Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)はインターネット用ストレージです。Amazon S3 で、いつでもウェブ上の任意の場所から、任意の量のデータを格納および取得できます。これらのタスクは、AWS マネジメントコンソールのシンプルで直観的なウェブインターフェイスを使用して実行できます。

Amazon S3 を最大限に活用するには、簡単な概念をいくつか理解する必要があります。Amazon S3 はバケット内に、オブジェクトとしてデータを保存します。オブジェクトはファイルと、オプションでそのファイルを説明するメタデータとで構成されます。オブジェクトを Amazon S3 に保存するには、保存するファイルをバケットにアップロードします。ファイルをアップロードするときに、オブジェクトとメタデータにアクセス許可を設定できます。

バケットはオブジェクトのコンテナです。1 つ以上のバケットを持つことができます。バケットごとで、アクセスを制御 (バケット内のオブジェクトを作成、削除、一覧表示できるようにする) したり、バケットとそのオブジェクトのアクセスログを表示したり、Amazon S3 がバケットとそのコンテンツを格納する地理的リージョンを選択したりできます。

Step 1 - Sign up for an AWS account

AWS アカウントをセットアップしてログインする

Amazon S3 を使用するには、AWS アカウント » が必要です。まだお持ちでない場合は、Amazon S3 へのサインアップ時に画面の指示に従って作成してください。それを使用しない限り、Amazon S3 に対して課金されることはありません。 

icon2

バケットの作成

Amazon S3 のすべてのオブジェクトは、バケットに保存されます。Amazon S3 にデータを保存する前に、S3 バケットを作成 » する必要があります。

icon3

AWS で構築を開始する

バケットを作成したので、バケットにオブジェクトを追加する準備が整いました。オブジェクトは、テキストファイル、写真、ビデオなど、どのような種類のファイルでも可能です。入門ガイドを読んで詳細を参照し、構築を開始します。

ほとんどのお客様は、AWS 開発者ツールと SDK » を使用してまったく新しいアプリケーションの開発を開始します。または、AWS マネジメントコンソール経由でウェブベースのインターフェイスを使用して、Amazon S3 のリソースにアクセスし管理することもできます。

AWS SDK の使用

アプリケーションの開発者は、自分たちのユースケースで Amazon S3 を簡単に利用できるようにする、さまざまな AWS SDK の中から選ぶことができます。Amazon S3 用の AWS SDK には、次のプログラミング言語とプラットフォーム用の、ライブラリ、コードサンプル、ドキュメントが含まれています。

AWS Mobile SDK の使用

AWS Mobile SDK は高品質のモバイルアプリケーションを迅速かつ簡単に構築するのに役立ちます。AWS Mobile SDK を使用すると、モバイルアプリケーションの構築のために特別に設計されたサービスを利用し、データストリーミング、ストレージ、データベースを提供する人気のある各種 AWS サービスにモバイル向けに最適化された方法で接続し、他の AWS サービスを一通り利用できます。

AWS Mobile SDK には、iOS、Android、Fire OS 向けのライブラリ、コードサンプル、ドキュメントが含まれているため、異なるデバイスやプラットフォーム間で優れた体験を提供するアプリケーションを構築できます。

AWS トレーニング: Amazon S3 無料オンラインコース

AWS では、Amazon S3 で構築した高い可用性を持つストレージソリューションを設計および管理する方法を学べる、無料のオンラインストレージコースを提供しています。基礎から技術的な詳細へ進んで Amazon S3 の専門知識を深め、ご自分の組織がクラウドへ迅速に移行できるようにします。 

次のトレーニングの進行オプションで詳細をご確認ください。また、AWS のストレージ全コースについては、こちらをご覧ください。

Amazon S3

Amazon S3 と一般的なユースケースの概要。

Amazon S3

自習型コースでは、S3 の機能とストレージクラスの概要を説明しています。 

Amazon S3

S3 を使用、管理、保護、最適化する 300 レベルの自習型コース。

Amazon S3

オンプレミスから S3 にデータを移行する方法について学びます。

10 分間のチュートリアルとステップバイステップガイド

Amazon S3

Amazon S3 を使用してクラウドにファイルを保存します

Amazon S3

クラウドにファイルをバックアップするため、お客様自身のスクリプトを簡単に構築する

Amazon S3、Route 53、CloudFront

AWS でシンプルなパーソナルウェブサイトまたはマーケティングウェブサイトをホストします。

8 ステップ

S3 Glacier Deep Archive でオンプレミスのテープバックアップを排除します。

他の 10 分間チュートリアル » もご覧ください。

Amazon S3 へのデータの移動

AWS ではデータ転送サービスのポートフォリオをご用意して、あらゆるデータ移行プロジェクトに最適なソリューションを提供しています。データの移行にとって、接続性レベルは重要な要因となります。AWS は、お客様が抱える、ハイブリッドクラウドストレージや、オンラインおよびオフラインでのデータ転送のニーズに対応するための機能をご提供します。

