Amazon Web Services ブログ

Amazon ElastiCache for Redis の リードレプリカの自動フェイルオーバのテスト

by AWS Japan Staff | on | in Amazon ElastiCache, データベース |

“信頼するが、確認する”

– ロナルド・レーガン米国大統領、1987

このコメントで、レーガン大統領は、核軍縮条約の哲学について、ロシアの諺を引用しました。DevOpsにも同じ考え方が当てはまります!

 

Amazon ElastiCache for Redisは、自動化されたフェイルオーバとリカバリを備え、高可用性を提供しています。ElastiCacheクラスタを作成したければ、 Redis Cluster モードを使用し、クラスタ内のシャード数を設定します。各シャードには、1つのプライマリノード(読み取りと書き込み用)と0〜5つのレプリカノード(読み取りとフェールオーバー保護用)があります。1つのクラスタは、レプリカがゼロ(1ノード)のシャードと同じくらい小さくても、5つのシャード(5つのレプリカ(合計90ノード))を持つことができます。

 

AWSでは障害が頻繁に発生することはありませんが、いずれのマシンでも障害は発生します。レプリカノードに障害が発生すると、障害が検出され、数分でノードが置き換えられます。

 

Redis Cluster では、プライマリノードに問題が起きた時に、Redis Cluster は障害を検知しレプリカノードを新しいシャードのプライマリとして昇格させます。このプロセスは大体30秒程で実施されます。問題の起きたノードは入れ替えられ、クラスタのレプリカノードとして復帰します。Redis ClusterとElstiCacheを、エンジンとして Redis 3.2.4 と Cluster モードを有効にすることによって使うことができます。

 

これを信じてください…しかし検証するべきです。

 

ElastiCacheのテストフェイルオーバのおかげで検証は簡単です。マネジメントコンソールかAWS CLIを使用し、ElasiCache クラスタのいずれかのノード障害をシミュレートする事ができます、そして、どのようなプロセスで貴方のアプリケーションが動くのかも見ることができます。マルチシャード、もしくはシングルシャードの環境でもテストは可能です。さらに古いRedis 2.8の環境でもテストは可能です。
コンソールまたはAWS CLIを使用して、ElastiCacheクラスタ内の任意のノードの障害をシミュレートし、自分のアプリケーションでフェールオーバープロセスがどのように機能するかを確認できます。マルチシャード環境とシングルシャード環境、さらに古いRedis 2.8ブランチ環境でもフェールオーバーをテストできます。コンソールでこれを行うには、クラスタとシャードを選択してノードビューを表示し、次にフェールオーバープライマリを選択します。マネジメントコンソールでテストを行う際には、クラスタとシャードを選択してNode Viewを確認し、次にFailover primaryを選択します。

 

使用には注意してください。どのようなクラスタでも同じように動きます。なぜならどのクラスタも開発環境、テスト、本番かをAWSが知るすべが無いためです。その本番のクラスタで実行しても良い事が確信していない限りは本番ノードでは障害を発生させないでください。

 

自動フェイルオーバのテストを試してみてください!

 

翻訳は桑野が担当しました。原文はこちら