リザーブドインスタンス購入のオプション

リザーブドインスタンスは、オンデマンドインスタンスに比べて料金が大幅に割引 (最大 72%) となります。さらに、特定のアベイラビリティーゾーンにリザーブドインスタンスを割り当てると、容量が予約されるため、必要な時に安心してインスタンスを作成することができます。

スタンダードおよびコンバーティブルリザーブドインスタンスの料金

オンデマンドインスタンス料金に比べて大幅な割引 (最大 72%) が適用されるスタンダードリザーブドインスタンスは、1 年または 3 年の期間で購入できます。スタンダードリザーブドインスタンスには、アベイラビリティーゾーン、インスタンスサイズ、およびネットワークタイプを変更する柔軟性が備わっています。

リザーブドインスタンスの予約期間中に別のインスタンスファミリー、オペレーティングシステム、またはテナンシーに変更できる柔軟性が必要な場合は、コンバーティブルリザーブドインスタンスを購入することが推奨されます。 オンデマンドインスタンスに比べて大幅な割引 (最大 66%) が適用されるコンバーティブルリザーブドインスタンスは、1 年または 3 年の期間で購入できます。

リザーブドインスタンスの支払いオプション

スタンダードまたはコンバーティブルリザーブドインスタンスを購入する際は、3 つの支払い方法から選択できます。全額前払いの場合は、リザーブドインスタンスの期間の料金全額を一括で前払いしていただきます。この方法を選択すると、オンデマンドインスタンスと比較した割引額が最大になります。「一部前払い」の場合は、少額を前払いしていただき、リザーブドインスタンス期間が終了するまでの間、割引時間単価で計算したインスタンス料金をお支払いいただきます。前払いなしの場合は、前払いの必要はなく、期間が終了するまでの間、時間単価が割引となります。

  • Amazon EC2 のスタンダードリザーブドインスタンス
  • Amazon EC2 のコンバーティブルリザーブドインスタンス
  • Amazon EC2 のスタンダードリザーブドインスタンス
  • Amazon EC2 のコンバーティブルリザーブドインスタンス

注意: T4g インスタンスを Unlimited モードで使用すると、Linux、RHEL、SLES の場合、CPU クレジットは 1 vCPU 時間あたり 0.04 USD 請求されます。

T2 インスタンスと T3 インスタンスを Unlimited モードで使用する場合、CPU クレジットは以下のように課金されます。

  • Linux、RHEL、SLES の場合、vCPU 時間あたり 0.05 USD
  • Windows および SQL Web を使用する Windows の場合、vCPU 時間あたり 0.096 USD

CPU クレジットの料金は、すべてのインスタンスサイズ、オンデマンド、スポット、リザーブドのインスタンス、およびすべてのリージョンで同じです。

CPU クレジットが請求されるタイミングの詳細については、バーストパフォーマンスインスタンスの Unlimited モードを参照してください。

*これはリザーブドインスタンス期間全体の 1 か月あたりの平均請求額です。毎月の実際のお支払額は、その月の実際の時間数に時間使用料金を掛けて計算した金額、またはその月の実際の秒数に、3600 で除算した時間使用料金を掛けて計算した金額に相当します。これは、実行する EC2 インスタンスタイプに応じて決まります。時間単位のご利用単価は、リザーブドインスタンス期間全体の月別お支払額の合計をリザーブドインスタンス期間全体の総時間数 (1 年は 365 日とする) で除算したものに相当します。

**ここに示した実効時間単価は、オンデマンドの料金と比較したリザーブドインスタンスのコスト削減額の計算に役立てていただくためのものです。リザーブドインスタンスを購入すると、選択したリザーブドインスタンス期間が終了するまでの間、インスタンスを実行するかどうかにかかわらず 1 時間ごとまたは 1 秒ごとに料金請求が発生します。実効時間単価は、インスタンスのコストを 1 時間ごとに支払うと考えた場合の金額です。つまり、リザーブドインスタンスの期間全体の料金合計 (前払い分も含まれます) を、リザーブドインスタンス期間の 1 時間ごとに分配すると考えます。

注: アジアパシフィック (大阪ローカル) リージョンでは、リザーブドインスタンスおよびスポットインスタンスのみが提供されています。アジアパシフィック (大阪ローカル) リージョンにおけるオンデマンドのインスタンス料金は参考料金であり、リザーブドインスタンスの期限が切れて更新されなかった場合にのみ適用されます。