ハイブリッドクラウドストレージ

AWS Storage Gateway は、お客様によるオンプレミスアプリケーションの AWS ストレージへのシームレスな接続と拡張を可能にする、ハイブリッドクラウドストレージサービスです。お客様は、Storage Gateway を使うことで、テープライブラリのクラウドストレージへの置き換え、クラウドストレージによるファイル共有の実施、および、オンプレミスアプリケーションが AWS 内のデータにアクセスするための低レイテンシーキャッシュの作成などが、シームレスに行えます。 AWS Direct Connect を使用すれば、AWS とデータセンター、オフィス、またはコロケーション環境などの間でプライベート接続を確立することができます。これは、ネットワークコストを削減し、スループットを向上させます。また、パブリックなインターネット接続に比べると、より均質なネットワーク接続が利用できるようになります。

オンラインデータ転送

AWS DataSync により、数百テラバイトにおよぶ数百万のファイルを Amazon S3 に簡単かつ効率的に転送が可能で、オープンソースツールと比較して最大 10 倍高速です。DataSync は、スクリプトコピージョブ、転送のスケジューリングやモニタリング、データ検証、ネットワーク利用量の最適化などを含む手動作業の多くを、省略あるいは自動で処理します。

AWS Transfer Family は、SFTP、FTPS、および FTP を使用して、Amazon S3 にシンプルでシームレスなフルマネージド型のファイル転送を提供します。

Amazon S3 Transfer Acceleration で、クライアントと Amazon S3 バケットの間での長距離ファイル転送を高速化できます。Amazon KinesisAWS IoT Core は、IoT デバイスからのストリーミングデータをシンプルかつセキュアに取得し、Amazon S3 に読み込みます。

オフラインデータ転送

AWS Snow Family は、ネットワーク容量に制限があったり、本来接続できないようなエッジロケーション専用に作られています。これにより、過酷な環境下でもストレージとコンピューティング機能を利用できるようになります。AWS Snowball サービスは、データ収集、処理、移行のために、堅牢で可搬性のあるストレージデバイスとエッジコンピューティングデバイスを使用します。お客様は、AWS に対するオフラインのデータ転送のための、Snowball の物理デバイスを出荷できます。AWS Snowmobile はエクサバイト規模のデータ転送サービスです。ビデオライブラリや画像リポジトリ、またはデータセンター全体まで、膨大な量のデータをクラウドに移動できます。

AWS クラウドデータ移行サービスの詳細 »

動画

Amazon S3 のご紹介(4:32)
S3 の開始方法 (49:35)
Amazon S3 ストレージクラス (37:48)

AWS オンラインセミナー »で最新情報を入手できます

AWS パートナーネットワークの利用

Amazon S3 はサードパーティーのコネクタとも統合されており、AWS クラウドとのデータのやり取りが可能です。 AWS パートナーネットワーク (APN) コンピテンシープログラムは、AWS のお客様に質の高いテクノロジープロバイダーおよびコンサルティングプロバイダーをご紹介するためのプログラムです。これらのプロバイダーは、専門的なソリューション分野での熟練した技術や高い実績を持っています。APN コンピテンシーを取得したパートナーは、AWS クラウドに統合したさまざまなサービス、ソフトウェア、ソリューションを提供します。

AWS ストレージコンピテンシーパートナーは、お客様が AWS クラウドにデータを効率的に保存する手法や技術を評価および使用する支援を行います。

AWS ストレージコンピテンシーパートナー » の詳細

ブログ

現時点でブログ記事は見つかりませんでした。その他のリソースについては AWS ブログを参照してください。 

始める準備はできましたか?

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
製品の特徴を見る

データ管理、セキュリティ、アクセス管理、分析などの機能の詳細を参照してください。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠を使用して、早速 Amazon S3 をお試しください。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
AWS コンソールで構築を開始する

Amazon S3 は AWS コンソールから無料で構築することができます。

開始方法