Amazon Web Services ブログ

Tag: cloudskills

AWS 認定の取得状況をシェアしよう

AWS 認定のデジタルバッジをより簡単にシェアして、所属している組織の雇用主や同僚に自分の AWS クラウドに対するスキルをアピールしやすくなったことをご存じですか。業界で広く認知されている資格である AWS 認定を取得すると、自分のクラウドレベルの高さを顕示して、スキルに対する信頼と信用を得るのに役立ちます。AWS 認定のデジタルバッジは、AWS 認定を取得していることを周りに知らしめることができます。 現在デジタルバッジは Credly の Acclaim プラットフォームを介して提供されており、柔軟な複数のオプションにより取得した認定資格を掲示および証明できます。ソーシャルメディアのニュースフィードに対してワンクリックでバッジをシェアしたり、ウェブサイト上で検証可能なバッジ組み込みツールを使ったり、取得したすべての AWS 認定のバッジをプロフィール上で公開できるオプションを活用したりできます。 私が最初に取得したAWS 認定は「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」でした。取得したのは 2013 年、AWS でソリューションアーキテクトとして働いていた時です。その後 2014 年に「AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」認定を取得し、2017 年にかけて AWS 認定プログラムをリードする立場となり、当時最新の認定であった 「AWS 認定クラウドプラクティショナー」の認定を取得しました。 このAWS 認定クラウドプラクティショナーはクラウドの基礎知識を証明するもので、今では AWS クラウドで成功をおさめる方法を学ぶクラウドビルダーやプロフェッショナルにとっての登竜門となるケースもよく見られます。 こうした私自身の AWS 認定ストーリーをここで皆さんに示したのは、いま述べたような認定取得の時期や状況を、第三者が簡単に確認できるということを説明するためです。Credly の Acclaim プラットフォームで 私のプロフィール を開いてみてください。今言ったことがわかると思います。AWS 認定を受けたすべての方に、LinkedIn のプロフィール、 E メールの署名、デジタル履歴書など、あらゆるところでご自身が取得した認定バッジをシェアすることをお勧めします。   AWS 認定の取得状況をシェアする理由 第一に、みんなでそれを祝うことができます。クラウドの初心者の方でも、データベースやクラウドセキュリティなどの各分野で何年もかけて技術的な専門知識を磨いてきた方でも、クラウドスキルの構築は、えてして多大な労力を伴う体験です。バッジそのものはもちろん認定を取得したという嬉しいニュースを、サポートしてくれた友人や同僚とシェアしましょう。 第二に、ご自身が獲得したクラウドスキルの信頼性を確立できます。AWS 認定を取得すると、特定のロールや技術的なトピックにおいて […]

Read More