Amazon Web Services ブログ

Category: General

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Macie 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/12) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Macie」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200812 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Macie AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. S3 の設定変更を検知できるとのことですが、AWS Config で検知する場合との違いはございますでしょうか? A. 検知は AWS Config とは別個の仕組みとなります。Macie で検知出来る変更の一覧がこちらにございます。 Q. カスタムを利用しても Macie で日本語は検知できない認識で問題ないでしょうか? A. UTF-8 文字コードのファイルが対象であれば、カスタム識別子を使ってキーワード、正規表現に日本語や日本語とマッチするルールを指定して検知させることが可能です。 Q. Organizations を組んでいる親子アカウントがあった場合、無料試用期間は、親と子でそれぞれ使えますか?親子まとめて1アカウント分という計算になりますか? A. 親子まとめてのカウントの計算となります。 Q. たとえばクレジットカードをコピー機でスキャンして PDF 化したファイルなど、画像データになった機密情報の識別は可能でしょうか? A. 画像データのスキャンは現在は出来ません。 Q. 既存オブジェクトの上書きは差分スキャン対象になりますか? A. Macie のジョブ設定での既存オブジェクトのスキャン有無の設定は、オブジェクトの上書きに対応していません。既存のオブジェクトを含めないとした場合、オブジェクトが上書きされていたとしてもスキャン対象外となります。差分スキャンかつ、上書きされたオブジェクトをスキャンしたい場合には、既存オブジェクトを含めるとした上で、オブジェクト条件の最終改訂日で条件指定をして、過去に更新されたファイルを除外する必要があります。 […]

Read More

AWS IoT Deep Dive – 新しいAWS IoTセミナーシリーズを開始します

こんにちは、IoTソリューションアーキテクトの飯塚です。本ブログ記事では、来月から開催する新しいAWS IoTセミナーシリーズについてお知らせさせてください。 セミナー概要 新しいAWS IoTセミナーシリーズは、AWS IoT Deep Diveというタイトルにしています。本セミナーはこのタイトル通り、お客様がIoT製品やサービスを設計・開発する際のよくある課題や考慮すべき事項を共有し、AWSによるソリューションをより深く・詳細にお伝えするセミナーです。 お客様がIoT製品やサービスを設計・開発する際のよくある課題や考慮すべき事項などの技術トピック情報を共有します。また、それらをAWSで解決するためのAWS IoTや関連AWSサービスとそれらの機能について、AWSのIoTエキスパートが詳細に解説します。それらのサービスや機能のベストプラクティスや、ベストプラクティスに従ったAWS上での最適な構成についてもお伝えします。さらに本セミナーでは、IoT 関連のサービスや機能最新情報についても日本語で皆さんにお届けしていきます。

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/8/10週

ここしばらくは猛暑を通り越して酷暑な日々が続いておりますが、お元気でしょうか。 ソリューションアーキテクトの小林です。 最近のはやりに乗ってワーケーションをしてみたいなと思い始めています。いつも自宅で仕事をしていると変化に乏しいので、いつもと違う環境で気分を変えて仕事に取り組むのもいい経験かもな、というわけです。こう考えると、会社に通勤して仕事をするのはある意味で刺激的な体験だったのだなぁと思わされますね。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。今回は大事なものが多かったので大盛りでお届けです。

Read More
Amplify Meetup #01 開催!

【全資料まとめ&開催報告】Amplify Meetup #01

みなさんこんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクトの木村公哉(@kimyan_udon2)です。梅雨が明けて、気づけばお盆も明けた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 7月31日に「Amplify Meetup #01」を開催しました。「Amplify Meetup」はAWS AmplifyのユーザーとAWS Amplifyに興味のあるエンジニアのみなさんでLTなどを通して盛り上がるコミュニティーイベントです。今回初めて開催しましたので、開催報告と合わせて「Amplify Meetupとは?」という点についてもご紹介いたします。

