Amazon Web Services ブログ

Tag: AWCertification

AWS 認定試験の作成

2019 年 9 月現在、AWS 認定の取得者は 24 万人を超えました。すでに認定を取得された方の中には、AWS 認定試験とその設問がどのように作られているか疑問に思ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。今回は AWS の AWS 認定テクニカルアーキテクトの 1 人として、試験開発プロセスの裏側をご紹介したいと思います。 驚かれるかもしれませんが、AWS 認定チームの誰一人として試験問題を作っている人間はいません。また、どのような設問を出題するかを決めることさえありません。これらは AWS の従業員と AWS の製品やサービスの使用経験を持つ顧客などで構成される AWS 内容領域専門家 (Subject Matter Experts: SME) たちのボランティアにより行われています。SME は自身の時間を割いて試験内容や設問の作成とレビューを行い、特定の役割や技術分野におけるコンピテンシーレベルの設定を支援してくれています。ソリューションアーキテクト、開発者、システムオペレーター、データベース管理者や、それぞれの認定試験に関する分野に合致した専門知識を有するその他の方々に支えられています。 現在提供している 12 の AWS 認定は、AWS のサービスを使用する個人の職務や技術的な専門知識を広範囲にカバーしています。そのため、新しい AWS 認定試験の作成は、対応する分野の職務経験がある SME を探すところからはじまります。 AWS 認定データベース – 専門知識認定の新設にあたっては、DynamoDB、RDS、Aurora、Neptune、Quantum Ledger の使用経験があるデータベースエンジニアやプログラマーを募集しました。年単位で長期にわたって関わる SME チームには、顧客、パートナー、AWS の従業員が混在し、関連性を保ちつつ多様な経験が認定に反映されるようにしました。   試験開発プロセス AWS では、の堅牢なプロセスに従って試験開発を行っています(以下を参照)。このプロセスのさまざまなステップの一部は、SME の参加によって支えられています。 ジョブタスク分析 (JTA) JTA […]

Read More