Amazon Web Services ブログ

Amazon WorkDocs の更新 – コメントやレビュー機能の強化と新しいアクティビティフィード

by AWS Japan Staff | on | in Amazon WorkDocs |

以前にも触れましたが、Amazon では自社のシャンパンを好んで飲むようにしています。つまり、独自で開発したサービス、ツール、アプリケーションを仕事の一部として使用し、その上で改善に役立ちそうなアイデアや予想どおりに機能していないものについて開発チームにフィードバックを提供するようにしています。Amazon WorkDocs (旧名: Zocalo) を初めて紹介したのは 2014 年の中頃ですが、私はそれ以来ずっとこのサービスを使用しています (忙しい時は下書きの段階にあるブログが同時に 7 件~8 件あることも稀ではありません)。新しいブログ投稿の下書き (通常 PDF 形式) を WorkDocs にアップロードし、プロダクトマネージャー、プロダクトマーケティングマネージャー、指定されているその他のレビュー担当者と共有します。レビュー後にフィードバックを追加してもらい、下書きを更新して次のフィードバックを待ちます。このプロセスを何度か繰り返した後に下書きが完了し、ブログ投稿の許可を待ちます。このレビュープロセスには開発者、シニアマネジメントなども含まれます。私はドキュメントを共有してフィードバックを待つだけです。できる限り早急にフィードバック (いくつもの提案と場合によっては質問) をすべて読みプロセスし、見落としがないか確認するのが私の仕事です。そこで、今回はこれまで以上に WorkDocs を便利にする最新の機能強化についてご紹介します。コメント機能やレビュー機能の他にアクティビティフィードも追加しました。

コメント機能の強化
レビュープロセスを行っている間に追加されたコメントからディスカッションが始まる場合もあります。特定の機能やイメージが適切であるかどうか検討が必要な場合もあります。会話を簡単に始めたり続行できるようにするため、WorkDocs がスレッドで構成したコメントをサポートできるようになりました。[Reply] をクリックしてコメントに返信するだけです。

次のように表示されます。

[Private] をクリックすると、これにアクセスできるのは最初のコメントを書いたユーザーのみになります。メッセージを分かりやすくするため、コメントでシンプルな形式 (太字、斜体、取り消し線) を使用することもできます。詳しくはこちらをご覧ください。

使用例をご覧ください。

[?] をクリックすると、形式に関する簡単なガイドが表示されます。

コメントのプロセスが完了したら、クリック 1 回でフィードバック機能を無効にすることができます。

詳細については 「フィードバックを追加するには」を「WorkDocs ユーザーガイド」でご覧ください。

レビュー機能の強化
コメントが増えるにつれて、場合によってはレビュー担当者たちに特に注目して欲しいコメントもあると思います。そのような時は、コメント内で @ を入力しポップアップメニューからユーザー名を選択します。

ユーザーにはフィードバックが必要なことをメールでお知らせします。これまでは、レビュー担当になる可能性があるユーザーに WorkDocs ドキュメントの URL が渡っても、そのドキュメントへのアクセスは付与されていませんでした。今後は、そうしたユーザーでも次のようなドキュメントへのアクセスをリクエストできるようになりました。

リクエストはメール経由でドキュメントの所有者から承認を受けるために転送されます。同様に、読み取り専用のアクセス権を許可されていたユーザーも寄稿者レベルのアクセス権をリクエストできるようになりました。

繰り返しますが、リクエストはメール経由でそのドキュメントの所有者から承認を受けるために転送されます。

 

アクティビティフィード
常時、複数のブログ投稿がレビュープロセスにあるので、これらを上手に整理することはなかなかのチャレンジです。全体図をより分かりやすく提供するため、WorkDocs にアクティビティフィードが追加されました。フィードを見れば、共有しているドキュメントで何が起きているのかが分かります。ファイルやフォルダの作成、変更、削除や追加されたコメントを確認できます。さらに誰が変更を追加したのか、そして変更した日時を確認することもできます。

検索用語を入力してフィードに何を表示するか管理できます。

アクティビティタイプや日付別にフィルターに掛けることもできます。

 

今すぐ利用可能
これらの機能は今すぐご利用いただけます。

Jeff;