hpc-hcls-AWS-Logo_White-Color

日本のお客様向け

AWS のヘルスケア・ライフサイエンス業界での取り組み

ヘルスケア・ライフサイエンス業界のお客様向けに
AWS の活用情報、国内外のお客様導入事例、Webinar(イベントセミナー)などの情報をまとめたウェブサイトです

AWS は、グローバルなヘルスケアとライフサイエンス業界において信頼できるテクノロジーパートナーです。AWS は、ヘルスケアとライフサイエンスソリューションにおける広範囲のポートフォリオを備えた最も成熟した信頼性の高いクラウドプラットフォームとして、規制が激しい業界で運用するためのセキュリティとプライバシーを提供します。AWS を使用すれば、組織はイノベーションのペースを速め、データの可能性を引き出し、ヘルスケアの導入をパーソナライズすることができます。

ヘルスケア・ライフサイエンス業界向けイベント

今後のイベント

最新事例に学ぶ製薬業界向けAWSクラウド活用セミナー
9月16日(木)13:00 - 15:30

本イベントでは、製薬業界でクラウドを活用したデジタルトランスフォーメーションを検討されている製薬業界関連のエンドユーザー及びパートナーの方々を対象として、AWSをご利用いただくお客様やAWSより、最新のご活用事例やサービスをご紹介いただきます。

 

アジェンダ
13:00 - 13:05  オープニング・セッション紹介

13:05 - 13:45  「AWSへの完全移行とデータセンタークローズまでのプロセス」
武田薬品工業株式会社 グローバルインフォメーションテクノロジー エンタープライズアーキテクト
山口 哲司 様

13:45 - 14:15  「データウェアハウスを基盤とした製造関連データ管理戦略」
協和キリン株式会社 生産本部 生産企画部 デジタル推進グループ グループ長
武内 雅春 様

14:15 - 14:45  「 製薬業界における全社データ利活用基盤(仮)」
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 シニアインダストリーソリューションアーキテクト
松永 徹人

14:45 - 15:15  「AWSにおけるGxP対応最新アップデート(仮)」
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト  
中島 丈博

15:15 - 15:30  クロージング・アンケート

 

CBI学会2021年大会
10月26日(火) - 10月28日(木)

2日目<プレナリー講演>『データ駆動型創薬を加速するプラットフォーム』
日時: 10月27日(水)10:00 - 12:00

座長:小長谷 明彦(恵泉女学園大学)
P-04 宮本 大輔/宇都宮 聖子(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社)「創薬研究におけるクラウド活用」

P-05 島田 裕三(富士通株式会社ソーシャルデザイン事業本部)「創薬・化学研究におけるワークスタイル変革の現実解」

P-06 池口 満徳(横浜市立大学生命医科学研究科)「スーパーコンピュータ「富岳」時代の分子シミュレーション」

1日目<スポンサーセッション> SS-22 ※セッションテーマは順次公開予定
日時: 10月26日(火)15:00 - 16:30

2日目<スポンサーセッション> SS-13 ※セッションテーマは順次公開予定
日時: 10月27日(水)13:00 - 14:30

 

PharmaSUG Japan 2021 Virtual Event
Data Science for Everybody -明日から始めるデータサイエンス-
11月11日(木) 時間:TBD

AWSセッションタイトル: Quickly Build an Experimental Cloud Environment for Data Pre-Processing and Analysis
※資料は英語ですが、セッション自体は日本語で行われます。

スピーカー: AWS Solution Architect Hidenori Koizumi, Chiaki Ishio

セッション概要:
There is a growing need for analyzing large amounts of data from various sources, such as COVID-19 cohort study data and genome datasets, to quickly transform the data into actionable insights. However, it takes time to prepare a server and set up an analysis tool on the experimental environment. In addition, data scientists spend much time on data preparation such as cleaning, normalizing, and transforming. In this session, we will introduce the latest customer case studies utilizing a variety of AWS services which support users in analyzing big data quickly. In addition, we will showcase a demo of building and deploying an experimental environment with code samples so that data scientists can leverage them for quick analysis.

