Amazon Web Services ブログ

AWS IoT 1-Click – Lambda 関数のトリガーにシンプルなデバイスを使用する

AWS re:Invent 2017 にて AWS IoT 1-Click のプレビューを発表しました。その後、平易であること、完全な設定不要のエクスペリエンスであることに重点を置き、調整を重ねてきました。幅広い利用者に IoT を提供し、ご利用いただけるようにするために設計された AWS IoT 1-Click がついに一般公開のときを迎え、AWS と AT&T からリリースされた最新の IoT ボタンでご利用いただけるようになります。 ひと月かふた月ほど前、ブログ記事の準備をするためにこのサービスについて学ぼうと、開発チームをたずねました。このミーティングの間、彼らから一組の IoT ボタンを借りて、クリエイティブな使い方に思いを馳せました。思いついたアイデアをいくつかご紹介しましょう。 ヘルプリクエスト – 今月の初め、ロサンゼルスで HackTillDawn ハッカソンに参加し、とても和やかなウィークエンドを過ごしました。参加者は遠隔地からハッキングに参加していたため、AWS、機械学習、Amazon SageMaker、および AWS DeepLens などについて質問されることも時たまありました。AWS ソリューションアーキテクトが大勢近くにいたものの (目立つようにおしゃれで個性的な AWS のシャツで会場に華を添えていました)、各チームに IoT ボタンを使えるのではないかと考えました。ボタンを押すと、SMS を介して SA クルーに通知が行き、クルーが正しいテーブルに直行します。 カメラの制御 – Tim Bray と私は、AWS の動画スタジオでAWS Messaging に関する Tim のシリーズの 1 話目を撮影する準備をしていました。 Twitch ストリームを開始する数分前、ズームイン画面に切り替えるためにカメラマンに指示を送る明確で目立たない方法がないことに気付きました。ここでも、IoT ボタンが […]

Read More

EC2 インスタンスのアップデート – NVMe ローカルストレージを搭載する C5 インスタンス (C5d)

私の EC2 インスタント履歴の投稿でご覧いただいたように、定期的に、かつ頻繁に新しいインスタンスタイプが追加されます。ますます強力なプロセッサーにより駆動し、絶えず拡大するユースケースに対応するように設計され、このリストのサイズと多様性は、同様に多様化する EC2 の顧客のグループを反映しています! このリストの末尾近くに、新しいコンピューティング最適化 C5 インスタンスがあります。C4 インスタンスに比べて 25% から 50% 改善された価格対パフォーマンスにより、C5 インスタンスはバッチやログ処理、分散および/またはリアルタイムの分析、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、広告配信、非常にスケーラブルなマルチプレイヤーゲーミング、やビデオエンコーディングのようなアプリケーション向けに設計されています。これらのアプリケーションの中には、高速で超低レイテンシーのローカルストレージへのアクセスにメリットのあるものもあります。たとえば、ビデオエンコーディング、画像の操作、その他の形態のメディア処理では、時々、一時ストレージに対して非常に大量の入出力が必要になることがあります。入力と出力ファイルは貴重な資産であり、一般的に、Amazon Simple Storage Service (S3) オブジェクトとして保存されるので、中間ファイルは消耗されるものになります。同様に、一括のログ処理は race-to-idle モデルとして実行され、揮発データをディスクに対してできるだけ早くフラッシュして、コンピューティングリソースを最大限利用します。

Read More

OBS Studio から クラウド上の AWS Media Services への接続

全 5 回の Blog 連載のうちの 2 回目の連載である今回は、様々なエンコーダから AWS Media Services への接続および設定方法を学びます。AWS Media Services はカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、カメラなどの機器からのビデオ信号をエンコードし、追加的な処理、パッケージング、配信のために、クラウドに送信します。 OBS STUDIO と AWS MEDIA SERVICESを利用したチャンネルの作成 こちらの例では、OBS(Open Broadcaster Software) Studio というソフトウェアと RTMP (Real-time Messaging Protocol) Pushを用いたストリームをセットアップし、クラウド上での動画処理およびパッケージングのための AWS Media Servicesの設定方法を、ステップ・バイ・ステップの手順でお見せします。 ワークフロー例のダウンロード こちらの例では、下記の方法を学びます。 RTMP push を使った伝送用エンコーダーとしての OBS Studio のセットアップ 伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 AWS Elemental MediaLive の出力を AWS […]

