大部分の競合データウェアハウシングソリューションは、年間最大 100 万 USD のコストがかかります。対照的に、Amazon Redshift ならすべてを合計しても 100,000 USD に収めることができ、全体的なコストを約 90% 節約できます。 
Joel Cumming 氏 データ責任者

2009 年、カナダのウォータールー大学の優秀な学生が集まり、Kik Interactive を設立しました。同社のメッセージングサービスである Kik Messenger は、2 億 7,500 万人もの登録者に使用されており、そのほとんどは米国のユーザーです。Kik Messenger はテキスト、写真、および動画による幅広いメッセージング機能を無料で提供するだけでなく、ウェブコンテンツを検索し、それにアクセスするための統合ブラウザも備えています。Kik はさらに、組織がプラットフォーム上でウェブコンテンツを最適化して登録者に配信できるようにする開発者ツールも提供しています。

既存の登録者を保持しつつ、引き続きその数を増加させてゆくために、Kik のメッセージングサービスは、高速で応答性の高い、登録者がいつでも利用可能なものでなければなりません。Kik DevOps チームの責任者である Chris Fairles 氏は次のように述べています。「メッセージを間違いなくリアルタイムで送信する面で弊社は登録者から信頼をいただいており、弊社はその責任を重く受け止めています。できるだけ良いサービスを提供するため、弊社は、信頼性や安全性、登録者のニーズの変化に対応できる柔軟性に優れた技術に投資しています。」

さらなる課題として、Kik は登録者の声に耳を傾け、製品の最新の機能強化においてそのニーズが確実に満たされるようにしなければなりません。Fairles 氏は、さらにこう述べています。「お客様について、そしてお客様が弊社のサービスをどのように利用しておられるかについては、非常に多くのデータがあります。ただし、これらは大抵、ログファイルや社内の他のシステムの中で埋もれてしまっています。このデータを実際のビジネス上の洞察に変え、明確な裏付けのもとにすべての開発上の意思決定を下すため、弊社は最新のビッグデータの手法と技術に投資しています。」

Kik は、登録者に最高のエクスペリエンスを提供するため、社内サーバーを、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドでホストされているインフラストラクチャと組み合わせて使用しています。Fairles 氏は次のように話しています。「弊社はプロフィール画像や画像メッセージングから、動画メッセージングやアカウント管理にいたるまで、幅広い機能をユーザーに提供するため、AWS を利用しています。」

Kik の AWS アーキテクチャでは、クラウドベースのインフラストラクチャをオンデマンドでプロビジョンおよびデプロイするために使用する Amazon CloudFormation に、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、および Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を統合しています。Fairles 氏は、さらにこのように述べています。「AWS CloudFormation を利用することで、"マイクロサービス" アーキテクチャと呼ばれるものを導入し、すべての AWS インフラストラクチャをコードとして定義できました。近い将来、Amazon CodeDeploy も導入する予定です。これにより、標準化された IT スタックを迅速かつ簡単に稼働させることができ、手動による作業は事実上不要になります。」

Kik はさらに、AWS によって登録者に迅速で応答性の高いサービスエクスペリエンスを提供できています。「Amazon Direct Connect を利用することで、弊社の社内サーバーファームと AWS クラウド間のデータ交換を加速化できており、レイテンシーやストレスが最小限に抑えられています。さらに、Amazon CloudFrontAmazon Route 53 を活用して、登録者に最も近いエッジポイントにコンテンツを提供しているため、ユーザーがどこにいても、アプリケーションは超高速で、応答性に優れています。」と、Fairles 氏は語っています。

加えて、Kik はマイクロサービスアーキテクチャを使用することで、AWS を基盤とする高機能なデータ分析プラットフォームを作成し、付加価値のある新しい洞察をビジネスにもたらし、登録者のエクスペリエンスを最適化しています。これは、Amazon EC2、Amazon S3、および Amazon VPC に加え、コアデータウェアハウス機能を提供する Amazon Redshift に基づいています。

