Amazon Web Services ブログ

Category: General

Amazon RDS の更新 – 暗号化されたスナップショットの共有、既存のインスタンスの暗号化

  Amazon RDS の更新 – 暗号化されたスナップショットの共有、既存のインスタンスの暗号化 当社では、ご使用の AWS 環境をできるだけ簡単に保護できるようにしたいと考えています。この分野での最近の発表には、暗号化された EBS ブートボリューム、Amazon Aurora での保管時の暗号化、複数の異なるサービスにわたる AWS Key Management Service (KMS) のサポートがありました。今日は、Amazon Relational Database Service (RDS) に保存されたデータに関するいくつかの追加オプションについて説明します。暗号化されたデータベーススナップショットを他の AWS アカウントと共有できるようになりました。また、暗号化されていないデータベースインスタンスに暗号化を追加することも可能になりました。暗号化されたスナップショットの共有 データベースインスタンスに対して保管時の暗号化を使用すると、インスタンスから自動および手動で作成されたデータベーススナップショットも暗号化されます。これまで、暗号化されたスナップショットは単一の AWS アカウントでのみ使用可能で、共有はできませんでした。今回、暗号化されたスナップショットを最大 20 の別の AWS アカウントと共有する機能を提供します。これを行うには、AWS Management Console、AWS Command Line Interface (CLI)、RDS API のいずれかを使用します。暗号化されたスナップショットは AWS リージョン内で共有できますが、パブリックで共有することはできません。既存の共有機能と同様に、今回のリリースは手動作成のスナップショットに適用されます。暗号化されたスナップショットを共有するには、スナップショットを選択して Share Snapshot をクリックします。これにより Manage Snapshot Permissions ページが開きます。1 つ以上のアカウント ID を入力し (1 つ入力するごとに […]

Read More