AWS Data Exchange の料金

AWS のお客様は AWS Data Exchange で、クラウドのサードパーティーのデータを安全に交換および使用できます。AWS Data Exchange の利用料金は、データサブスクライバーまたはデータプロバイダーとして行うアクションによって異なります。

データサブスクライバー

データ製品の料金 (料金モデルによる)

サブスクリプションベースの製品: サブスクリプション料金をサポートする製品については、製品の詳細ページで、データプロバイダーが設定するサブスクリプション期間によって異なる料金のリストを確認することができます。サブスクリプションは、前払いで請求するように設定することも、スケジュールに基づいて請求することも可能で、適用される消費税も一緒に請求されます。

従量制ベースの製品: 従量制料金をサポートする製品については、製品の詳細ページで料金の情報を確認することができます。お客様は、暦月の使用量と、適用される消費税額を請求されます。

データ転送料金

AWS リージョン間でファイルベースのアセットをインポートまたはエクスポートする場合、標準的な Amazon Simple Storage Service (S3) 料金が適用されます。署名付き URL を使用してファイルベースのアセットをエクスポートする場合、インターネットへの標準的な転送レートが適用されます。データ転送のコストについては、Amazon S3 の料金を参照してください。

AWS のサービスコスト

データ製品の保存、処理、分析のために選択した AWS のサービスに対する料金が発生します。各サービスの料金は、お客様の料金プランに基づいて AWS アカウントに請求されます。  詳細については、AWS の料金表をご覧ください。

データプロバイダー

階層化された履行手数料

AWS Data Exchange では、お客様のデータ製品へのすべての新規サブスクリプションに対して AWS が収集した収益を、階層化された履行手数料として請求します。既にサブスクライバーがいる場合、Bring Your Own Subscription (BYOS) オファーを作成し、AWS 顧客との既存のサブスクリプションを追加コストなしで移行および履行できます。

データ製品に関連する料金

i) Simple Storage Service (Amazon S3) オブジェクトを含む製品の保管料

AWS Data Exchange は、お客様がサービスにロードしたデータを保存するために請求されます。ストレージ使用量はバイト時間を単位として測定され、その値を月末に合計してその月の請求額が計算されます。以下に示すように、AWS Data Exchange のコストが低い場所では請求額は安く、料金はデータのサイズとリージョンに基づいて請求されます。

料金例

たとえば、米国東部 (バージニア北部) にある特定の月の 31 日間すべてに 100 GB のデータセットがあり、そのデータセットに別の 100 TB を発行したところで、その月の残り日数が 16 日である場合、バイト/時間での使用量 4 京 2,300 兆 を累積したことになります ([100 GB x 31 日 × (24 時間/日)] + [100 TB × 16 日 × (24 時間/日)]、毎月のストレージ料金で 1,217.89 USD (GB/月あたり 0.023 USD) に値します)。

データ転送料金

AWS リージョン間でファイルベースのアセットをインポートまたはエクスポートする際には、標準的な S3 レートが適用されます。署名付き URL を使用してファイルベースのアセットをエクスポートする場合、インターネットへの標準的な転送レートが適用されます。データ転送のコストについては、Simple Storage Service (Amazon S3) の料金を参照してください。

ii) Amazon Redshift データ共有を含む製品の Amazon Redshift 料金

お客様は、Amazon Redshift 製品用の AWS Data Exchange を設定して使用するために、Amazon Redshift の追加料金を負担する場合があります。Amazon Redshift のデータ転送料金については、Amazon Redshift の料金を参照してください。

iii) API データセットを含む製品の Amazon API Gateway 料金

AWS Data Exchange for APIs を使用する場合、お客様は API Gateway の追加料金を負担する場合があります。追加料金については、Amazon API Gateway の料金を参照してください。

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

料金に関するサポートを受ける

個別のお見積もりをご希望の場合、AWS のスペシャリストに問い合わせる

AWS Data Exchange と繋がる

データセットを見つける
データセットを見つける
3,000 以上のサードパーティーデータセットを検索し、サブスクライブすることができます。
データエキスパートと話す
データエキスパートと話す
データエキスパートと話すことで、ビジネスを強化するソリューションを見つけることができます。
ワークショップに登録する
ワークショップに登録する
AWS Data Exchange の使用方法について、ハンズオンのガイダンスを受けることができます。
ニュースレターにサインアップ
ニュースレターにサインアップ
データ製品、機能などに関する最新情報を受け取ります。