための単一のソリューションを提供できることです。例えば、クラウドコンピューティング、IaaS (Infrastructure as a Service)、PaaS (Platform as a Service)、コロケーション、データセンターなどがあります。

詳細


AWS プレミアパートナー、AWS チャネルリセラー、AWS ガバメントパートナーである Cloudnexa は、Exchange の移行のコンサルタント、移行の管理、および AWS サービスの継続的な最適化を行います。

詳細


Six Nines IT は、AWS クラウドへのビジネスの移行を専門的に支援する経験を積んだコンサルタント会社です。

詳細