過去のイベント

第 3 回 日本メディカル AI 学会学術集会
6 月 11 日(金)、12 日(土)

スポンサードセミナー2
日時: 6 月 12 日(土)12:30~13:15

テーマ: ヘルスケア AI 活用の最前線~AWS ML サービスの活用方法と事例~

演者:
遠山 仁啓(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パブリックセクター事業開発本部 Senior Business Development Manager)

今井 真宏(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パブリックセクター技術本部 シニアソリューションアーキテクト)
セッション動画 / 講演資料

近藤 佑亮(DeepEyeVision株式会社 取締役CTO)
講演資料

AWS Innovation Week
Day 8 Patient-centric Healthcare: ヘルスケアにおける顧客中心主義

6 月 30 日 (水) 15:00 〜 17:00

テーマ:「患者中心の価値共創をめざして ~データ駆動型組織への変革~」
・第一三共 取締役 専務執行役員 DX推進本部長 大槻 昌彦 氏
・株式会社ジーンクエスト 代表取締役 高橋 祥子 氏
・メドピア株式会社 代表取締役社長 CEO (医師・医学博士) 石見 陽 氏

セッション概要
ヘルスケア・ライフサイエンス領域で DX を推進して新たな価値を提供するためには、最終顧客である生活者・患者を中心とした様々なステークホルダーとの共創が求められます。クラウドの普及により、社内外にあるデータを利活用した業務変革やオープンイノベーションの取り組みが加速しています。AWS からは、国内外の医療機関や製薬企業などの最新事例をご紹介します。スピード感を持って「次の一手」を打つヒントとして、ぜひご参加ください。

Healthcare & Life Sciences Startups Day Vol.1
~ヘルスケア・ライフサイエンススタートアップにおけるQuality Assurance~
8月27日(金)13:00 〜 14:30

Healthcare & Life Sciences Startups Dayは、ヘルスケア・ライフサイエンススタートアップの技術や開発体制、セキュリティなどの業界トピックに特化した、セミナー内容をお送りさせていただく定期イベントです。
 
第1回目のテーマは、ヘルスケア・ライフサイエンススタートアップにおけるQuality Assuranceになります。人々の健康や生命に関わる業界において、最も重要なサービス品質を管理・持続するための技術体制をどのように築いているのか、ヘルスケアスタートアップを牽引する2社にご登壇いただき実例を交えてお話しさせていただきます。 内容は、ヘルスケア・ライフサイエンススタートアップ以外の視聴者の方もきっと役立つ興味深い内容になっておりますので、ぜひどなたでもご参加くださいませ。


お客様によるセッション  講演動画(セッション全体)
・株式会社 CureApp 
講演資料
・エルピクセル株式会社 
講演資料

本セミナーレベルは 200 です。レベル詳細は こちらをご確認ください。

ブログ記事

ヘルスケア関連ブログ 

Amazon HealthLake は、ヘルスデータを大規模に格納、変換、クエリ、分析するために設計された、新しい HIPAA 対応サービスです。Amazon HealthLake は、患者情報の整理、インデックス作成、構造化の困難さを排除し、個々の患者および患者集団全体の健康状態を安全かつコンプライアンスに準拠し、監査可能な方法で完全に把握できます。Amazon HealthLake API を使用すると、組織は既に保持している業界標準のFast Healthcare Interoperability Resources (HL7 FHIR) による医療データを、クラウド内の安全なデータレイクに簡単に保存できます。FHIR 形式でデータを保持していない組織のために、Amazon は医療の相互運用性における業界リーダーと提携し、データ変換を支援するコネクタを開発しています。この記事では、それらの一つであるインターシステムズとHealthShare Message Transformation Serviceと呼ばれる Amazon HealthLake で検証されたソリューションについて説明します。

グラフデータベースの活用が様々な領域で進んでいます。例えば、公共領域では 法人情報検索ツール、ヘルスケア領域では薬物間相互作用のチェック、マーケティング領域ではカスタマーインサイト分析などで利用されています。

リレーションシップと大量に接続されたデータセットと連携するアプリケーション開発において、リレーショナルデータベースで実装するのは困難です。しかし、フルマネージドなグラフデータベースである Amazon Neptuneはリレーションシップの格納とナビゲートを目的として構築されたデータベースで、 ナレッジグラフ、 IDグラフや 不正検出といった代表的なグラフアプリケーションを構築することができます。最近では、ナレッジグラフを利用したチャットボットアプリケーションのサンプルを AWS CloudFormation templateとしてリリースしました。

ライフサイエンス関連ブログ 

このブログでは、ライフサイエンス企業の生産工程における課題と、アマゾンウェブサービス(AWS)のお客様がクラウドテクノロジーを使用して運用を改善する例をまとめています。また、AWSサービスを使用して「インダストリー4.0」の基盤を構築する方法を示すリファレンスアーキテクチャを紹介しています。最後に、お客様がデジタルな生産工程の成熟度を理解するために使用できるAWSアセスメントエンゲージメントについて説明し、またライフサイエンスの生産環境で共通のGxPワークロードをクラウドに導入するために重要なGxP許可リストのブログ記事を紹介しています。

