Amazon Web Services ブログ

Category: Events

AWS re:Invent 2023 において発表された Amazon Redshift の様々な新機能 〜 すべてのデータに対して分析を可能に

AWS re:Invent 2023 で発表された Amazon Redshift の進化は、クラウド分析環境のモダナイズ化をさらに加速し、規模を問わず最高のコストパフォーマンスを実現するという当社の基本理念を継続していきます。これらの発表は、すべてのデータを統合する AWS のゼロ ETL のビジョンを推進するものです。これにより、包括的な分析と機械学習機能によってデータの価値を最大化し、組織内および組織間の安全なデータコラボレーションによりイノベーションをさらに迅速化できます。コストパフォーマンスの向上からゼロ ETL、生成系 AI 機能まで、すべての方に有益となるサービスや機能を取り揃えています。

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS re:Invent 2023速報 資料及び動画公開のご案内

みなさま、AWS re:Invent 2023はお楽しみいただけましたでしょうか。

2023年12月1日に実施した[AWS Black Belt Online Seminar] AWS re:Invent 2023速報の資料及び動画についてご案内させて頂きます。動画はオンデマンドでご視聴いただけます。

また、過去の AWS Black Belt オンラインセミナーの資料及び動画へのリンクは「 AWS サービス別資料集」に一覧がございます。
YouTube の再生リストは「 AWS Black Belt Online Seminar の Playlist 」をご覧ください。

Amazon DynamoDB の Amazon OpenSearch Service とのゼロ ETL 統合が利用可能になりました

本日、Amazon OpenSearch Service と Amazon DynamoDB zero-ETL の統合が一般公開されたことをお知らせします。これにより、カスタムコードやインフラストラクチャを必要とせずに、DynamoDB データを自動的に複製および変換して検索を実行できます。この zero-ETL 統合により、データパイプラインアーキテクチャのコードの記述、データの同期、頻繁なアプリケーション変更によるコードの更新に伴うオペレーション上の負担とコストが軽減され、アプリケーションに集中できるようになります。

この zero-ETL 統合により、Amazon DynamoDB を利用するお客様は、全文検索、あいまい検索、オートコンプリート、機械学習 (ML) 用のベクトル検索など、Amazon OpenSearch Service の強力な検索機能を使用して、ユーザーエンゲージメントを高め、アプリケーションに対する満足度を向上させる新しいエクスペリエンスを提供できるようになりました。

re:Invent 2023 AWS ファイルストレージを楽しむ 3 つのステップ

re:Invent ではインフラストラクチャを最適化するための AWS ファイルストレージサービスについて、学習する機会が多く含まれています。このブログでは、AWS ファイルストレージに関する全てのセッションをリスト化し、セッション選択と予約を手助けします。これらのセッションは満席になりつつありますので、必ず「座席の予約はこちら」と書かれたリンクをクリックし、席を確保してください。

AWS re:Invent 2023 Amazon EKS and Kubernetes セッションガイド

AWS re: Invent 2023 が間近に迫っており、Kubernetes とクラウドネイティブ関連のトピックに焦点を当てた全セッションが公開されました。適切なセッションを見つけて選択しやすくするために、セッションを主要な重点分野別にグループ化し、re: Invent セッションカタログへのリンクとともにリストアップしました。リンクをクリックしてから詳細ページが表示されるまで少し時間がかかることに注意してください。

re:Invent 2023 VMware Cloud on AWS セッションガイド

本Blogでは、AWS re:Invent 2023 の期間で開催される VMware Cloud on AWS 関連の様々なセッションコンテンツの内容をご紹介しています。ブレイクアウトセッションだけではなく多様なセッション形式での学習コンテンツをご用意してお客様のご来場をお待ちしています。