Read More

Amazon Sumerian – GAのお知らせ

当社は AWS re:Invent 2017 で Amazon Sumerian を発表しました。Tara のブログ記事 (Amazon Sumerian: VR、AR、3D 体験を作成する簡単な方法の紹介) にあるように、Sumerian は特別なプログラミングや 3D グラフィックスの専門知識を必要としません。モバイルデバイス、ヘッドマウントディスプレイ、デジタルサイネージ、ウェブブラウザなど幅広い一般的なハードウェアプラットフォームで、VR、AR、3D 体験を構築できます。 Sumerian が一般提供されたことをお知らせします。3D モデリング、アニメーション、照明、オーディオ編集、プログラミングのための特別なツールを購入または習得することなく、リアルな仮想環境とシーンを作成できます。ビルド後はカスタムコードを記述したり、特殊なデプロイシステムやプロセスを処理することなく、完成した作品を複数のプラットフォームにデプロイできます。 Sumerian はウェブベースのエディタを提供し、これを使用してリアルでプロフェッショナル品質のシーンをすばやく簡単に作成できます。オブジェクトやキャラクター (Sumerian Hosts) がユーザー操作に反応する方法を制御するロジックを構築するためのビジュアルスクリプティングツールがあります。Sumerian は、Amazon Lex、Polly、AWS Lambda、AWS IoT、Amazon DynamoDB などの AWS によるリッチで自然な対話を作成することもできます。 Sumerian は複数のプラットフォームで動作するように設計されています。Sumerian で作成した VR や AR アプリケーションは、WebGL や WebVR をサポートするブラウザおよび Oculus Rift、HTC Vive、iOS または Android 搭載の一般的なデバイスで動作します。 プレビュー期間中、当社は幅広い顧客に Sumerian のテストに参加してもらい、従業員教育、トレーニングシミュレーション、現場サービス生産性、仮想コンシェルジュ、設計と制作、ブランドエンゲージメントなど多様なユースケースをハイライトするように設計された PoC (概念実証) […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] 発注者のための AWS ネットワーク入門 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。 先日 (2018/5/15) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「発注者のための AWS ネットワーク入門」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180515 AWS Black Belt Online Seminar 発注者のためのネットワーク入門 PDF Q1. 最近サポートされたセカンダリ CIDR ブロックによる VPC 拡張の注意点について教えてください。 A. VPC 拡張をすると、拡張をしたアドレスブロックが BGP で VPN や Direct connect でアナウンスされるので経路数1でルータにフィルタリングをしていると、追加した経路がフィルタされたり、BGP の経路が落ちたりする可能性があります。また、下記のようにアドレスの制限があるものの、アドレス重複をする事故を起こす可能性がありますので、追加するアドレスが使われていないかよくご確認をお願いします。IPv4 CIDR ブロック関連付けの制限をご参照ください。 Q2. ネットワークの負荷・応答に関する勘所について教えてください。AZ 選定や VPC 設計に影響されますか。 A. AZ 選定や VPC 設計には影響しません。どちらかというと EC2 インスタンスのサイズやグループ設定によります。こちらをご参照ください。 Q3. リージョン内 AZ […]

Read More

トランザクションレプリケーションを使用して、Amazon RDS for SQL Server に移行する方法

ご使用のデータベースを Amazon RDS for Microsoft SQL Server へ移行するには複数の方法があります。通常、データベースのシンプルなバックアップと復元を実行するのが一般的です (logins などのシステムオブジェクトのスクリプトを書くとともに)。可用性をさらに高める、またはダウンタイムを短縮するオプションが必要であれば、AWS Database Migration Service (AWS DMS) を利用できます。このブログ記事では、ご使用のデータベースを RDS for SQL Server へ移行するために、3 番目のメカニズムである、トランザクションレプリケーションを使用する方法について解説します。このアプローチを使用すると、提供されているサービスを使用する必要なく、既存のインフラストラクチャを活用して Amazon RDS for SQL Server へデータを移動できます。 RDS for SQL Server は SQL Server のレプリケーションをサポートしていません。これは主に、RDS for SQL Server インスタンス上でホストされているとき、SQL Server Agent のレプリケーションサブシステムが実行されていないためです。しかし、オンプレミスまたは Amazon EC2 (SQL Server のホストインスタンス) 上のいずれかで SQL Server Agent が実行されているところでは、プッシュサブスクリプションはサポートされています。RDS for SQL […]

