Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Deep Learning AMIs

Machine Learning ユーザー向けの新しい AWS Deep Learning AMI

この度、AWS Deep Learning AMI の新しい 2 つのバージョンの提供を開始しました。人気のオープンソースパッケージと環境ツールの Conda を使用して作成したディープラーニングフレームワーク用に別の Python 環境を使用する Conda ベースの AMI、そして独自のカスタマイズしたディープラーニングモデルをデプロイするための GPU ドライバとライブラリを使用する Base AMI です。 学会と業界の両方に渡り、ディープラーニングテクノロジーはフレームワーク、アルゴリズム、そして新しい方法や理論に渡り、急速に進化しています。そのため、素早く安全にアルゴリズムをテストしたり、フレームワークの特定のバージョンの最適化、テストやベンチマークの実行、新しく始めるプロジェクト開始の共同作業などにおいてツールを必要とする開発者達にとって複雑の原因になっています。そこで、AWS Deep Learning AMI においても、そうした自由と柔軟性を提供するために仮想環境を追加することにしました。また、新たに開発者用リソースもセットアップすることで、これまで以上に AMI の理解を深めたり、プロジェクトに適切な AMI を選択したり、ハンズオンチュートリアルを利用できるようにしています。 Conda ベースの Deep Learning AMI Conda ベースの AMI は Conda を使用して作成したディープラーニングの Python 環境にプリインストールされています。各 Conda ベースの Python 環境は、人気のディープラーニングフレームワークの公式 pip パッケージと、その依存関係を含むように設定されています。たとえば、ニューラルネットワークモデルをトレーニングするためのディープラーニングコードを実行する準備が整い、完全に仕上がった仮想環境とお考えください。ステップバイステップガイドでは、任意のディープラーニングフレームワークを使用した環境をアクティブ化する方法や、シンプルな 1 行のコマンドを使用して環境を切り替える方法について説明しています。 AMI のメリットは他にもあります。AMI の環境は相互に孤立した自己完結型のサンドボックスとして稼働します。つまり、サンドボックス内でディープラーニングのコードを実行すると、実行時の環境を完全に見通し全体的に管理することができます。AMI の他のディープラーニング環境を中断してしまう心配なく、新しいソフトウェアパッケージをインストールしたり、既存のパッケージのアップグレードや環境変数を変更することができます。実行環境でこのレベルの柔軟性と詳細管理を行えるということは、一貫性のある再生可能な方法でディープラーニングモデルのテスト実行やパフォーマンスのベンチマークが行えることを意味しています。 最後に、AMI は Jupyter […]

Read More

利用可能になりました – Amazon Linux AMI 2017.09

Amazon Linux AMI の最新バージョン (2017.09) が、すべての AWS リージョンの現行世代の EC2 インスタンスで利用可能になったことをお知らせします。AMI には、EC2 上で実行するアプリケーションのために安定した安全で高性能な環境を提供するように設計された Linux イメージのサポートと保持が含まれています。 簡単なアップグレード 次の 2 つのコマンドを実行して既存のインスタンスをアップグレードし、再起動します。 $ sudo yum clean all $ sudo yum update 盛りだくさん AMI には多くの新機能が含まれており、そのうち多くはお客様のリクエストに応えて追加されたものです。概要は次をご覧ください。 Kernel 4.9.51 – Based on the 4.9 の安定したカーネルシリーズをベースにしたこのカーネルには、ENA 1.3.0 ドライバーと TCP Bottleneck Bandwidth and RTT (BBR) のサポートが含まれています。私の投稿 Elastic Network Adapter – High-Performance Network Interface for […]

Read More