連邦政府向けクラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングによる政府の業務の変革

AWS クラウドでは、米国連邦政府独自の要件と使命を支えるセキュアかつスケーラブルで費用対効果の高いソリューションを提供しています。AWS クラウドサービスを導入することで、民間機関、インテリジェンスコミュニティ、国防総省全般にわたって必須の要件を満たしてコストを削減し、効率を高めてイノベーションを強化することができます。クラウドコンピューティングでは、従量課金制モデルを使用して、専門家によって管理されている最新の技術リソースにアクセスすることができます。インターネット経由で AWS のサービスにアクセスし、初期費用 (資本投資) は不要です。必要なときに使用したコンピューティングリソースのみの料金を支払います。

AWS の方法

利点

セキュリティ

最も要求の厳しい情報セキュリティ要件を満たすための包括的なセキュリティ機能。

詳細はこちら »

隔離されたプライベートなリソース

アプリに適した分離のレベルを選択し、既存のリソースと統合します。

詳細はこちら »

コンプライアンス

多様なコントロール、監査、および広範なセキュリティ認定により、FedRAMP、CJIS、HIPAA、FERPA に準拠できるようにします。

詳細はこちら »

ハイブリッド

VMware および AWS Outposts を使用してオンプレミスインフラストラクチャをクラウドに拡張するハイブリッド IT アーキテクチャを構築します。

詳細はこちら »

政府機関におけるクラウドの購入方法

クラウドコンピューティングサービスを購入する際に求められるスキルや戦略は、従来の IT 購入とは異なります。クラウドに移行する心づもりはあるものの、実践的なガイダンスを求めていますか。 AWS の専門家は、多くの政府機関の IT リーダーによる、各機関に適した取得アプローチの選択をサポートしてきました。

ユースケース

  • 合理化されたデータ転送
  • 災害対策およびビジネス継続性
  • データ分析および管理
  • コンプライアンス
  • 合理化されたデータ転送
  • 合理化されたデータ転送

    Kinesis Firehose ではデータを S3 に取り込みます。S3 はその未加工データ、事前処理済みデータ、後処理済みデータをデータレイクとして保持します。Amazon EMR、Amazon Athena、Amazon Redshift、または Amazon Redshift Spectrum を使用してクエリを実行します。Amazon QuickSight を使用してデータを視覚化し、十分な知識に基づいて意思決定します。機械学習 (ML) ワークロードを実行する場合は、Spark ML、Python、および MXnet を使用して ML クエリを実行できます。その分析の結果を使用して、ターゲットの精度を高め、ターゲティングアルゴリズムを最適化します。

    合理化されたデータ転送

    AWS の機械学習

    AWS では、お客様のビジネス向けに機械学習 (ML) や 人工知能 (AI) の極めて充実した幅広いサービスを提供しています。AWS では、お客様に代わって、すべての開発者が ML を利用する上で直面する最も困難な課題を解決することに焦点を当てています。

    詳細はこちら »

    ブログ: 機械学習を使って市民や学生の感情に耳を傾ける

    ツイートを翻訳できるだけでなく、発言の内容や感情、話の対象となる主要な人物、場所、組織、および事柄についても理解することができます。これらを行うために、高度なデータサイエンススキルは必要ありません。また、そのようなスキルを持つチームを採用する必要もありません。

    詳細はこちら »

    AI/ML オンラインセミナーシリーズ

    AWS のオンラインセミナーは、AI/ML の経験がほとんどない IT 実務担当者や CIO、CTO、CSO、データサイエンティスト、エンジニアが、最善のユースケースを見つけ、PoC (概念実証) を構築できるようにサポートします。

    詳細はこちら »

  • 災害対策およびビジネス継続性
  • 災害対策およびビジネスの継続性

    予期しないイベントが発生した場合、特に複雑なシステムを備えている組織では、ビジネスと評判に対する影響が長期に及ぶ可能性があります。AWS では、システムの安全性と冗長性をサポートするために災害対策とビジネス継続性のプロトコルを構築するツールを提供しているため、物理的な別のサイトに費用をかけずに組織を保護することができます。

    災害対策およびビジネス継続性

    オンデマンドウェビナー

    データは組織の最も戦略的な資産であり、その保護は最優先事項となります。連邦機関、教育機関、非営利団体、州および地方自治体は、自然災害やサイバー攻撃などの脅威からデータを保護し、利用可能かつ安全に保つ必要があります。

    詳細はこちら »

    Ebook: AWS を使用したバックアップと復元

    この eBook では、テープライブラリやセカンダリフェイルオーバーサイトの保守を伴う従来のバックアップ戦略を使用するのではなく、AWS にデータをバックアップすることでビジネス上の高レベルのメリットを提供します。

    詳細はこちら »

    ビデオ: 災害対策計画におけるリスクの軽減戦略

    災害耐性をすべてのアプリケーションに組み込み、ビジネスの継続性、セキュリティ、インスタントフェイルオーバーのサポート、障害対策シナリオにおける高可用性を実現する方法について説明します。

    詳細はこちら »

