バックアップと復元

AWS を使って、スケーラビリティ、耐久性、安全性に優れたデータ保護ソリューションを構築する

世界規模でデータ量が急増しているため、これまで以上にバックアップ管理が難しくなってきました。テープライブラリやセカンダリサイトといった従来の方法は時代遅れとなり、多くの企業はバックアップ先をクラウドに拡げつつあります。クラウドはスケーラビリティに優れていますが、クラウド対応のバックアップソリューションを構築するには、既存の IT 投資、復旧目標、さらには利用可能なリソースを慎重に検討する必要があります。

この点において、アマゾン ウェブ サービス (AWS) が役に立ちます。当社は大規模なストレージサービス、データ転送メソッド、ネットワーキングオプションを提供して、比類のない耐久性と安全性でデータを保護するソリューションを構築しています。AWS Backup の利点ストレージとバックアップ向けの AWS パートナーネットワークユースケースお客様導入事例バックアップのアーカイブと災害復旧への進化について詳細をご覧ください。

AWS でバックアップと復元を行うとどんな利点がありますか? (0:59)

AWS でバックアップ先をクラウドに拡張することで、お客様が得られる利点についての詳細をご覧ください。

AWS クラウドへのバックアップの利点

データの耐久性

99.999999999% のデータ耐久性でバックアップを保護します。Amazon S3 と Amazon S3 Glacier にアップロードされたすべてのデータはコピーが作成され、1 つの AWS リージョン内の 3 つ以上のデバイスに保存されます。ベストプラクティスに従った場合でも、オンプレミスの機能は、弊社のグローバルな規模と安全性の観点から AWS の耐久性に匹敵するものではありません。

柔軟性とスケーラビリティ

データ要件が変わっても、バックアップリソースを数分で拡張します。AWS を使用すれば、ストレージインフラストラクチャを拡大するために、テープ、ディスク、その他 IT リソースの調達に延々と時間をかける必要がなくなります。必要に応じた拡張が可能なため、運用の柔軟性、革新性、ビジネスの機敏性を向上させることができます。

コスト効率性

EFS 低頻度アクセス、S3 標準 – 低頻度アクセス、S3 1 ゾーン – 低頻度アクセス、S3 Glacier、S3 Glacier Deep Archive を含む EFS および S3 ストレージクラス、従量課金制の料金設定、コスト管理ツール、データのライフサイクルポリシーを効率よく利用しましょう。このような機能により、パフォーマンスレベルを下げることなく、高いコスト効率で、クラウド上のデータを保護することができます。総所有コストとデータセンターフットプリントを削減するために、まずはバックアップを AWS に送信してください。

すべてのデータ型のバックアップ

AWS を使用して、すべてのデータ型をバックアップします。オブジェクト (Amazon S3 および Amazon S3 Glacier)、ファイル (Amazon Elastic File System)、およびブロック (Amazon Elastic Block Storage) のストレージサービスは、業界トップレベルのスケーラビリティ、可用性、耐久性、およびセキュリティをサポートしているため、お客様のバックアップは保護され、必要に応じて取り出すことができます。詳細はこちら »

セキュリティとコンプライアンス

最も厳しいセキュリティが要求される企業向けに構築されたデータセンターとネットワークアーキテクチャでバックアップを保護します。AWS セキュリティサービスで、アクセス権の管理、不規則な活動の検出、データの暗号化、監査の実行を行います。さらに、AWS はコンプライアンスプログラムを維持し、お客様がすべての規制要件を満たすよう支援します。

データ転送メソッド

AWS を使用して、インターネット (Amazon Direct Connect および S3 Transfer Acceleration) 全体でデータ転送を最適化するには、オフラインでペタバイトからエクサバイトのデータを移行し (AWS SnowballAWS SnowmobileAWS Snowball Edge)、AWS Storage Gateway をデプロイしてオンプレミス運用を AWS に接続します。詳細はこちら »

Ebook

AWS へのバックアップ
成長中のデータストアの保護、セキュリティと耐久性の向上の詳細についてはこちら

AWS Partner Network をストレージとバックアップに使用する

AWS パートナーネットワーク (APN) はクラウドコンサルティングおよびテクノロジープロバイダの最も大きなコミュニティです。APN パートナーは全社、AWS プラットフォームの技術的専門知識を実証済みで、各社の製品およびサービスはお客様への導入事例があります。AWS ストレージコンピテンシーパートナーは、プライマリストレージ、バックアップと復元、災害対策、およびデータアーカイブ用に AWS 統合ストレージソリューションを提供しています。こういったパートナーとの協力は、お客様の組織が、AWS クラウドにデータを送信する機能をデプロイして耐久性の高いストレージと保護を実現する際の助けとなります。特に組織がレガシーインフラストラクチャやアプリケーションを管理している場合はなおさらです。

