チュートリアル

10 分

シンプルな表を作成し、DynamoDB コンソールを使用して、データを追加、クエリ、および削除する方法を学びます。

2 時間

Python SDK を使用して、データの挿入、クエリの実行、インデックスの作成、およびアイテムの更新方法を学びます。

2 時間

DynamoDB を使用するゲームアプリケーションのアクセスパターンに合わせてデータモデルを設計する方法を学びます。

3 時間

ソーシャルネットワーク向けモバイルアプリケーションの構築に使用できるデータベースを設計する方法を学べます。

4 時間

Python でのウェブアプリケーションのデプロイ、データベースへの接続、ユーザー動作の分析といった方法について学びます。

動画

Amazon DynamoDB の詳細 - アドバンスト設計パターン (59:12)

Amazon DynamoDB シニアプラクティスマネージャーの Rick Houlihan によるこの AWS re:Invent 2019 セッションは、DynamoDB のアドバンストユーザー向けです。このプレゼンテーションで取り上げられているパターンとデータモデルは、Amazon リテールビジネスを含む大規模な顧客が使用する実装とベストプラクティスのコレクションで、広範囲におよぶさまざまなビジネスの問題に対する高度にスケーラブルなソリューションを提供します。

Amazon DynamoDB によるデータモデリング (39:46)

この AWS re:Invent 2019 セッションでは、AWS Data Hero である Alex DeBrie が DynamoDB テーブルのモデリングの重要な原則を確認し、データモデルで使用するいくつかの実用的なパターンを示します。DynamoDB データベース構造のデータのモデル化では、従来のリレーショナルデータベースでのモデル化とは異なるアプローチを必要とします。

Amazon DynamoDB アダプティブキャパシティーを大胆にスケール (52:51)

大きく変化するか、予測不可能なワークロードを実行する計画はありますか? トラフィックが均等に配布されない心配はありますか? プリンシパル 製品マネージャー Kai Zhao によるこの re:Invent 2019 セッションでは、Amazon DynamoDB がスロットルせずに不均衡なワークロードに対応し、スケールに応じて最適なパフォーマンスを保証する方法を学びます。最初に、DynamoDB の基礎と最近のイノベーションについて簡単に取り上げます。次に、DynamoDB がデータをシャードする方法、アダプティブキャパシティーの最新情報と最新のワークロードモニタリングツールを深く掘り下げます。

データプラットフォームエンジニアリング: Vanguard が AWS にデータを移行している方法 (56:22)

この re:Invent 2019 セッションでは、Vanguard がデータストリーミング (Amazon Kinesis)、ファイル転送 (AWS Storage Gateway)、CDC レプリケーション (DB2 on z/OS、Oracle Exadata、Microsoft SQL Server)、リレーショナルおよび NoSQL データベース (Amazon DynamoDB、Amazon RDS for PostgreSQL、Amazon Aurora)、オブジェクトストレージ (Amazon S3) を使用して、マイクロサービスからビッグデータワークロードのデータの量と速度に取り組むチームを作成した方法をお聞きします。 

Amazon DynamoDB を使用して Verizon Media がプッシュ通知を実装 (54:26)

この re:Invent 2019 セッションでは、Verizon が Amazon DynamoDB と Amazon ElastiCache や Amazon SQS などのその他の AWS のサービスを独自の Vespa 検索エンジンと連携し、そのブランドのすべてのユースケースにパワーを供給するために使用する理由についてお聞きします。Verizon はまた、Kubernetes を使用して、多くの Amazon EC2 インスタンスにわたり、マイクロサービスを調整するためにも使用します。

AWS のサービスで次のマイクロサービスアプリケーションを構築する (46:56)

AWS Lambda、Amazon EKS、Amazon SQS、および Amazon DynamoDB でいくつかのマイクロサービスから構成される新しいアプリケーションを簡単に使い始める方法を学びます。この re:Invent 2019 セッションでは、最初にアプリケーションのデプロイや関連する Kubernetes リソースの検査など、基本的な管理方法をライブデモで学びます。このプレゼンテーションは、APN パートナーである New Relic により提供されます。

トレーニング

AWS には、AWS の基礎について学習できる、無料のデジタルトレーニングが用意されています。Amazon DynamoDB 入門コースを受講して、概要を知り、ユースケースについて理解し、AWS トレーニングと認定のデモをご覧ください。

TC homepage certification

このフリーコースを受講して、DynamoDB の基本と、従来のリレーショナルデータベース管理システムとの違いを学んでください。データベース開発の全くの未経験者であっても、ガイド付きのツアーと、実例に基づく実践により、すべてのスキルレベルに向けたコンセプトで指導します。このコースでは、DynamoDB を使用する拡張性のある高性能なアプリケーションを構築するために必要なスキルと知識が得られます。

Linux Academy-Updated Logo-Blue

AWS のエキスパートによって設計されたこのコースでは、Amazon DynamoDB を使用するアプリケーションを構築するために必要なスキルを習得することができます。動画での講義、デモンストレーション、およびハンズオンラボ演習を通じて、バックアップと復元、パーティションキー、セキュリティと暗号化、グローバルテーブル、ベストプラクティスなど、DynamoDB のトピックについてより深く学ぶことができます。

200x100_edX_Logo
ウェブページの画像
移行を検討中ですか?

Amazon DynamoDB への移行方法に詳細はリソースでご覧いただけます。

詳細 
アカウントサインアップの画像
無料のアカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
ツールボックスの画像
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon DynamoDB を使った構築を始めましょう。

サインイン