Amazon Web Services ブログ

Amplifyで構築したバックエンドをCDKで出力して既存のデプロイパイプラインで使用する新機能「エクスポート」のご紹介

この記事は、Export Amplify backends to CDK and use with existing deployment pipelines を翻訳したものです。 AWS Amplifyは、Amplify CLIで生成されたバックエンドをAWS Cloud Development Kit (CDK)スタックとしてエクスポートし、既存のCDKデプロイメント・パイプラインに組み込む機能を発表しました。この新機能により、フロントエンド開発者はアプリのバックエンドを迅速に構築し、リリースの準備毎に、DevOpsチームと連携し本番環境にデプロイすることができます。 注意:これは上級者向けのトピックとなるため、まずAmplify’s getting started guideとAWS CDK’s getting started guideを終えることをお勧めします。このガイドでは、既存のCDKベースのデプロイメントパイプラインの使用に焦点を当てています。また、Amplifyで生成されたバックエンドリソースをCDKでカスタマイズする新機能 「オーバーライド」のご紹介や、AWS CDKまたはCloudFormationを使用し、カスタムAWSリソースでAmplifyバックエンドを拡張する新機能「カスタム」のご紹介もご覧ください。 AWS Amplifyは、AWS上でクラウドを活用したモバイルやWebアプリケーションを最速かつ簡単に構築することができます。Amplifyは、フロントエンドのWebおよびモバイル開発者がAWSサービスのパワーを活用して、革新的で機能豊富なアプリケーションを構築できるようにするツールとサービスのセットで構成されています。AWS Amplify CLIは、フロントエンド開発者がクラウド上でアプリのバックエンドを作成するためのコマンドラインツールチェーンです。AWS Cloud Development Kit(AWS CDK)は、使い慣れたプログラミング言語でクラウドインフラストラクチャを定義するための、オープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。CDK Pipelinesは、AWS CodePipelineを利用して、CDKアプリケーションの継続的なデプロイメントパイプラインを簡単にセットアップすることができる高レベルコンストラクトライブラリです。 多くの開発者は、既存のDevOpsガイドラインやツールと一緒にAmplifyを使用するための機能を必要としています。例えば、組織によっては、アプリを本番環境にデプロイする際に、組織のDevOpsやセキュリティのガイドラインを遵守しながら既存のデプロイシステムを使用することを求められます。フロントエンドの開発者は、Amplify CLIを使用してアプリのバックエンドに対して迅速にイテレーションを行い、各本番デプロイの前に、amplify export を実行して、既存のデプロイメントシステム用にエクスポートされたAmplifyバックエンドを提供することができます。また、新しい「Amplify Exported Backend」CDKコンストラクトは、DevOpsエンジニアがたった数行のコードで、Amplifyで作成したバックエンドをデプロイステージとして組み込むこともできます。 この記事で学習する内容 Amplifyを使って数分でアプリのバックエンドを構築し、CDKにエクスポートする方法 エクスポートしたAmplifyのバックエンドを、既存のCDKスタックやパイプラインで使用する方法 前提条件 最新のAmplify CLIをインストールされていること。バージョン7以上が必要です。 ターミナルを開き、npm i -g @aws-amplify/cli […]

Read More

新しい Amazon EC2 M1 Mac インスタンスを使用して、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、および Apple TV 用のアプリケーションを構築およびテストする

昨年の AWS re:Invent で、Jeff Bar は Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Mac インスタンスが利用可能になったという心が躍るような記事を著しました。2021 年 12 月 2 日(米国時間)、新しい EC2 M1 Mac インスタンスのプレビューを発表しました。 EC2 Mac インスタンスの提供開始により、すべての Apple デベロッパーは、AWS の柔軟性、スケーラビリティ、およびコストメリットの恩恵を享受できるようになりました。EC2 Mac インスタンスは、Thunderbolt を介して AWS Nitro System に接続された専用 Mac mini コンピュータです。これにより、 Mac mini は別の EC2 インスタンスのように表示され、動作することができます。このインスタンスは Amazon Virtual Private Cloud (VPC) に接続し、Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームから起動し、EBS […]

