優れたサービスを低コストで提供する AWS が価格性能比に優れていました。コスト効率の最も優れたソリューションを見きわめられるよう、AWS には既存環境を評価するための特別なツールが用意されています
Marco van den Berg 氏 最高情報責任者

1960 年に設立された、フィリピンのロスバニョスにある国際稲研究所 (IRRI) では、干ばつ、洪水、病気、および被害を及ぼす可能性のあるその他の事象に強いイネの品種が開発されています。IRRI はアジアとアフリカにある 17 のイネ栽培国に 1 千人を超えるスタッフを擁する非営利組織です。発展途上国の飢餓と貧困の根絶を目指した団体である国際農業研究協議グループ (CGIAR) のメンバーでもあります。

2012 年までに、IRRI では管理アクティビティの実施のために、地元で構成されたエンタープライズリソースプランニング (ERP) システムを使用してきました。しかし、そのオンプレミスシステムは統合されておらず、CGIAR のパートナーが世界全体の農業運営について一覧することが難しい状態でした。そこで IRRI とその他の構成団体は、共通の ERP システムを作成してコストを節減し、さらに緊密な連携を図り、トレーニングやソフトウェア開発アクティビティを協調させることを決定しました。「資金提供者の 1 人が、ある調査プロジェクトについて特定のタイプの進捗レポートを必要としたため、構成団体の 1 つがレポートを配信するモジュールを開発したとします。その機能を他の参加者も利用できるようにすることが必要でした」と IRRI の最高情報責任者 Marco van den Berg 氏は言います。

世界中のパートナーやオフィスから利用できる、統一されたシステムが求められていました。「IRRI の事務所は 18 か国にあり、バングラデシュには 150 人、インドには 120 人のスタッフがいます。スタッフは、効率的な運営を実現するため、資金、人的資源、プロジェクトの管理システムを更新する必要に迫られていました」と van den Berg 氏は説明します。また、このようなシステムをサポートするためには、新機能をすばやく開発し、新しい地域や団体にも簡単に拡張できる、柔軟かつ俊敏なインフラストラクチャが必要でした。

2012 年に、CGIAR のパートナーは共通の ERP システムを実現するためのホステッドインフラストラクチャを提供しているベンダーについての検討を実施しました。評価チームによる作業は 2013 年初めに完了し、価格と性能の両面でアマゾン ウェブ サービス (AWS) が競合他社より優れている、と評価を下しました。「優れたサービスを低コストで提供する AWS は価格性能比に優れていました。コスト効率の最も優れたソリューションを見きわめられるよう、AWS には既存環境を評価するための特別なツールが用意されています」と van den Berg 氏は言います。

ERP システムプロジェクトについては、IRRI とその他のパートナーによって AWS に新しい環境がデプロイされ、ソフトウェアの新しいリリース、データベースの新しいバージョン、オペレーティングシステムのアップグレードがテストされました。AWS アーキテクトと専門家からなる共有サービスチームがパートナーにより立ち上げられ、その資金提供のもとで 2013 年に実装がスタートしました。

このチームとパートナーは、プロジェクトを管理しやすい段階的アプローチを採用しました。マレーシアのペナンを拠点とする国際組織で、漁業や養殖により飢餓を減らす方法を研究している WorldFish が、この共同 ERP システムの利用を開始しました。続いて IRRI、さらにペルーのリマにある国際ポテトセンターが加わりました。チームでは "アシステッドビルド" アプローチが採用され、3 つの組織の間の共通基盤を探してシステムとプロセスを標準化し、各パートナーに固有の要件を満たすためには補完的なソリューションが使用されました。「共同のエンタープライズリソースプランニングシステムに移行するために、IRRI では資金、人的資源、プロジェクト、物資について従来の管理モジュールすべてを置き換え、履歴データを移行することが必要でした」と van den Berg 氏は言います。「最初に、3 団体のパートナーが 2014 年末までに新システムに移行しました」

このプロジェクトはいくつかの課題に直面しました。一部のパートナーでは、オンプレミス機器や資本支出に基づく予算アプローチへの依存度が高かったのです。クラウドベースの運営支出モデルに対応するために、ネットワーク、帯域幅、予算処理の改善が必要でした。

