AWS CodeStar

アプリケーションを迅速に開発および構築して AWS にデプロイ

AWS CodeStar を使用すると、アプリケーションを迅速に開発および構築して AWS にデプロイできます。AWS CodeStar は統合されたユーザーインターフェイスを備えているため、ソフトウェア開発アクティビティを 1 つの場所で簡単に管理できます。AWS CodeStar では、継続的デリバリーのツールチェーン全体を数分で設定でき、コードのリリースをすばやく開始できます。AWS CodeStar によってチーム全体がセキュアに連携しやすくなり、プロジェクトのアクセス管理や所有者、コントリビューター、ビューワーの追加も簡単です。AWS CodeStar の各プロジェクトには、Atlassian JIRA Software による問題追跡機能が統合されたプロジェクト管理ダッシュボードが用意されます。AWS CodeStar のプロジェクトダッシュボードにより、作業項目のバックログからチームの最新のコードデプロイまで、ソフトウェア開発プロセス全体の進行状況を簡単に追跡できます。詳細については、こちらをご覧ください。

AWS CodeStar は追加料金なしで使用できます。アプリケーションの開発と実行のためにプロビジョニングした AWS リソース (Amazon EC2 インスタンスなど) に対してのみ料金が発生します。

利点

AWS での開発をわずか数分で開始できる

AWS CodeStar では、アプリケーションコードのコーディング、ビルド、テスト、デプロイに使用する開発および継続的な配信ツールチェーン全体を簡単に設定できます。プロジェクトを開始するときは、 Amazon EC2AWS Lambda、および AWS Elastic Beanstalk に対応するさまざまな AWS CodeStar テンプレートの中から選ぶことができます。プロジェクトのソース管理として AWS CodeCommit または GitHub の使用を選択するオプションがあります。また、AWS Cloud9、Microsoft Visual Studio、Eclipse などのオプションを使用してソースコードを編集することもできます。選択すると、基礎となる AWS のサービスが数分でプロビジョニングされるため、アプリケーションのコーディングとデプロイをすばやく開始できます。

ソフトウェアデリバリーを 1 つの場所で管理

AWS CodeStar では、統合ユーザーインターフェイスによって各種の日常的な開発アクティビティを容易に調整できるため、さまざまサービスコンソールを行き来する必要がなくなります。AWS CodeStar のプロジェクトダッシュボードにより、1 つの場所からアプリケーションアクティビティを監視し、コードのコミット、ビルド、テスト、デプロイなどのソフトウェア開発プロセスの全段階にわたって進行状況を追跡できます。AWS CodeStar にはサードパーティーの問題追跡およびプロジェクト管理ツール Atlassian JIRA Software が統合されているため、JIRA の問題を AWS CodeStar のダッシュボードで直接、簡単に管理できます。

チーム全体でセキュアに作業

AWS CodeStar では、プロジェクトでのコラボレーションをチーム全体でセキュアに行うことができます。プロジェクトの所有者、コントリビューター、ビューワーのアクセスを簡単に管理でき、サービスごとに独自のポリシーを手動で設定する必要はありません。AWS CodeStar には AWS Identity and Access Management のベストプラクティスに準拠するロールベースのポリシーが組み込まれているため、チームのプロジェクトへのアクセスをセットアップするプロセスを簡素化できます。

さまざまなプロジェクトテンプレートから選択可能

AWS CodeStar のプロジェクトテンプレートにより、ウェブサイト、ウェブアプリケーション、ウェブサービス、Alexa スキルなどのさまざまなアプリケーションを簡単に開発できます。AWS CodeStar のプロジェクトテンプレートには、サポートされる Java、JavaScript、PHP、Ruby、C#、Python などのプログラミング言語でプロジェクトを開始するためのコードが用意されています。

AWS の使用を開始する

icon1

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
icon2

10 分間チュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
icon3

AWS で構築を開始する

ステップバイステップのガイドに従って構築を開始すれば、 AWS プロジェクトを起動することができます。
構築の準備はできましたか?
AWS CodeStar の使用を開始する
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