Amazon Web Services ブログ

Tag: Amazon Simple Queue Service

New – Amazon Simple Queue Service (SQS) でサーバー側の暗号化を導入

AWS シリーズの中でも尊敬に値するサービスの 1 つ、 は多くのアプリケーションにおいて欠かせない一部を担っています。「Amazon SQS でより優れたアーキテクチャを実現 (Amazon SQS for Better Architecture)」や「Amazon SQS と Amazon DynamoDB で大量のメッセージを処理する (Massive Message Processing with Amazon SQS and Amazon DynamoDB)」などのプレゼンテーションは、SQS をどのように使用すれば復元力とスケーラブルが高いアプリケーションを構築できるのか説明しています。そして今回、サーバー側の暗号化をサポートすることでその SQS がさらに便利になりました。今後は による暗号化キーを使用して、スタンダードと FIFO キューの両方で SQS 暗号化済みメッセージを保存するオプションが提供されます。このオプションはキューの作成時に選ぶことができます。また、同時に既存のキューで設定することも可能です。SSE はメッセージ本文を暗号化しますが、キューのメタデータやメッセージのメタデータまたはキューごとのメトリクスは対象外になります。既存のキューに暗号化を追加しても、過去のメッセージは暗号化の対象にはなりません。同様に、暗号化を解除しても過去のメッセージの暗号化がキャンセルされることはありません。 暗号化したキューを作成 新しいバージョンの では、便利なグラフィックを使用してスタンダードと FIFO キューのどちらかを選択できます。 キューとオプションの Dead Letter Queue に属性を設定することができます。 Use SSE を確認し希望のキーを選択できるようになりました。 各顧客やリージョン独自の AWS マネージド型カスタマーマスターキー (CMK) を使用したり、ご自分のキーを作成して管理することができます。ご自分のキーを使用する場合は、メッセージの暗号化や複合化を許可するため、KMS キーポリシーを必ず更新してください。データ再利用期間を設定することもできます。この間隔は SQS […]

Read More

Amazon Simple Queue Service の新機能 – 1 回だけの処理と重複排除機能を備えた FIFO キュー

サービスファミリーの本当に最初のメンバーである は、明らかに時の試練を耐え抜きました。2004 年に、私たちはこのサービスを「分散アプリケーションコンポーネント間でメッセージをバッファリングするための、信頼性が高く、非常にスケーラブルなホストキュー」と説明しました。それからというもの、デッドレターキュー、256 KB のペイロード、SNS の統合、ロングポーリング、バッチオペレーション、遅延キュー、タイマー、CloudWatch メトリクス、メッセージ属性といった多くの機能を追加してきました。 新しい FIFO キュー 現在、私たちは FIFO (先入れ先出し) キューのサポートにより、SQS をさらに強力で柔軟性の高いものにしています。この新しいタイプのキューは、現在 2 つのリージョンで導入中で、2017 年初旬に他の多くのリージョンで利用可能にする計画です。このキューは、メッセージが送信順に 1 回だけ、重複なく処理されることを保証するように設計されています。FIFO キューは財務サービスや e コマースのお客様、メッセージを使ってデータベーステーブルを更新しているお客様にとって特に役立つことを期待しています。こうしたお客様の多くは、送信順にメッセージを受信することを前提にしたシステムをお持ちです。FIFO の順序では、メッセージ A を送信した場合、成功の応答を待機してからメッセージ B を送信し、メッセージ B はメッセージ A の後のキューに入れられてから、適切に配信されます。この順序は、複数の SendMessage 呼び出しを並列で実行する場合には適用されません。SendMessageBatch への呼び出し内の個別のメッセージ、および SendMessageBatch への複数の連続した呼び出しの間では適用されません。1 回だけの処理は、単一のコンシューマーおよび複数のコンシューマーシナリオの両方に適用されます。FIFO キューを複数のコンシューマー環境で使用する場合、現在のメッセージが削除されるか、可視性タイムアウトの有効期限が切れた後でのみ、メッセージを他のコンシューマーに表示するようキューを設定できます。このシナリオでは、最大 1 人のコンシューマーがアクティブにメッセージを処理します。他のコンシューマーは、最初のコンシューマーが終了するか失敗するまで待機します。SQS 外部のネットワーキングの問題により、メッセージ送信者がアクションのステータスを確認できず、呼び出しを再試行するために、重複したメッセージが発生する場合があります。FIFO キューは複数の手法を使用して、重複したメッセージを検出し、排除します。コンテンツベースの重複に加えて、 MessageDeduplicationId を、FIFO キューに対して SendMessage を呼び出すときに含めることができます。ID の長さは最大 128 文字で、存在する場合はコンテンツベースの重複排除よりも優先順位が高くなります。FIFO キューに対して SendMessage を呼び出す場合、 MessageGroupId […]

Read More