GxP ガイドラインは、米国食品医薬品局 (FDA) によって制定され、ライフサイエンス分野の企業が安全で、品質ガイドラインを満たし、使用に適した製品を開発、製造、販売することを目指しています。GxP コンプライアンスは、長年にわたりライフサイエンス業界が従うべき規制の一部であり、ヘルスケア業界やライフサイエンス業界のお客様が品質管理システムの一環としてコンピュータシステムを展開する必要がある場合に大きく影響しています。重要なポイントの1つは、コンピュータシステムの認定とバリデーションの必要性です。通常、お客様はオンプレミスでこれを行う方法に精通していますが、クラウドに関してはその方法に不案内な場合があります。バリデーション計画を作成して実行するプロセスは、従来、手作業で労力を要していました。この記事では、バリデーション計画の最初のコンポーネントの1つである据付時適格性評価 (Installation Qualification : IQ) を自動化できるアプローチを提案します。

関連動画

AWS Black Belt Online Seminar 

【AWS Black Belt Online Seminar】ヘルスケア・ライフサイエンス業界における AWS 活用

Healthcare & Life Sciences Startups Day

Vol.1~ヘルスケア・ライフサイエンススタートアップにおけるQuality Assurance~ (CureApp様、エルピクセル様登壇)

AWS Summit Online 2021 ヘルスケア・ライフサイエンス関連セッション 

国立がん研究センター様「アマゾン ウェブ サービス(AWS)を活用したがんゲノム解析基盤」
MICIN様「コロナ禍で急拡大したオンライン診療を支えるMedTech スタートアップ ~MICIN の挑戦~」
第一三共様「第一三共の全社データ分析基盤~データ利活用の促進をめざしてデータレイクを構築~」
エムティーアイ様、サイバーエージェント子会社MG-DX様「先進デジタルネイティブ企業が支援する、調剤薬局のデジタルトランスフォーメーション (DX)」

ヘルスケア・ライフサイエンス担当チームへお気軽にお問い合わせください

国内におけるヘルスケア関連のお客様

国内におけるヘルスケア関連のお客様

国内におけるライフサイエンス(製薬)関連のお客様

国内におけるライフサイエンス(製薬)関連のお客様

より詳しい情報はこちら

ライフサイエンス

最も厳格なセキュリティおよびコンプライアンス規制を遵守しつつ、より迅速かつ効率的に医薬品を開発、試験、製造、商品化するのをサポートするために設計された業界ソリューションを使用して、製薬バリューチェーンのあらゆる面を最新化します。
詳細はこちら ≫

ヘルスケア

ケア全体における、患者、医療提供者、メンバーの体験を向上させ、バリューベースのケアへの移行を継続的に加速するために、データをアセットに変換します。スムーズなデータの相互運用とコンプライアンス遵守を可能にしつつ、患者データを保護します。
詳細はこちら ≫

ゲノミクス

ゲノム解析から臨床評価までのワークフローを自動化することによって、大規模な精密医療を可能にします。「ビッグデータ」を臨床的に関連する発見に変換するために、効率的かつコスト効率のよい方法で、マルチオミックスデータセットを調和させます。
詳細はこちら ≫

GxP コンプライアンス

GxP は、食品、および薬、医療機器、医療ソフトウェアアプリケーションなどの医療製品を製造するライフサイエンス組織に適用される規制やガイドラインを指す頭字語です。全体として GxP 要件では、食品や医療製品の消費者に対する安全性を確保し、製品に関連した安全性についての意思決定に使用されるデータの完全性を確保することが目的とされています。
詳細はこちら ≫

医療情報ガイドライン

日本では全ての医療行為は医療法等で医療機関等の管理者の責任で行うことが求められており、クラウドサービスを利用する場合も、医療情報システムの構築や運用に関連して、安全かつ適切な技術的及び運用管理方法を確立し、安全管理や e-文書法の要件等への対応を行っていく必要があります。
詳細はこちら ≫
 

公共機関

アマゾン ウェブ サービス (AWS) は優れた拡張性と柔軟性、堅固なセキュリティで 官公庁、教育、医療、非営利団体など 公共機関(パブリックセクター)に選ばれています。
詳細はこちら ≫

ヘルスケア・ライフサイエンス担当チームへお気軽にお問い合わせください

導入に関するご質問や不明な点は、こちらからお問い合わせいただけます。