もう 1 つのカスタマーリソースとして、1,100 を超える独立系ソフトウェアベンダーの 3,500 以上のソフトウェアリストを提供するオンラインカタログ、AWS Marketplace があり、市販のクラウドストレージソリューションを検索、購入、デプロイすることができます。表示されるすべてのソリューションは各種 AWS ストレージサービスをサポートしており、すぐにデプロイして使用することができます。

AWS Partner Network とストレージコンピテンシー (0:50)

パートナーと協力して AWS にデータをバックアップする方法をご覧ください。

一般的なバックアップユースケース

ハイブリッドクラウドバックアップ

お客様は、クラウドコネクタとゲートウェイを使用して、オンプレミスデータを AWS クラウドにバックアップし、耐久性のあるデータ保護を行うことができます。

テープ装置の置き換え

AWS Storage Gateway を使用して仮想テープライブラリを作成することで、調達サイクルやエラー発生の傾向があるプロセスの監視責任を排除することができます。

データベースのバックアップ

多数の AWS データベースサービス (リレーショナルおよび非リレーショナル) には、データやアプリケーションを保護する自動バックアップ機能が搭載されています。 

データのライフサイクル管理

Amazon S3 では、さまざまなストレージクラスを用意しており、頻繁にアクセスしないデータは従量制の料金体系で保存できます。ライフサイクルポリシーを使用して、階層化を自動化、またはオンデマンドでこれを行います。

グローバルデータの耐障害性

Amazon S3 では、コンプライアンス、安全性、災害対策、その他ユースケースの目的に合わせて、異なる AWS リージョンのデータをレプリケーションできるよう、クロスリージョンレプリケーションを提供しています。

アーカイブとコンプライアンス

データ保持要件のある組織では、WORM 制御を強制する機能を備えた Amazon S3、S3 Glacier、および S3 Glacier Deep Archive を利用して、低コストで長期保存を実現できます。

お客様導入事例

キング郡の導入事例

キング郡では、長期アーカイブとバックアップソリューションに AWS を使用しています。

キング郡の導入事例を読む >>

Thomson Reuters での導入事例

Thomson Reuters は、Amazon S3 を活用して、永続的なバックアップを保存および保護しています。

Thomson Reuters での導入事例を読む >>

Unilever の導入事例

Unilever は、Amazon S3 と Amazon EBS スナップショットを使用して、クラウドにあるバックアップデータを保護しています。

Unilever の導入事例を読む >>

Hess の導入事例

Hess は、Amazon EBS スナップショットを使用して夜間バックアップを作成し、長期アーカイブ用のデータベースバックアップを Amazon S3 および S3 Glacier ストレージクラスに保存しています。

Hess の導入事例を読む >>

バックアップだけで終わらない進化

アーカイブ

バックアップを AWS クラウドに保存すれば、コスト効率良くアーカイブすることができます。S3 Glacier および S3 Glacier Deep Archive は、99.999999999% の耐久性を提供するように設計され、データ保持に関連するコンプライアンス要件を満たす機能を持っています。S3 Glacier は 1 か月あたり 0.004 USD/GB、S3 Glacier Deep Archive は 1 か月あたり 0.00099 USD/GB の費用がかかります。

詳細はこちら »

災害対策

AWS でバックアップデータを保持するもう 1 つの利点は、バックアップソリューションを災害対策用に進化させるクラウドネイティブツールにアクセスできることです。AWS サービスを使用してオンプレミス環境を再構築し、自然災害や障害時における回復性を取得します。

詳細はこちら »

AWS の使用を開始する

AWS アカウントにサインアップする

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠をすぐに利用できます。
簡単なチュートリアルで学ぶ

10 分間のチュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学びましょう。
コンソールで構築を開始する

AWS で構築を開始する

ステップバイステップガイドに従って構築を開始すれば、 AWS プロジェクトを立ち上げることができます。

バックアップ関連の AWS サービスについては

AWS Backup と復元のサービスを参照する
構築の準備はできましたか?
AWS の使用を開始する方法
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