Amazon EC2 スタンダードリザーブドインスタンスの従量制割引

1 つの AWS リージョン内で大量の Amazon EC2 リザーブドインスタンスを購入した場合は、その AWS リージョン内でそれ以降に購入するスタンダードリザーブドインスタンスの前払い料金および時間単位料金に対して自動的に割引が適用されます。リザーブドインスタンスの割引レベルは、AWS リージョンごとのアクティブなリザーブドインスタンスの価額 (割引前の料金合計) に基づいて決定されます。リザーブドインスタンスの段階一覧については、下記を参照してください。

スタンダードリザーブドインスタンスの従量制割引

リザーブドインスタンス総計

前払い料金割引

時間単価割引

500,000 USD 未満

0%

0%

500,000~4,000,000 USD

5%

5%

4,000,000~10,000,000 USD

10%

10%

10,000,000 USD 以上

お問い合わせ

お問い合わせ

例えば、1 つの AWS リージョン内のアクティブなリザーブドインスタンスの料金合計が 500,000 USD を超えた場合は、その AWS リージョンでのそれ以降のすべてのスタンダードリザーブドインスタンス購入に対して自動的に 5% の割引が前払いと時間単位料金の両方に適用されます。この割引は、お客様が保有する価額がその割引レベルの金額範囲内にあるかぎり、継続して新規のスタンダードリザーブドインスタンスの購入に適用されます。詳細な例については、EC2 リザーブドインスタンスのよくある質問をご覧ください。

なお、「Windows および SQL Server」のリザーブドインスタンスの購入金額は、従量制割引レベルを決定する金額の計算には含まれません。また、Microsoft のライセンス料の大きさから、「Windows および SQL Server」のリザーブドインスタンスは従量制割引の適用対象外となります。リザーブドインスタンスマーケットプレイスとコンバーティブルリザーブドインスタンスマーケットプレイスでの購入金額は従量制割引の対象ではありませんが、購入したリザーブドインスタンスの按分計算された残存価額は、従量制割引レベルを決定する金額の計算に参入されます。

リザーブドインスタンスの割引レベルの詳細については、リザーブドインスタンス料金範囲を理解するのセクション (「Amazon EC2 ユーザーガイド」) を参照してください。

スケジュールされたリザーブドインスタンスの料金

反復的なスケジュールに基づいてリザーブドインスタンスを購入する場合、コンピューティング性能を時間単位でお支払いいただき、必要な期間のみのキャパシティーを事前に予約できます。

料金表を参照 »

スタンダード RI とコンバーティブル RI の機能

以下は、すべての RI の機能をまとめたものです。

オンデマンドインスタンスに比べて大幅な割引が適用されます。

  • AWS リージョンにおけるすべてのアベイラビリティーゾーンに使用を適用できます。または、特定のアベイラビリティーゾーンが指定されている場合は、容量を予約できます。
  • 購入時点におけるお支払いの柔軟性を高めるために、3 種類の前払いの支払いオプションが提供されています。
  • 一括請求 (コンソリデーティッドビリング) ファミリーで、複数のアカウント間で共有できます。

RI マーケットプレイス

リザーブドインスタンスマーケットプレイスでは、他の AWS のお客様がスタンダード RI を出品して販売できます。サードパーティーから購入したスタンダード RI も AWS から直接購入したスタンダードリザーブドインスタンスと変わりはありませんが、多くの場合、それらはより低価格かつ短期間で出品されます。AWS またはサードパーティーの販売者からスタンダードリザーブドインスタンスを購入する方法の詳細については、Amazon EC2 リザーブドインスタンスの開始方法のページを参照してください。詳細はこちら »

リザーブドインスタンスの購入方法

リザーブドインスタンスの購入は簡単です。購入手続きには AWS マネジメントコンソールか API ツールを使います。 詳細はこちら »

請求方法

お客様がリザーブドインスタンスとオンデマンドインスタンスの両方をご利用の場合、ご請求額が最小となるようにリザーブドインスタンス料金が先に適用されます。リザーブドインスタンス期間が終了するまでの各時間について、低い時間単価で計算したご利用料金をお支払いいただきます(つまり、1 時間まったく使用しないことがあったとしても、その時間の分の料金が請求されます)。ある 1 時間のあいだに、実行中のインスタンスの数がお客様の保有する適用可能なリザーブドインスタンスの数を超過した場合は、オンデマンド料金が適用されます。

例えば、同一のインスタンスタイプとリージョン (該当する場合は、アベイラビリティーゾーン) で 3 つのリザーブドインスタンスを保有している場合は、請求システムで各時間が確認され、これらのパラメータに一致する実行中の総インスタンス数が計算されます。それらが 3 つ未満の場合は、その時間に実行される各インスタンスについて、リザーブドインスタンスの料金が課金されます。4 つ以上の場合は、4 つ目以降のインスタンスにオンデマンド料金が適用されます。