Amazon EC2 リザーブドインスタンスでは、オンデマンド料金に比べて大幅な割引価格 (最大 75%) が適用され、特定のアベイラビリティーゾーンで使用する容量を予約できます。

リザーブドインスタンスの購入方法については、Amazon EC2 リザーブドインスタンスのご利用開始にあたってのページにアクセスしてください。

 

Amazon EC2 リザーブドインスタンスで最大 75% の節約

ログインして購入

AWS の無料利用枠には毎月 750 時間分の Linux および Windows の t2.micro インスタンスが含まれます(1 年間)。無料利用枠内に抑えるには、EC2 マイクロインスタンスのみを使用してください。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »


Amazon EC2 リザーブドインスタンスのご紹介

RI Video Thumb

リザーブドインスタンスは、オンデマンドインスタンスに比べて料金が大幅に割引となります (最大 75%)。コンバーティブルリザーブドインスタンスを使用することで、リザーブドインスタンスの料金割引が適用されるだけでなく、ファミリー、OS タイプ、およびテナンシーを簡単に変更できるようになります。

リザーブドインスタンスではキャパシティーを予約できるため、必要なときに予約している分だけインスタンスを起動できるという安心感を持つことができます。


EC2 リザーブドインスタンスでは、時間単位の料金に割引が適用され、EC2 インスタンスにおける容量を予約できます。EC2 インスタンス使用の属性がアクティブなリザーブドインスタンスの属性に一致すれば、リザーブドインスタンスの割引が自動的に AWS 請求書に適用されます。

アベイラビリティーゾーンが指定されている場合は、EC2 の予約容量がリザーブドインスタンスの属性に照会されます。お客様が予約したリザーブドインスタンスの容量は、これらの属性に一致するインスタンスを実行することで自動的に利用されます。

リザーブドインスタンスでは、アプリケーションニーズに最適なタイプの容量予約を選択できます。

  • スタンダードリザーブドインスタンス: 割引率が最も高く (最大でオンデマンド料金の 75% 割引)、定常状態の使用に最適です。
  • コンバーティブルリザーブドインスタンス: 割引 (最大でオンデマンド料金の 45% 割引) が適用され、リザーブドインスタンスの属性を変更できます。ただし、交換はリザーブドインスタンスの作成にかかる費用と同等またはそれ以上である場合に限ります。スタンダードリザーブドインスタンスと同様に、コンバーティブルリザーブドインスタンスも定常状態の使用に最適です。
  • スケジュールされたリザーブドインスタンス: このタイプのインスタンスは、予約した時間枠内で利用できます。このオプションでは、1 日、1 週間、または 1 か月の一部分のみを必要とする予想可能で反復的なスケジュールに、キャパシティー予約を適用できます。

以下は、すべてのリザーブドインスタンスの機能をまとめたものです。

  • オンデマンドインスタンスに比べて大幅な割引が適用されます。
  • AWS リージョンにおけるすべてのアベイラビリティーゾーンに使用を適用できます。または、特定のアベイラビリティーゾーンが指定されている場合は、容量を予約できます。
  • 購入時点におけるお支払いの柔軟性を高めるために、3 種類の前払いの支払いオプションが提供されています。
  • 一括請求 (コンソリデーティッドビリング) ファミリーで、複数のアカウント間で共有できます。

下の表は、スタンダードとコンバーティブルリザーブドインスタンスの相違をまとめたものです。

特徴

スタンダード

コンバーティブル

期間 (オンデマンド料金の平均割引率)

1 年 (40%)、3 年 (60%)

3 年 (45%)

アベイラビリティーゾーン、インスタンスサイズ (Linux OS)、ネットワークタイプの変更

有 (ModifyReservedInstances API およびコンソールを使用)

有 (ExchangeReservedInstances API およびコンソールを使用)

インスタンスファミリー、オペレーティングシステム、テナンシー、支払いオプションの変更

 

リザーブドインスタンスマーケットプレイスでの販売

可 (米国の銀行口座のあるアカウントをリンクした後)

まもなく可能となる予定

  • クラス: リザーブドインスタンスにはコンバーティブルとスタンダードの 2 つのクラスがあります。コンバーティブルリザーブドインスタンスは、支出が同等またはそれ以上の他のコンバーティブルリザーブドインスタンスと交換できます。
  • 期間: スタンダードリザーブドインスタンスの期間は 1 年と 3 年です。リザーブドインスタンスマーケットプレイスで販売されているリザーブドインスタンスは、多くの場合、期間が短くなります。コンバーティブルリザーブドインスタンスの期間は 3 年です。
  • 支払いオプション: 「全額前払い」、「一部前払い」、「前払いなし」の 3 つの種類の支払いオプションから選択できます。支払いオプションとして「一部前払い」または「前払いなし」を選択した場合、残額は期間を通じて毎月お支払いいただきます。

リザーブドインスタンスの属性が使用されたインスタンスの属性と一致すると、リザーブドインスタンスの割引が適用され、予約されている容量が利用されます。これらの属性は以下です。

  • インスタンスタイプ: インスタンスタイプは、CPU、メモリ、ストレージ、およびネットワーキング容量のさまざまな組み合わせから構成されます (例: m3.xlarge) 。
  • プラットフォームの説明: リザーブドインスタンスは、Amazon EC2 インスタンスで Linux/UNIX、SUSE Linux、Red Hat Enterprise Linux、Microsoft Windows Server、Microsoft SQL Server の各プラットフォームを実行している場合に購入できます。
  • テナンシー: デフォルトのテナンシーのインスタンスを使用している場合は、デフォルトのテナンシーのリザーブドインスタンスを購入します。ハードウェア専有インスタンスを使用している場合は、ハードウェア専有のテナンシーのリザーブドインスタンスを購入します。
  • アベイラビリティーゾーン (オプション): リザーブドインスタンスの購入において、アベイラビリティーゾーンを選択する場合は、容量を予約でき、選択したアベイラビリティーゾーンのインスタンスの使用に割引が適用されます。アベイラビリティーゾーンを指定しない場合は、他の属性と一致するリージョンで実行されたインスタンスにリザーブドインスタンスの割引が適用されます。

Amazon EC2 の料金ページで、リザーブドインスタンスの料金を参照してください。
1 つの AWS リージョン内で多数のリザーブドインスタンスを購入された場合は、その AWS リージョン内でそれ以降に購入されるリザーブドインスタンスの前払い料金および時間単位料金に自動的に割引が適用されます。
リザーブドインスタンスマーケットプレイスでは、サードパーティの販売者がリザーブドインスタンスを販売し、より短期間のものが、さらに高い割引率で提供される場合があります。


リザーブドインスタンスマーケットプレイスでは、他の AWS のお客様がスタンダードリザーブドインスタンスを出品して販売できます。サードパーティから購入したスタンダードリザーブドインスタンスも AWS から直接購入スタンダードリザーブドインスタンスと変わりはありませんが、多くの場合、それらはより低価格かつ短期間で出品されます。AWS またはサードパーティの販売者からスタンダードリザーブドインスタンスを購入する方法の詳細については、Amazon EC2 リザーブドインスタンスの開始方法ページを参照してください。

リザーブドインスタンスマーケットプレイスでリザーブドインスタンスを販売する方法の詳細については、Amazon EC2 リザーブドインスタンスマーケットプレイスページにアクセスしてください。


Amazon EC2 リザーブドインスタンスのご利用開始にあたってのページにアクセスして、適切な Amazon EC2 リザーブドインスタンスの購入方法の詳細をご確認ください。