Read More

AWS Graviton2 プロセッサと NVIDIA T4G Tensor Core GPU を搭載した Amazon EC2 G5g インスタンス

AWS Graviton2 プロセッサは、Amazon EC2 で最高の料金パフォーマンスを実現するために AWS によってカスタム設計されています。数千ものお客様が、Graviton2 ベースのインスタンスを利用して、さまざまなワークロードで大幅な料金パフォーマンスの改善を実現しています。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、Graviton2 の料金パフォーマンス上のメリットを、グラフィックスアプリケーションや機械学習推論などの GPU ベースのワークロードにまで拡張する Amazon EC2 G5g インスタンスの一般提供の開始を発表しました。G5g インスタンスは、Graviton2 プロセッサに加えて NVIDIA T4G Tensor Core GPU を備えており、最大 25 Gbps のネットワーク帯域幅と 19 Gbps の EBS 帯域幅で、Android ゲームストリーミング向けに最高の料金パフォーマンスを提供します。 これらのインスタンスでは、x86 ベースの GPU インスタンスと比較して、Android ゲームストリーミングのストリームごとの 1 時間あたりのコストを最大 30% 低く抑えることができます。費用対効果の高い推論を求めていて、CPU パフォーマンスの影響を大きく受ける機械学習モデルを持ち、NVIDIA の AI ライブラリを活用する機械学習デベロッパーにも G5g インスタンスは最適です。 G5g インスタンスは、以下に示すように […]

Read More

新しい Amazon Inspector – クラウドワークロード向けの脆弱性管理が改善および自動化

Amazon Inspector は、あらゆる規模の組織がセキュリティ評価と管理を大規模に自動化するために使用するサービスです。Amazon Inspector は、意図しないネットワークへの露出、ソフトウェアの脆弱性、およびアプリケーションセキュリティのベストプラクティスからの逸脱がないかどうかをスキャンして、組織が AWS にデプロイされたワークロードについてのセキュリティとコンプライアンスの要件を満たすのをサポートします。 2015 年の Amazon Inspector のリリース以降、クラウドのお客様にとっての脆弱性管理は大きく変化しました。過去 6 年間を超える期間にわたって、評価レポート、プロキシ環境のサポート、Amazon CloudWatch メトリクスとの統合など、チームはお客様からのご要望があった新しい機能をいくつか提供してきました。しかし、チームは、大規模かつフリクションレスなデプロイの実現、評価が必要な幅広い一連のリソースタイプのサポート、迅速な検出と修復についての重要なニーズなど、満たすべき新たな要件があることも認識していました。2021 年 11 月 29 日(米国時間)、以下の機能でこれらの要件を満たすことができる、新しい Amazon Inspector を発表します。

Read More

AWS Compute Optimizer の新機能 – コスト削減の機会とパフォーマンスのリスクを見積もるためのリソース効率に関するメトリクス

AWS Compute Optimizer は、クラウドでさまざまなワークロードを実行してきた Amazon の経験から得られた知識を応用することで、ワークロードパターンを特定し、最適な AWS リソースを推奨します。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、AWS Compute Optimizer が、お客様が AWS リソースをどれだけ効率的に使用しているかを評価するのに役立つレコメンデーションとともに、リソース効率に関するメトリクスを提供するようになったことをお知らせします。

Read More

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第十一回「クラウド編集 / クラウドレンダリング」

2021/11/24 にメディア業界のお客様向けに AWS 勉強会を開催いたしました。第十一回は従来、場所や時間に縛られていた映像編集や CG/VFX レンダリングについて、働き方改革やコロナ禍の影響もありクラウド化が進む中で見えてきたメリットや最新のソリューションをご紹介しました。資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクからご利用頂けますので、合わせてご確認ください。

