Supership株式会社は、広告事業・インターネットサービス事業・プラットフォーム事業の複数事業を展開しております。インターネットサービス事業では、月間 5,000 万PV、ユニークユーザー数 1,100 万人を誇る日本最大級のハウツー情報提供サービス「nanapi」を展開するとともに、Google Play 2014 ベストアプリを受賞した即レスコミュニティアプリ「アンサー」を提供しています。

弊社サービス事業本部ではインフラエンジニアが少数ということもあり、できるだけ初期投資と管理コストを抑えていこうという動きがありました。また、新規サービスを提供するにあたっては、どれだけサービスが成長するかわからないため、小さく始めて、サービスが発展した際には変更も容易な環境で構築したいという要望がありました。

supership_image

こうした考え方のもと、前述の Answer というサービスの立ち上げ時にインフラを検討した際、AWS は情報量が他社と比べて圧倒的に多く、プログラマブルにインフラを制御できるという点が大変魅力的でした。また、AWS の Auto Scaling という機能を利用すると、サーバーが重くなった場合自動的にサーバーが追加されるため、少人数でインフラ運用を行わなければならないサービス事業本部にとって最適だと判断し、AWS クラウドを導入することとなりました。

実装に入ってからは各エンジニアが Amazon DynamoDB や Amazon CloudSearch などを検証して導入まで至りました。検証の際も気軽に検証環境が用意できるのはまさにクラウドという印象でした。

本番環境における可用性の記録の際は New Relic や Nagios で簡易的に記録していますが、可用性の保障のために Availability Zone を利用し、物理的な分離を行っています。また、基本的に AWS の機能を使い、運用するサーバーをできるだけ持たないことで管理コストを必要最低限にし、サービスのクリティカルな部分に集中できるように意識しています。

現在、実際の本番運用では AWS サポートのビジネスプランも利用しています。サービス事業本部ではインフラエンジニア以外もサポートに問い合わせをすることが多々ありますが、AWS のサポートセンターの回答は的確で非常にわかりやすい印象を受けています。

jp_diagram_supership_1024x824

AWS には素晴らしいサービスがいくつもありますが、管理という面で SecurityGroup は素晴らしい機能だと思っています。今まではサーバー内に入り、ネットワーク設定を確認したり、独自スクリプトで監視していました。しかし、AWS では API からの操作や、細かな権限設定ができるため、アプリケーションエンジニアでも簡単にサーバーの状態を把握することができます。サービス事業本部ではコードの可視化を意識した開発を行っているのですが、インフラさえも可視化できるという点は非常に素晴らしい機能だと思っています。

コスト削減についても、様々な面で実感しています。サーバーコストはオンプレミスと比較すると数百万円単位で違いがありますし、他社のクラウドと比較と各 AWS サービスを活用することにより導入コストが大幅に削減することができました。ランニングコストについてもスケールアウトにより大幅に削減することができています。

また、インフラ専属エンジニアが少ないサービス事業本部では、当初人的リソースの枯渇が常に発生していたのですが、AWS を利用することにより、API による調査の簡略化やアプリケーションエンジニア自身も調査ができるようになり、運用コストが大幅に削減することができています。

こうしたコストやセキュリティ面に加えて、サービス提供のスピードが向上したという点も大きなメリットだと感じています。AWS ではサーバーを容易に調達できるため、開発者が迅速に検証、開発へと進めることができます。

リソース追加が必要になった際も、必要な時に必要な分だけサーバーを立ち上げることができます。以前 Yahoo! Japan! 様のトップページにサービスが掲載され、通常時の 5 倍以上の突発的なアクセス増加があった際も、負荷状況にあわせて自動的にサーバー台数が増えるため、予測不可能なアクセスに対応することができました。現在では、さらに高速なリソース検知を実現するため、Amazon SQS を使用した独自検知システムを作成し、高速にサーバー増加を実現しています。

インフラエンジニアだけでなく、各アプリケーションエンジニアも AWS CloudFormation を利用することにより、必要な時にすぐに自分だけの環境を構築し、必要がなくなったら削除できるため、迅速に次のアクションに移ることができます。

海外展開を行う際も AWS はインフラ調達や選定の壁を感じる必要なく容易に展開することができます。「IGNITION」というサービスの海外展開を行うことが決まった際、AWS を利用することで国内とほぼ同じような状態で海外のリージョンでインフラを立ち上げることができました。サービスの提供にあたっても Amazon CloudFront を利用することで、ユーザーに最も近い箇所でのコンテンツの配信が可能となったため、レイテンシーを意識する必要がないのはとても助かっています。

また、これは思わぬ副産物だったのですが、サービス事業本部のアプリケーションエンジニアからインフラが可視化されたという声が多く上がっています。AWS によりインフラが可視化されるため、アプリケーションエンジニアはトラブル時の迅速な問題解決を行い、開発効率を改善することができるようになっています。

AWS の運用は2年ほどになりますが、現在では既存のサービスはほぼ全て AWS に載せ替えることができたため、AWS 中心でサービスが稼働しています。今後もサービス事業本部では新しいサービスを提供していきますが、インフラは AWS で検討したいと考えています。

AWS では多くのサービスが提供されていますが、現状まだ一部のサービスでしか使えていない Amazon DynamoDB をさらに利用していきたいと考えています。また、今後展開する動画サービスでは Amazon Elastic Transcoder、つい先日リリースした Docker を使ったサービスでは Amazon ECS の利用も検討しています。

 

クラウドを導入していない方には一度クラウドの良さを体験していただきたいです。その上で他社との検討をして、AWS の素晴らしさを知っていただければと思います。他社でクラウドを利用している方は AWS での運用をオススメします。

クラウドの良さの一つは、最初は小規模に始め大きくなってきたら少しずつ拡張していくことが出来る点です。AWS の強さは他のクラウドにはない、拡張時の容易さだと思っています。

また、何より展開しているサービスが多く、実現したいものを簡単に実装できるという点も魅力だと思います。

他社との比較で高い印象を受けがちですが、AWS の利用に慣れてくると運用コストを削減する方法もあります。管理コストの削減や開発コストの削減は最終的に大きなメリットになると考えています。

 

- Supership株式会社 サービス事業本部 大西 時雨 様