  • データ分析および管理
  • データ分析および管理

    AWS では、最も包括的なデータ管理プラットフォームと数多くのパートナーソリューションによって、収集、取り込み、処理、分析、短期間の保存、およびアーカイブといったデータのライフサイクル全体を最適化できます。リアルタイムのストリーミングと分析、ペタバイト規模のウェアハウス、ビジネスインテリジェンスツール、および機械学習に対応する高度な機能も提供しています。データ分析および管理の詳細は、こちらを参照してください。

    データ分析および管理

    AWS のデータレイクと分析

    AWS が提供するデータレイクでは、さまざまな種類のデータと分析アプローチを組み合わせて、さらに深い洞察を得るために必要なスケール、敏捷性、および柔軟性を実現します。

    詳細はこちら »

    ブログ: 無制限の分析: FINRA のスケーラブルで安全なビッグデータアーキテクチャ – パート 1

    クラウドが登場する以前は、固定容量やプロビジョニングのリードタイムが分析の妨げになっていました。AWS を使用することで、アナリストやデータサイエンティストの要求を満たせるようにオンラインストレージをシームレスに拡張し、コンピューティングを動的にスケーリングして、市場規模の急増に対応できるようになりました。

    詳細はこちら »

    ブログ: 無制限の分析: FINRA のスケーラブルで安全なビッグデータアーキテクチャ – パート 2

    クラウドに移行するため、最初にいくつかの質問の解決に取り組みました: 安全性は十分に確保されていますか? セキュリティおよびガバナンスコントロールはどのように実施されますか? また、クラウドインフラストラクチャでセキュリティ体制を強化できますか?

    詳細はこちら »

  • コンプライアンス
  • 自動化されたコンプライアンス環境

    AWSでは、ルールベースの自動化されたコンプライアンスを実現し、お客様が FedRAMP High、DOD SRG IL 2、4、5、CJIS、ITAR、HIPAA など、さまざまなコンプライアンス要件および規制要件に対応できるようにしています。組織レベルでは、組織全体で AWS インフラストラクチャをプロビジョニングおよび設定する方法に関するルールを作成できます。特定のプロジェクト用のインフラストラクチャを構築する場合は、再利用可能なテンプレートを作成して、開発とテスト、本番、検証作業における一貫した環境を実現できます。デプロイ後も、AWS には、発生したイベントを継続的にテスト、モニタリング、および記録するためのツールがあります。これらのツールを使用して、企業ポリシーからの逸脱を迅速に検出し、発生時にアラームを鳴らすことができます。

    自動化されたコンプライアンス環境

    AWS クラウドセキュリティ

    クラウドセキュリティは AWS の最優先事項です。AWS のお客様は、最もセキュリティ意識の高い組織の要件を満たすよう構築されたデータセンターとネットワークアーキテクチャを利用できます。

    詳細はこちら »

    AWS コンプライアンス

    Amazon では、セキュリティおよびコンプライアンスプログラムの成功は、他のあらゆる分野と同様に主に 1 つのこと、すなわちお客様の成功によって測定されます。AWS のお客様の要求に応じて、安全でコンプライアンスの高いクラウド環境を運用できるように、コンプライアンスレポート、証明、および認証のポートフォリオを推進しています。

    詳細はこちら »

    ブログ: 政府機関の業務向けに構築されたクラウドセキュリティ

    AWS クラウドは、運用認定、サードパーティーの証明、および認証によって幅広く示されているように、米国政府の利用者向けに提供されている Public、For Official Use Only (FOUO)、Sensitive、Secret、および Top Secret ワークロードすべてに対応する唯一のサービスです。

    詳細はこちら »

    AWS GovCloud

    AWS GovCloud (米国) は、政府機関のお客様およびそのパートナーに、インパクトレベル 2、4、5 の国防省 (DoD) クラウドコンピューティングセキュリティ要件ガイド (SRG)、FIPS 140-2、FedRAMP 高ベースライン、その他のコンプライアンス要件に準拠した安全なクラウドソリューションを設計するための柔軟性を提供します。

    詳細はこちら »

導入事例

米国退役軍人省 (VA)

Vets.gov は AWS 上で運用されており、VA が商用クラウドプロバイダーの本番稼働環境での運用を初めて承認した商品です。ウェブサイトは、AWS GovCloud (米国) リージョンでホストされています。

詳細はこちら »

メディケア・メディケイドサービスセンター (CMS)

CMS では、50 の州から 5 年分以上の合計 72 テラバイトのデータをクラウドに取り込んでいます。これまでは、これにより「ログジャム」が発生して、その機関のオンプレミスデータセンターではデータが取り込めないことがありました。

詳細はこちら »

アメリカ海洋大気庁 (NOAA)

日食の 3 日前、NOAA は、何十万人ものユーザーが気温の急激な変化を確認するために、自分たちのウェブサイトへのアクセス数が急増すると予測していました。Amazon CloudFront を使用することで、NOAA はユーザーに迅速にページを公開することができ、混乱を避け、コストも低く抑えることができました。

詳細はこちら »

スミソニアン協会

スミソニアン協会のデータサイエンスチームは、AWS を使用して、必要に応じてインスタンスをスケーリングすることで、チームが並行してゲノムアノテーション処理を行いながらコストを管理できます。AWS クラウドにより、スミソニアン協会はオープンデータサイエンスを通じて研究を共有し、知識を高めることができました。

詳細はこちら »