Amazon Elastic Container Registry (ECR) は、フルマネージドコンテナレジストリです。このレジストリを使うと、コンテナソフトウェアをどこにでも簡単に保存、共有、デプロイできます。Amazon ECR を使用すると、イメージとアーティファクトは、高可用性と信頼性の高いデプロイを維持します。

Amazon ECR に前払い料金などの義務はありません。パブリックリポジトリまたはプライベートリポジトリに保存するデータとインターネットに転送するデータの量に対してのみ、料金をお支払いいただきます。プライベートリポジトリから転送されたデータは、プライベートリポジトリを所有する AWS アカウントに請求されます。パブリックリポジトリから転送されるデータは、指定された制限までは無料です (匿名で行うこともできます)。制限を超えると、データ転送はパブリックリポジトリからダウンロードした AWS アカウントに課金されます。ストレージは常に、プライベートリポジトリまたはパブリックリポジトリを所有する AWS アカウントに請求されます。

AWS 無料利用枠 *

新しい Amazon ECR のお客様には、AWS 無料利用枠の一部として、プライベートリポジトリ用に 1 年間月々 500 MB のストレージをご利用いただけます。

新規のお客様も既存のお客様も、パブリックリポジトリ用に 50 GB/月のストレージを常時無料でご利用いただけます。匿名で (AWS アカウントを使用せずに) 毎月 500 GB のデータを無料でパブリックリポジトリからインターネットに転送できます。AWS アカウントにサインアップするか、既存の AWS アカウントで Amazon ECR に認証すると、毎月 5 TB のデータをパブリックリポジトリからインターネットに無料で転送できます。また、パブリックリポジトリから任意の AWS リージョンの AWS コンピューティングリソースにデータを転送する際には、コスト無しで無制限の帯域幅を得ることができます。

無料利用枠はすべてのリージョンで毎月計算され、お客様の請求額に自動的に適用されます。なお、無料利用枠の翌月への繰り越しはできません。

料金の詳細 (無料利用枠の上限以上のご利用)

ストレージ:

プライベートリポジトリから転送されたデータ:

公開リポジトリから転送されたデータ:

** プライベートリポジトリからのデータ転送 (アウト) 料金の構成は、Amazon Elastic Cloud Compute (EC2)、Amazon ECR、Amazon Elastic Block Storage (EBS)、Amazon Simple Storage Service (S3)、Amazon S3 Glacier、Amazon Relational Database Service (RDS)、Amazon SimpleDB、Amazon Simple Queue Service (SQS)、Amazon Simple Notification Service (SNS)、Amazon DynamoDB、AWS Storage Gateway、Amazon Virtual Private Cloud からのデータ転送の合計です。
*** AWS アカウントを利用していない場合、パブリックリポジトリから転送されるデータはソース IP によって制限されます。

料金の例:

データ「受信 (イン)」と「送信 (アウト)」は、Amazon SNS への転送、および Amazon ECR からの転送を示しています。同じリージョン内の Amazon ECR と他のサービスとの間で転送されたデータです。Amazon EC2、AWS LambdaAWS App Runner、または AWS Fargate は無料です (例: 0.00 USD/GB)。それぞれ異なるリージョンにある Amazon ECR と他のサービスとの間でデータを転送する場合は、インターネットデータ転送料金が転送の両側で発生します。

料金の例 1: リージョン内転送による Amazon ECR プライベートリポジトリ
お客様は、組織内でプライベートで共有するために合計 40 GB のソフトウェアイメージを保存しています。ストレージには 1 GB あたり 0.10 USD で合計 4 USD/月が課金されますが、データ転送 (イン) には何の課金もありません。組織内の他のメンバーは、Amazon EC2 または Fargate 上の Amazon Elastic Container Service (ECS) を使用して、同じリージョン内で月々 1 TB のイメージをプルしているため、データ転送料 (アウト) はかかりません。合計コスト = 4 USD/月

料金の例 2: クロスリージョン転送による Amazon ECR プライベートリポジトリ
お客様は、us-east-1 リージョンに合計 20 GB のソフトウェアイメージを保存しています。ストレージには 2 USD/月が課金されますが、データ転送 (イン) には何も課金されません。お客様の組織の他の人は、Amazon EC2 上の Amazon ECS または Fargate を使用して、同じリージョンと us-west-1 リージョンにデータをプルします。彼らはリージョンごとに 50 GB/月をプルしますが、us-west-1 へのデータ転送 (アウト) に対してのみ課金されます。最初の 1 GB は無料ですが、残りは 1 GB あたり 0.09 USDで、合計 4.41 USD のデータ転送料 (アウト) がかかります。合計コスト = 2 USD + 4.41 USD = 6.41 USD/月

料金の例 3: Amazon ECR パブリックリポジトリのお客様で、無料制限内で利用
お客様は、公開して共有するために合計 40 GB のソフトウェアイメージとアーティファクトを保存しています。無料利用枠の上限内であるため、保存するための料金はかかりません。また、データを受信するための料金もかかりません。合計コスト = 0 USD

料金の例 4: Amazon ECR パブリックリポジトリの匿名のデベロッパーで、無料制限内で利用
お客様は匿名のデベロッパーで、パブリックレジストリから 300 GB/月をプルしています。無料利用枠の上限内であるため、データを送信するための料金はかかりません。合計コスト = 0 USD。

料金の例 5: Amazon ECR パブリックリポジトリのお客様で、無料制限外で利用
お客様は、AWS アカウントを使用して、ECR パブリックから 1 月あたり 6 TB のイメージをお客様のデータセンターに、1 月あたり 8 TB のイメージを AWS リージョンにプルしています。データセンターにプルされた最初の 5 TB は無料利用枠の上限を下回っており、AWS 以外の送信先への 1 TB 超過した分のデータ (GB あたり 0.09 USD) 転送に対してのみ 90 USD が請求されます。AWS リージョンに転送する 8 TB/月 は無料です。合計コスト = 90 USD/月

特に記載のない限り、料金には、VAT や該当する消費税などの適用される税金や関税は含まれません。請求連絡先が日本であるお客様が AWS をご利用になった場合には、料金と併せて別途消費税が請求されます。消費税について詳細はこちら

500 TB/月を越えるデータ転送については、お問い合わせください

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるためのその他のリソース

Amazon ECR の使用を開始する方法

開始方法のページにアクセスする
構築の準備はできましたか?
Amazon ECR の開始方法
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