元の分析アクティビティのソースデータは数百テラバイトのログファイルデータであり、これは以前 Amazon S3 バケットに保存されていました。このログファイルが、Amazon Elastic Map Reduce (Amazon EMR) および Hadoop Pig スクリプトを使用して要約および処理され、次いで Amazon Redshift にロードされて、さらに圧縮されました。「始めはデータが 500 テラバイトもありましたが、今では管理する必要があるデータは 50 テラバイトで、業務は非常に楽になりました。」

Kik の AWS インフラストラクチャには Auto Scaling が統合されているため、同社はメッセージングサービスやその他のコンテンツをよりコスト効率のよい方法で提供でき、使用したコンピューティングおよびストレージのリソースに対する支払いだけで済んでいます。Fairles 氏はこのように述べています。「弊社の使用する AWS アーキテクチャは、トラフィックのピーク時には自動的にスケールアップし、トラフィックが収まってきたらまたスケールダウンします。つまり、使用したコンピューティングおよびストレージのリソースに対してのみ支払いを行うので、そうでない場合に比べて、ビジネスの利益はずっと大きくなっています。」

Kik は、AWS の利用によって登録者へのサービスの可用性も最適化できています。Fairles 氏は次のように語っています。「弊社の AWS アーキテクチャの各コンポーネントは完全に冗長化されているため、深刻な技術的障害が発生してもサービスをオンラインに保つことが可能です。また、AWS で複数のアベイラビリティーゾーンを使用し、1 つの AWS データセンター全体が利用不可になっても、登録者が弊社のアプリケーションを常に利用できるようにしています。」 

Amazon Redshift を利用することで、Kik Interactive は顧客や運営データから貴重な洞察を得ることもできています。Kik のデータ責任者である Joel Cumming 氏はこのように語っています。「異なるタイプのユーザーがどのように弊社のサービスを活用しているか、そしてユーザーのニーズや好みは何かを知ることができます。それから、この洞察を活用して、新しい開発プロジェクトに情報を伝え、サービスの問題点に取り組み、新しい市場にターゲットを据え、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供し、カスタマーチャーンを最小限に抑えます。」

Amazon Redshift を使用すれば、社内のハードウェア、ソフトウェア、サポートの要件がなくなり、このような洞察をより少ない支出で得ることができます。Cumming 氏はこのように述べます。「購入コストや継続的なメンテナンス費用、サポート費用を含めると、大部分の競合データウェアハウシングソリューションは、年間最大 100 万 USD のコストがかかります。対照的に、Amazon Redshift ならすべてを合計しても 100,000 USD に収めることができ、全体的なコストを約 90% 節約できます。」

最近、Redshift ハードウェアの無料アップグレードにより、Kik のデータウェアハウスのパフォーマンスが 30% 向上しました。Cumming 氏はこう述べています。「AWS のプラットフォームは継続的にアップグレードされており、以前よりも多くの洞察を、もっと高速にビジネスに提供できるようになっています。結果的に、より多くのデータをより多くのソースから取得し、お客様のニーズについての新しい洞察を得ることができるようになりました。しかも、これまでより少ないリソースでそれが可能なのです。」

Kik は最近、AWS Lambda をデプロイしました。Cumming 氏はこれを、同社におけるデータ分析の「次世代のフロンティア」であると言います。Cumming 氏はこう語ります。「とても興奮しています。AWS Lambda は、データサイエンスのアプリケーションを実行するのに必要なインフラストラクチャを、私たちの代わりに自動でプロビジョニングしてくれます。私たちはサーバーの面倒を見るのに時間を費やすのではなく、ビジネスに洞察を提供し、ユーザーのエクスペリエンスを向上させるという、専門の業務に集中できるのです。」

Kik は AWS Lambda と共に、Amazon API GatewayAmazon DynamoDB を活用しています。これらは、企業全体の社内サービスが、必要なデータにすぐにアクセスできるようにするものです。Cumming 氏のコメントは次のとおりです。「API Gateway により、弊社の製品内の複雑な統計モデルやパーソナライゼーションを非常に迅速に仕上げることができます。弊社の社内データ API の最初のイテレーションは、DynamoDB、Lambda、および API Gateway で非常に迅速に作成できました。今では、Kik のサービスを以前にはできなかった形でパーソナライズおよびスケールできるようになりました。

AWS がデータ管理のコストを削減するうえでどのように役立つかに関する詳細は、ビッグデータの詳細ページを参照してください。