ERP システムは Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内で実行されているため、共有 AWS インフラストラクチャでの隔離とセキュリティが実現されています。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) によってウェブ、アプリケーション、およびデータベースのサーバーを実行するコンピューティングリソースが用意され、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) と Amazon Elastic Block Storage (Amazon EBS) によって運用データのストレージと短期アーカイブが実現されています。長期的なデータのアーカイブは、Amazon Glacier によって実現されています。コスト削減、パフォーマンス向上、ERP システムの拡張サポートのため、このパートナーでは引き続きインフラストラクチャの変更と最適化が進められています。「AWS Trusted Advisor サービスを使用して、エンタープライズリソースプランニングシステムのインフラストラクチャコストを何度か減らすことができました」と van den Berg 氏は言います。「さらに、現在 Amazon Route 53 によるドメイン名サービスの提供について調べています。また、スケーラビリティとパフォーマンスの向上のために、データベースを Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) で運用することも検討中です」

最近では、AWS サポートがビジネスサポートプランにアップグレードされました。このプランでは、AWS のテクニカルチームのメンバーがビジネスの問題解決を支援し、チームをトレーニングします。

IRRI とその他のパートナーが、共通 ERP システムを AWS で運用することにはいくつかの利点があります。新しいソフトウェアのリリースやバージョンをテストするときは、専用テスト環境を 2 時間で立ち上げることができます。「組織内の誰かのために仮想サーバーとオペレーティングを準備するのに、今では数分しかかかりません。以前はベンダーからのハードウェア提供を数週間待っていたものですが」と van den Berg 氏は言います。

現在のところ、パートナーでは、共同 ERP システムを AWS で運用することによって、技術インフラストラクチャのコストを全体で最大 30 パーセント節約しています。IRRI の場合、このシステム、ライブラリシステム、およびその他のアプリケーションを AWS にデプロイすることで節約できた資金が、ゲノム分析などのリサーチ活動に振り向けられています。

アクセシビリティも向上しました。インターネット接続さえ利用できれば、どのロケーションのパートナースタッフメンバーもクラウドベースの ERP システムにアクセスできます。「クラウドベースのエンタープライズリソースプランニングシステムを AWS で提供することによって、世界各地を移動する人や自国のオフィスで働く人に対するサポートや連携が向上しました。このサービスはまた、フィリピンの不安定な電源供給や、この地域を毎年襲う台風によるインフラストラクチャの被害などの影響を受けることなく、アクセスして利用できます」と van den Berg 氏は言います。

CGIAR のパートナーは、AWS のツールとテクノロジーを活用して、ERP システムに 99.999 パーセントの可用性を実現しており、スタッフは重要なビジネスデータが必要なときに必ず利用できるという安心感を得ています。

van den Berg 氏によれば、IRRI や CGIAR の他のパートナーにとって、AWS への移行は当初受け入れにくいことだったものの、その結果は非常に価値あるものでした。「監査人からサーバールームの視察を求められたときには、どこにあるのかわかりません、と言うしかありませんでした。関係する AWS の証明書や明細書を用意すると、それで納得してくれました」と van den Berg 氏は言っています。AWS への移行によって、一部のパートナーはリサーチプロジェクトを立ち上げるスピードを向上させられるよう、帯域と接続性への投資を増やすように促されました。

IRRI とその他のパートナーにとって、この ERP プロジェクトにはまだまだ進歩の余地があります。IRRI では、3 千種類のイネの品種について完全なゲノム配列を解読して公開し、衛星データを処理してアジアのコメの収穫状況を判定するプロジェクトに、AWS のツールやテクノロジーを活用することにしています。「AWS はこれまでも私たちにとって非常に役に立ってきました。今後、このプラットフォームを使って効率をさらに高め、新しいプロジェクトを立ち上げることを楽しみにしています」と van den Berg 氏は語っています。

AWS によってビジネスアプリケーションを活用する方法の詳細については、ビジネスアプリケーションの詳細ページを参照してください。