AWS JAPAN APN ブログ

AWS re:Invent 2018 Expo 日本語対応可能なスポンサーブース

AWS re:Invent 2018、引き続きお楽しみいただけていますでしょうか。本記事では、Venetian | Palazzoで開催されているExpoをご紹介します。Expoでは、AWS Village、Developer Lounge、Sponsor booths、Content Theater、 Partner Theaters、Builders Fair、そしてラウンジと幅広い展示を行っています。現地時間で以下の期間で開場していますので、ぜひ足を運んでいただければと思います。

  • 11月26日 (月) 4PM–7PM
  • 11月27日 (火) 8AM–6PM
  • 11月28日 (水) 10AM–6PM
  • 11月29日 (木) 10AM–4PM

今回、合計12社のAPNパートナーのスポンサーブースで日本語対応可能な説明員がいます。なお、時間帯によっては不在にしている場合もありますので、その点はご了承ください。以下に各ブースの外観と展示内容を紹介しますので、ご参考にしていただければ幸いです。(abc順で掲載)

Accenture

デジタルトランスフォーメーションの実現に向けてアクセンチュアが提唱する「アクセンチュア・イノベーション・アーキテクチャ」を中核に、AWS関連サービスを用いた各種ショーケースやクライアント事例を紹介しています。

Datadog

お客様のAWSと既存システムすべてを統合監視可能なSaaSプラットフォームで、アプリケーションやそのログ分析も可能です。新機能サーバレスシステムの統合ビュー (Lambda/X-Ray)も紹介しています。

Druva

サーバや仮想サーバのデータをクラウドで保護するDruva Phoenixと、AWSのEC2/EBS/S3/RDS等のスナップショット管理とDRを実現するCloud Rangerを紹介しています。

F5 Networks

「Every App, Anywhere」をキーワードに、ネットワーク、セキュリティ、アプリの状態可視化ソリューション、AWS WAF F5 Managed rulesなどを紹介しています。

JIG-SAW

IoTに必要な機能をすべてパッケージ化したセンサーのコネクティングサービス “neqto (ネクト)” を出展しています。各種デモと製品の展示に加え、AWSとの連携について紹介します。

Looker

Lookerは1,600社超のお客様のデータ分析と意思決定をサポートする次世代BIです。お客様のRedshiftなどのSQL DBと直接接続することで分析パフォーマンスを担保し、レポートが氾濫し指標がバラバラというデータのカオスを解消できるソリューションを紹介しています。

NetApp

高パフォーマンスと先進的な機能を備えたマルチプロトコル対応のクラウドデータサービスであるNetApp Cloud Volumes for AWSを中心にNetAppのクラウドサービスを紹介しています。

Palo Alto Networks

AWS環境上のセキュリティ状況をAPI経由で機械学習などにより監査し、その結果を評価レポートとして自動作成するRedLockなどのAWSに特化したセキュリティソリューションを数多く取り揃え、紹介しています。

Salesforce

Heroku、Salesforce Platform、およびAmazon Connect on Service Cloudのライブデモをご覧いただけます。また、
シアター形式のセッションも予定しています。

Sumo Logic

ログデータからメトリクスに至るまで、リアルタイムかつ継続的なインテリジェンスを提供するクラウドネイティブ・マシンデータ分析プラットフォームを紹介しています。

Trend Micro

Trend Micro Deep Securityを展示しています。日本ではなかなか聞けない、海外の最新ユーザ事例やロードマップなども紹介しています。

VMware

VMware Cloud on AWSを筆頭に、様々なVMwareクラウドソリューションを展示しています。11種類のデモ、47回のシアターセッションに加え、豪華賞品が当たるトリビアゲームもご用意しています。

この他にも非常に多くのスポンサー企業による展示が行われています!スポンサーリストもご確認ください。

Tetsuya Kawahara

Tetsuya Kawahara

Manager, Partner Solutions Architect, Amazon Web Services Japan K.K.