新規または既存の Microsoft ソフトウェアライセンスを AWS クラウドで使用するために、さまざまなオプションが用意されています。ライセンスを含む Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスまたは Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスを購入することにより、完全準拠の Windows Server と SQL Server の新規ライセンスを AWS から入手できます。既存のライセンスは、Microsoft のソフトウェアアシュアランスによるライセンスモビリティを使用することにより、AWS の Amazon EC2 Dedicated HostsAmazon EC2 ハードウェア専有インスタンス、または tenancy 属性が default の EC2 インスタンスで使用できる可能性があります。新しい Microsoft ライセンスを購入する方法および既存のライセンスを使用する方法のいずれでも、AWS で Microsoft ソフトウェアを実行できます。

ライセンス
購入

ライセンスが含まれるインスタンスを使用することにより、Amazon EC2 インスタンスまたは Amazon RDS インスタンスにバンドルされている完全準拠の Microsoft ソフトウェアライセンスにアクセスでき、初期コストや長期投資なしで、ライセンス料の支払いは使用量に応じた形で行えます。お客様は、Microsoft Windows Server だけの Amazon Machine Image (AMI) または Windows Server と Microsoft SQL Server が事前インストールされた AMI のいずれかを選択できます。Amazon RDS for SQL Server を購入すると、時間のかかる管理タスクに煩わされることなくデータベースを利用できます。EC2 または RDS のいずれを使用している場合でも、AWS から Microsoft のライセンスが含まれるインスタンスを購入することにより、多くのメリットを得ることができます。

  • AWS によってライセンスに準拠するように管理されます。
  • 最新バージョンおよび多くの従来バージョンの Microsoft ソフトウェアがサポートされます。
  • Windows Server クライアント アクセス ライセンス (CAL) は必要ありません。

詳細 >>

持ち込む

Microsoft ソフトウェアを購入済みの場合は、AWS クラウドに対してライセンスの持ち込み (BYOL) を行うことができます。

  • 恒久ライセンスを購入しつつ、クラウドの効率性のメリットを活用できます。
  • ハードウェアの追加費用なしにソフトウェアのライフサイクルを延長できます。
  • 既存の仮想マシンイメージを使用してクラウドへの移行を迅速化できます。

次の 2 つのオプションを使用して、AWS にライセンスを持ち込むことができます。

  • ソフトウェアアシュアランスなし: Amazon EC2 Dedicated Hosts を使用すると、完全に専用のハードウェアにアクセスして使用でき、ソフトウェアアシュアランスがない場合でも Microsoft ソフトウェアライセンスを AWS クラウドに持ち込むことができます。
    詳細 >>

  • ソフトウェアアシュアランスあり: Microsoft のソフトウェアアシュアランスによるライセンスモビリティを使用すると、多くの Microsoft ソフトウェアライセンスを AWS クラウドに持ち込んで、Amazon EC2 インスタンスまたは Amazon RDS インスタンスで使用できます。
    詳細 >>

お客様が Amazon EC2 インスタンスを Windows Server ベースの AMI と一緒に購入するか、または Amazon RDS for SQL Server のライセンスを含むインスタンスを購入すると、ライセンスコストとライセンス準拠の管理は、Amazon がお客様に代わって行います。Amazon EC2 と Amazon RDS の両方で、さまざまなインスタンスタイプとサイズが提供されており、ターゲットワークロードに最適な構成を選択できます。Windows Server を含む Amazon EC2 AMI では、クライアントアクセスライセンス (CAL) は必要ありません。また、これらの AMI には、管理用途用に、2 つの Microsoft リモートデスクトップサービスライセンスも含まれます。Amazon EC2 for Windows Server のライセンスを含むインスタンスを購入すると、ライセンシングのオーバーヘッドが解消され、必要に応じてコンピューティングリソースを速やかにプロビジョニングできます。

 

対象となる製品

Microsoft Windows Server と Microsoft SQL Server は、最新バージョンと従来バージョンをさまざまに組み合わせて、AMI として利用できます。

詳細については、aws.amazon.com/windows/amis を参照してください。

 

Amazon EC2 には Dedicated Hosts が用意されており、完全に専用のハードウェアにアクセスして使用できます。ソフトウェアアシュアランスがない場合でも、専用のインフラストラクチャで、お客様自身にライセンスされたソフトウェアを使用できます。ご自身の MSDN ライセンスを AWS の Amazon EC2 の占有ホストまたはハードウェア専有インスタンスで使用して、開発やテストのニーズを満たすこともできます。

 

対象となる製品

Microsoft 製品条項でカバーされているすべての Microsoft ソフトウェアは、Amazon EC2 Dedicated Hosts を使用して AWS にデプロイできます。 対象となる製品の例を以下に示します。

  • Microsoft Windows Server
  • Microsoft SQL Server
  • Microsoft リモート デスクトップ サービス (ユーザー CAL)
  • Microsoft Exchange Server
  • Microsoft SharePoint Server
  • Microsoft System Center
  • Microsoft Dynamics 製品
  • MSDN

 

Microsoft ソフトウェアと一緒にソフトウェアアシュアランスを購入している場合、既存の Microsoft ボリュームライセンスへの投資のメリットを生かして、追加の Microsoft ライセンス料金を支払うことなく AWS クラウドに移行できる可能性があります。ライセンスモビリティのメリットを活用できるのは、有効な Microsoft ソフトウェア アシュアランスの対象になっているサーバーアプリケーションを使用する Microsoft のお客様です。AWS VM Import を使用すると、仮想マシンイメージをオンプレミス環境から AWS クラウドに移行できるので、既存の Microsoft ソフトウェアライセンスや仮想マシン構成を AWS に持ち込むことが可能になります。

 

対象となる製品の例を以下に示します。

  • Microsoft Exchange Server
  • Microsoft SharePoint Server
  • Microsoft SQL Server
  • Microsoft System Center
  • Microsoft リモート デスクトップ サービス (ユーザー CAL)
  • Microsoft Skype for Business Server
  • Microsoft Dynamics 製品
  • Microsoft BizTalk Server

aws.amazon.com/windows/resources/licensemobility で全一覧を参照できます。

   

ご不明な点がありましたら、Windows ライセンシングのよくある質問を参照してください。その他の質問については、microsoft@amazon.com にお問い合わせください。

Microsoft ソフトウェアは、Microsoft の規約に従って使用してください。Microsoft のライセンス規約の遵守はお客様の責任です。このドキュメントはお客様の便宜を図るためのガイドとしてのみ提供されており、ドキュメント内の説明に依存することはできません。また、法的な助言を提供するものではありません。お使いの Microsoft ソフトウェアに関するライセンスや権限についてご質問がある場合は、お客様社内の法律部門、Microsoft、Microsoft 販売店にお問い合わせください。このページは、2015 年 9 月時点の Microsoft 製品条項に基づいて作成されました。最終更新日は 2015 年 11 月 23 日です。