AWS JAPAN APN ブログ

APNのメリット:山口県初のAPNパートナーとなった株式会社コア

今回は山口県で初めてAPN (AWS Partner Network)セレクトコンサルティングパートナーに認定された株式会社コア様をご紹介いたします。

株式会社コア様は、山口県において「広告×IT」を掲げ、Webアプリケーションやスマートフォン開発に留まらず、イベントや全国展開のプロモーションを実施されています。日々新たに出現し進化するテクノロジーや手法に対して果敢にチャレンジされ、中国地方の民間企業を始めとして、官公庁、教育機関等のITイノベーションを支援されています。

この度、山口県で初のAPNセレクトコンサルティングパートナーに認定されました。セレクトパートナーへの認定を契機に、今まで以上にAWSを活用したビジネスの展開をされる予定です。

APNセレクトコンサルティングパートナーへのアップグレードのきっかけや、今後のビジネスの展望についてお話を伺いしました。

Q1. 現在のAWSビジネスへの取り組み状況を教えてください。

現在、山口県内外のお客様で大規模なWebサービスを運用する際にAWSサービスを利用しています。

Q2. この度山口県初のAPNセレクトコンサルティングパートナーに認定されましたが、APNへの参加を検討したきっかけはどのようなものでしたか?

もとより、AWSの多種多様なサービスには大きな関心がありました。AWSの担当者から、クラウド人材の育成や技術支援など、当社のイノベーションを実現するためのプログラムが整っている旨のご説明をいただいたことで、パートナー認定への意欲が高まり、具体的にAPNパートナーへの取り組みを開始しました。

Q3. APNセレクトパートナーに認定されたことで、APNの様々なプログラムやベネフィットを活用できますが、どのような活用方法・期待を考えられていますか?

社内ではクラウド人材が限られているため、セミナーへの参加など継続的な育成を通してクラウド人材の平準化をはかり、お客様に対して安定したサービス提供が行えることを期待しています。また、AWS 認定パートナー オフィシャルロゴを活用することにより、企業ブランドが高まることも期待しています。

Q4. セレクトパートナーへのアップグレードを決定してから約4ヶ月で実現されました。セレクトパートナーへのアップグレードを進める上でどのような取り組みを実施されましたか?

フロントエンドやバックエンド部門含めて広く参加者を募り、それぞれにチャレンジする認定資格とスケジュールを定めました。個々が切磋琢磨しつつ、会社としても試験合格者には褒賞制度を設けるなどの支援を行いました。

Q5. 今後のAWSビジネスの展望や目標を教えて下さい。

AWSの様々なプラットフォームを活用して、山口県内外の多くのお客様にITイノベーションを提供していきたいと考えています。

 

今後の株式会社コア様のクラウドビジネスにおけるさらなる発展を楽しみにしています!

AWS Japanでは、各都道府県でのAPNパートナーを広く募集しております。ご興味のあるパートナーはぜひこちらからパートナー登録をお願いします。

パートナー担当: 沼崎、PSA塩飽

Keizo Aizawa

Keizo Aizawa

Manager, Partner Solutions Architect, Amazon Web Services Japan K.K