Read More

新機能 – Amazon CloudWatch のリアルタイムユーザーモニタリング

私は 2009 年に New Features for Amazon EC2: Elastic Load Balancing, Auto Scaling, and Amazon CloudWatch というタイトルのブログ記事を投稿しました。その投稿では、Amazon CloudWatch が高いスケーラビリティと可用性を備えたアプリケーションを構築するのにどのように役立つかについて説明しました。また、デプロイやメンテナンスなしで、メトリクスをコスト効率よくリアルタイムで可視化できることについて記載しました。そのリリース以降、同じ目標を念頭に置いて、多くの新機能を CloudWatch に追加してきました。例えば、昨年、CloudWatch Synthetics を使用して、サイト、API エンドポイント、ウェブワークフローなどをモニタリングする方法をご紹介しました。 リアルユーザーモニタリング (RUM) 次の大きな課題 (および現在取り組んでいる課題) はウェブアプリケーションのモニタリングです。これは、パフォーマンスを把握し、ユーザーに最適なエクスペリエンスを提供することを目標としています。ブラウザの種類、ブラウザの設定、ユーザーの所在地、接続など、関連する変数の数が多いため、現在実行できるのは模擬テストまでです。ユーザーにとって本当に重要なのは、ユーザーにもたらされるエクスペリエンスです。それこそが、お客様の実現過程において当社がサポートしたいと考えていることです。

Read More

AWS Well-Architected カスタムレンズの発表: 内部のベストプラクティスを使用して Well-Architected フレームワークを拡張する

当社は、2015 年に AWS Well-Architected Framework を公開しました。このフレームワークは、アーキテクチャのベストプラクティスに照らして、かつ、運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化などの柱にわたってワークロードをレビューするのに役立ちます。2017 年には、サーバーレスレンズ、SaaS レンズ、および APN パートナー向けファンデーショナルテクニカルレビュー (FTR) レンズなど、特定のワークロードタイプを最適化するために「レンズ」の概念を用いてフレームワークを拡張しました。2018 年、AWS ソリューションアーキテクトを必要とせずに、AWS のワークロードをいつでも確認できるように設計されたセルフサービスツールである AWS Well-Architected Tool をリリースしました。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、AWS Well-Architected カスタムレンズの一般提供の開始についてお知らせします。

Read More

新機能 – Amazon CloudWatch Evidently – 実験と機能の管理

デベロッパーとして、Amazon CloudWatch Evidently の提供開始を発表できることを嬉しく思います。これは Amazon CloudWatch の新機能です。この機能を使用することで、デベロッパーはアプリケーションコードに実験や機能管理を簡単に導入できます。CloudWatch Evidently は、機能フラグとしても知られているダークローンチの実装と A/B テストという 2 つの似て非なるユースケースに使用できます。 機能フラグは、コードをデプロイせずに機能を有効または無効にできるソフトウェア開発手法です。機能のデプロイとリリースは切り離されます。コード内の機能は、実際のリリースに先立ってデプロイされます。それらは if-then-else 文の後ろに隠れたままとなります。ランタイムにおいて、アプリケーションコードはリモートサービスに対してクエリを実行します。このサービスは、新機能を利用できるユーザーの割合を決定します。ベータテスターなど、特定の顧客向けにアプリケーションの動作を設定することもできます。

Read More

第 3 世代 AMD EPYC プロセッサを搭載した Amazon EC2 M6a インスタンスの一般提供が開始

AWS と AMD は、クラウドコンピューティングにおいてより多くの選択肢とより大きな価値をお客様に提供するために協力してきました。これは、2018 年の M5a/R5a、M5ad/R5ad、T3a インスタンスなどの第 1 世代の AMD EPYC™ プロセッサから始まっています。2020 年には、C5a/C5ad インスタンスと、最近では G4ad インスタンスを含めるために第 2 世代 AMD EPYC™ プロセッサを拡張し、第 2 世代 AMD EPYC™ プロセッサと AMD Radeon Pro GPU の両方のパワーを組み合わせました。 2021 年 11 月 29 日(米国時間)、第 3 世代 AMD EPYC プロセッサを搭載した Amazon EC2 M6a インスタンスの一般提供が開始されることをお知らせします。これは、最大 3.6 GHz の周波数で動作し、前世代の M5a インスタンスと比較して最大 35% 高い料金パフォーマンスを提供します。

Read More