Windows Server を実行する Amazon EC2 は、安全で信頼できる環境であり、Microsoft SharePoint のデプロイを迅速にコスト効率よく行うことができます。Microsoft ボリュームライセンスユーザーが Microsoft のソフトウェアアシュアランスによるライセンスモビリティプログラムを使用すると、SharePoint Server などの既存の Windows Server アプリケーションライセンスを AWS で使用できます。追加の Microsoft ライセンス料金を支払う必要はありません。SharePoint ワークロードを実行するために、従量制の料金、拡張性、データ統合など、AWS クラウドの利点を今すぐご活用ください。

以下の「使用開始」セクションでは、料金表、ドキュメント、ホワイトペーパー、テンプレート、サンプルコードなど、AWS で Microsoft を利用するために可能なすべてのテクノロジーとリソースの詳細を説明します。ホワイトペーパーのセクションに SharePoint 2013 のガイドが追加されました。AWS での SharePoint に関してご質問がある場合は、詳細についてよくある質問ページをご覧ください。

logo-SharePoint

無料デモ: AWS での SharePoint

今すぐ試す
video-thumb-reinvent-exchange
37:28
AWS re: Invent ENT 302 – AWS 上の Microsoft Exchange と Sharepoint

AWS クラウドで SharePoint を実行する場合、容量を長いリードタイムなしに必要に応じて追加できます。ビジネスニーズの変化に応じて、拡張または縮小を簡単に行うことができます。 容量の調整を数日や数週間でなく数時間と数十分で行えるため、この変化に後れを取らないようにすることができます。

AWS の料金表の料金は、従量課金制で低く抑えられています。ハードウェア購入コストが不要になり、必要な容量についてのみ支払えばよくなるためです。すべてのハードウェア管理は私たちが行うため、ハードディスクドライブの交換よりも付加価値の高いアクティビティに専念できます。

それだけでなく、両方とも削減します。IT インフラストラクチャを設計、調達、管理、減価償却する必要がなくなります。巨額に上る先行投資費用を、ビジネスとともに拡張、縮小する予測可能なコストに置き換えることができます。

既存の IT スキルおよびソフトウェア資産への投資を活用することで、御社が新しいアプリケーションをより迅速に開始できるようにします。AWS のプラットフォームは OS および言語に依存しないため、開発者は .NET および Visual Studio などの使い慣れたツールを引き続き使用することができます。

Microsoft ボリュームライセンスユーザーが Microsoft のソフトウェアアシュアランスによる Microsoft ライセンスモビリティプログラムを使用すると、現在のオンプレミスの Microsoft Exchange Server ライセンスを AWS に移行できます。追加の Microsoft ライセンス料金を支払う必要はありません。詳細は http://aws.amazon.com/windows/resources/licensemobility をご覧ください。


このリファレンスデプロイガイドでは、Amazon EC2Amazon VPC などのサービスを使用して、AWS クラウドに Microsoft SharePoint Server 2013 環境を構築する方法について説明しています。また、高可用性インフラストラクチャを予想どおりに繰り返しデプロイするために設計された AWS CloudFormation テンプレートも含まれています。このテンプレートは、AWS Quick Start ページから直接起動することもできます。

ダウンロード

このホワイトペーパーには、AWS で SharePoint 2010 を実行するための一般的な概念と、SharePoint Server ファームを AWS で設定、デプロイ、実行する方法に関する詳細な技術的ガイダンスが記載されています。SharePoint Server のデプロイシナリオの一般的なリファレンスアーキテクチャを例証し、自信を持ってクラウドで SharePoint Server のワークロードを実行していただけるように、ネットワーク、セキュリティ、およびデプロイメントの構成について取り上げています。

ダウンロード

logo-Smartronix-127

Smartronix は、コラボレーションおよびナレッジマネジメント向けに、高い拡張性と可用性を持つプラットフォームをデプロイできるよう、SharePoint 環境用のエンドツーエンドのサービスを提供しています。

Smartronix のランディングページ

Smartronix の APN ページ

デモ / 試用

DataPipe-logo-ct

Datapipe は多国籍のサービス企業で、単一のプロバイダソリューションを使用して、ミッションクリティカルな IT サービスの管理およびセキュリティ確保を行っています。このようなサービスには、AWS プラットフォーム上のデプロイを管理するワンストップソリューションサービス提供内容としての SharePoint があります。

Datapipe のランディングページ

Datapipe の APN ページ

 

applied-information-sciences-logo

Applied Information Sciences(AIS)は、カスタムアプリケーション開発およびシステムインテグレーションを行っている企業で、SharePoint 2010/2013 を含む Microsoft 製品のスタックを常時活用しているエンタープライズ企業および米国政府に、ソフトウェアサービスとシステムエンジニアリングサービスを提供しています。

AIS のランディングページ

AIS の APN ページ

avepoint-logo

AvePoint は、Microsoft SharePoint のガバナンスおよびインフラストラクチャ管理のソリューションを提供し、多数の Fortune 500 企業を含む 1 万社以上の得意先企業と政府機関が固有の事業目標を達成できるように支援しています。

AvePoint のランディングページ

AvePoint の APN ページ

blue-river-logo

Blue River は、エンタープライズの SharePoint サービスを構成するコアコンポーネントの事前設定済みテンプレートを使用して、顧客の実装を支援しています。これらのコンポーネントは、AWS 環境を補完するように設定されています。

BRIT のランディングページ

BRIT の APN ページ

slalom-consulting-logo

Slalom Consulting は、インフラストラクチャ、プラットフォームおよびソフトウェアをサービス提供内容として活用するクラウドベースのソリューションを、組織が設計、実装できるように支援します。

Slalom のランディングページ

Slalom の APN ページ

©2014, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. このサイトに表示されている AWS が所有していないその他の商標はすべて Microsoft が所有しています。