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/8/3週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週も週刊AWSをお届けします。 前回書いたときは長めの梅雨がまだ続いていたのですが、急に夏本番になりましたね。去年は暑さ対策のために日傘を買ったことをこの週刊AWSで書いたのですが、今年は在宅勤務が続いていることもあり、日傘の出番はなさそうです。(なお、人気フィットネスソフトの抽選には繰り返しトライしていますが、まだ当選していません…) それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Redshift Advanced Guide −最新ベストプラクティスとアップデート 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/29) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Redshift Advanced Guide −最新ベストプラクティスとアップデート」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200729 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Redshift Advanced Guide −最新ベストプラクティスとアップデート AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CTAS で、Parquet の外部テーブルを作成する際の質問です。利用イメージとして、データの全件洗替を上記でしたいのですが、S3 ファイルの上書きができないため、SQL 以外でS3ファイルを削除する必要がある認識です。Redsfhit で完結できないでしょうか。 A. データ全件洗い替えの方法はご認識いただいている通りとなります。現状 Redshift の CTAS での既存 S3 ファイルの上書きや、SQL 経由での S3 ファイルの削除をサポートしていないため、Redshift SQL のみでの完結は出来ません。 Q. Amazon DynamoDB (DDB) の 1 テーブルに複数 Entity […]

Read More

オンラインセミナー「RDS+Lambda が始まる。過去のアンチパターンはどう変わるのか」 資料および QA 公開

先日(2020/7/28)開催しましたオンラインセミナー
「 RDS+Lambda が始まる。過去のアンチパターンはどう変わるのか」
の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

Read More
QuickSight Author embed

Amazon QuickSight の分析機能をマルチテナントのアプリケーションに埋め込む

Amazon QuickSight は最近、埋め込みオーサリング、マルチテナンシーの名前空間、カスタムユーザーアクセス許可、アカウントレベルのカスタマイズという 4 つの新機能を導入しました。Enterprise Edition で利用できる既存の ダッシュボード埋め込み 機能および API 機能と併用することにより、高度なダッシュボード機能と分析機能を SaaS アプリケーションに統合できるようになりました。これらのアプリケーションを構築する開発者や独立系ソフトウェアベンダー (ISV) は、組み込みの事前設定済み(予め用意された)ダッシュボードをすべてのエンドユーザーに提供できるようになり、高度なアドホック探索機能やダッシュボード構築機能もユーザーに提供できるようになりました。 本記事では、架空の ISV のユースケースとして、QuickSight を使うことで、インフラストラクチャのデプロイまたは管理を行うことなく、アプリケーションに簡単に分析を組み込み、数十万人のユーザーにスケールする方法を説明します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS App Mesh 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/31) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS App Mesh」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200721 AWS Black Belt Online Seminar AWS App Mesh AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. サービスメッシュはマイクロサービスアーキテクチャを構築する当初から導入すべきでしょうか?それとも、ある程度の規模になってから導入するべきでしょうか? A. マイクロサービスアーキテクチャを採用したワークロードを新規構築する様な場合は、当初から導入することを検討いただければと思います。一方で、規模が小さい間からマイクロサービスアーキテクチャで構築するべきか?といった観点も必要になります。最初はモノリスで開発し、ある程度の規模になって運用の中でシステムのコンテキスト境界が見えてきた段階でマイクロサービスをサービスメッシュと合わせて検討する、といった例もございます。 Q. アプリケーション間の直接通信からサービスメッシュへ移行するためのコスト・タスク量について知りたいです。 A. サービスメッシュへ移行するためのマイグレーション手段はいくつか考えられますが、Envoy を導入したアプリケーションを別途作成し、既存のアプリケーションを縮退させる方法などが考えられます。上記の作業に関して、アプリケーションの規模や通信方式によって移行コストやタスク量が異なってきますので、まず、検証環境でマイグレーションを実施し、事前にコストやタスク量を見積もるよう推奨いたします。 Q. AppMesh と Istio の互換性について教えて下さい A. App Mesh と Istio は、サービスメッシュとしてのモデルや API に互換性はありません。 Q. AWS Lambda のネットワーク通信でも App Mesh は適用可能でしょうか?それとも、もともとの Lambda の設定を見直すだけでApp Meshの機能の一部でも実現可能でしょうか? […]

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/7/27週

AWSに興味をお持ちのみなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの小林です。 ついに梅雨も明け8月に入りました。素麺がおいしい時期がやってきましたね。毎年書いている気がしますが私は素麺が好きなので、この時期は素麺をヘビーローテーションすることになります。例年は「我が家の定番」的なめんつゆをカスタマイズすることにこっていたのですが、今年は趣向を変えてめんつゆ自体にこだわってみようと思います。同僚に聞いて見たりwebで調べたりするのですが、本当にたくさんの種類があり良さそうなものを選び出すのも一苦労ですね。めんつゆはそれなりの量で買うしか無いので、1食分だけ試すことが出来ないのが悩みです。めんつゆ試食セミナーとか、めんつゆトライアルセットとかがあれば良いなぁと思いながら、今日も素麺を茹でることでしょう。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More