Amazon Web Services ブログ

Amazon RDS for MySQL バージョン: 5.6.19a, 5.6.19b, 5.6.21, 5.6.21b, 5.6.22, 5.6.23 リタイアメントのお知らせ

by AWS Japan Staff | on | in Amazon RDS |

Amazon RDS for MySQLにおいて、MySQLのマイナーバージョン 5.6.19a, 5.6.19b, 5.6.21, 5.6.21b, 5.6.22, 5.6.23 のサポートを2017年7月19日に終了致します。これらのバージョンはAmazon RDSで2014年10月から2015年6月にかけてサポートされました。そして、新機能やセキュリティ・安定性向上を含んだバージョンに更新されてきました。

現在これらのバージョンをご利用の場合、現在サポートされているMySQLの最新のマイナーバージョン(2017/3/8現在: 5.6.34)にアップグレードを行うことを推奨致します。メジャーバージョンアップグレードと異なり、マイナーバージョンアップグレードはそれ以前データベースエンジンのマイナーバージョンと後方互換性を持っています。

2017年4月5日Auto Minor Version UpgradeがYesに設定されているDBインスタンスに対して、自動アップグレードを設定致します。アップグレードはこの日以降の通常のメンテナンスウインドウ内で順次実施されます。

2017年7月5日以降に起動しているMySQL 5.6.19a, 5.6.19b, 5.6.21, 5.6.21b, 5.6.22, 5.6.23バージョンのRDS DBインスタンスは、Auto Minor Version Upgradeの設定に関わらず自動的に最新のマイナーバージョンに、各インスタンスに設定されているにメンテナンスウインドウ内でアップグレードが行われます。

2017年7月19日以降に起動している該当バージョンのRDS MySQLインスタンスは、メンテナンスウインドウに関わらず即座にアップグレードが実施されます。

RDSでのMySQLのマイナーバージョンアップグレードについては、こちらをご覧ください。

不明点などがありましたら、AWS サポートチームへコミュニティフォーラムかサポートセンター経由でご連絡下さい。

今回のアップグレードは、2017年4月5日到来前にアップグレード対象バージョン以上のマイナーバージョンもしくは、メジャーバージョンにアップグレードして頂くことで回避可能です。そのため、テスト環境などでテストを行っていただき、自動適用が開始される前に手動でアップグレードすることをお勧め致します。

 

原文はこちらをご覧ください。