Read More

Amazon RDS for PostgreSQL バージョン: 9.3.x リタイアメントのお知らせ

本投稿は、こちらのフォーラムでご案内されたアナウンスメントの参考和訳です。 本アナウンスメントは、Amazon RDS が RDS for PostgreSQL のバージョン9.3のサポートを2018年9月5日をもって終了することをお知らせするものです。 Amazon RDSは2013年からPostgreSQLメジャーバージョン9.3をサポートしています。本リリースの後、機能、セキュリティ、信頼性、パフォーマンスの観点で大幅な改善がなされたメジャーバージョンが続々とリリースされています。PostgreSQLコミュニティは、PostgreSQL 9.3のリリース終了時期を2018年9月と発表しています。コミュニティサポートモデルに合わせて、AWSは9.3.10, 9.3.12, 9.3.14, 9.3.16, 9.3.17, 9.3.19, 9.3.20, 9.3.22 のマイナーバージョンを含めて、メジャーバージョン9.3のサポートを終了いたします。Amazon RDS では引き続き、バージョン9.4 以降の PostgreSQLデータベースをサポートいたします。 できるだけ早いタイミングで、Amazon RDS PostgreSQL データベースインスタンスをバージョン9.6, もしくは、バージョン10 にアップグレードすることを推奨します。その際、RDS のメジャーバージョンアップグレードの機能をご利用いただき、次のバージョンにアップグレードできます。アップグレードを開始するには、AWS マネジメントコンソールにて、「Modify DB Instance(DB インスタンスの変更)」ページに移動し、データベースのバージョンをPostgreSQLの新しいメジャーバージョンに変更します。 [Apply Immediately(すぐに適用)]オプションを選択すると、「Modify DB Instance(DBインスタンスの変更)」ページを終了した直後にアップグレードが開始されます。変更をすぐに適用しない場合は、その後のメンテナンスウィンドウ中にアップグレードが実行されます。 RDS for PostgreSQL のメジャーバージョンのアップグレードの詳細については、PostgreSQL DB エンジンのアップグレードを参照してください。 Amazon RDS PostgreSQL 9.3 のリタイアメントプランの一環として、2018年8月6日 以降、AWSコンソールを使用して新たな PostgreSQL 9.3 インスタンスを作成することが出来なくなります。2018年11月には、残されている 9.3 インスタンスに対する、PostgreSQL […]

Read More

オンプレミスの AWS Elemental Live から クラウド上の AWS Media Services への接続

AWS Media Services は、あなたのカスタマーに対して、高いスケーラビリティを持つ over-the-top (OTT) ビデオ体験を提供することを可能にします。ライブチャンネルもしくはイベントを配信するには、クラウド上で追加的な処理、パッケージング、配信する前に、まず、撮影機器からのビデオ信号をエンコードする必要があります。まずは、(クラウドに対して)地上のカメラ、ソフトウェア、ハードウェアから始めていきましょう。 オンプレミスエンコーダと AWS Media Services を使用してライブビデオの作成を開始する 全 5 回の Blog 連載を通じて、様々なエンコーダをどのように設定して AWS Media Services に接続するのかを学ぶことが出来るでしょう。最初のこのワークフローでは、撮影現場の AWS Elemental Live エンコーダーを利用して、Real-time Transport Protocol (RTP) と forward error correction (FEC) のチャンネルを作成・設定し、クラウド上で処理およびパッケージングをするための AWS Media Services を設定する方法をステップバイステップで解説していきます。 下記の方法を学びます。 オンプレミスのアプライアンスである AWS Elemental Live を、FEC を有効にした RTP を使った伝送用エンコーダーとしてセットアップする方法 伝送ストリームを AWS Elemental MediaLive で受けて、adaptive bitrate (ABR) のストリームにエンコードする設定方法 […]

Read More

フェデレーションを利用したIAM ロールで AWS のAPI にアクセスできる時間を12 時間まで延長可能に

アプリケーションやフェデレーションされたユーザーが長時間実行の必要なワークロードを単一のセッションで完了できるように、IAM ロールの最大セッション時間を 12 時間まで延長できるようになりました。ユーザーおよびアプリケーションはこれまで通り AWS Security Token Service (AWS STS) を使ってロールを引き受けつつも、AWS SDK または CLI で取得した一時的な認証情報の有効期間が最大 12 時間となるようにできます。この変更により、ユーザーやアプリケーションは、S3 への大量アップロードやCloudFormation テンプレートといった長時間実行が必要なワークロードを、単一のセッションで実行できるようになります。最大セッション期間の延長は、IAM コンソール、または CLI で行えます。最大セッション期間を延長すると、対象の IAM ロールを引き受けているユーザーやアプリケーションが次に一時的な認証情報をリクエストした際には延長された有効期限の認証情報が得られるようになります。 本ブログ記事では、IAM コンソールを使用して、既存の IAM ロールの最大セッション期間を 4 時間 (設定可能な最大期間は 12 時間) に設定する方法をご紹介します。4 時間にする理由は、AWS では、ロールのセッション期間を設定する場合、フェデレーションされたユーザーが AWS リソースへのアクセスを最低限必要と思われる期間に設定することを推奨しているためです。次に、既存のフェデレーションされたユーザーが、AWS SDK や CLI を使用して、ロールのセッションの有効期限が切れると失効する一時的なセキュリティ認証情報をリクエストする方法についてご説明します。 前提条件 本ブログ記事では、フェデレーションの例を使用します。既存の ID プロバイダーがある場合は、SAML (Security Assertion Markup Language) を使ったフェデレーションを有効にして、ユーザーによる AWS リソースへのアクセスを許可している方もおられると思います。本ブログ記事では、フェデレーションされたユーザーの権限を定義する外部 ID プロバイダー用の […]

Read More