Amazon Web Services ブログ

大阪リージョンに AWS Service Catalog が対応しました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンンジェリストの亀田です。

AWS Service Catalog が大阪リージョンでご利用いただける用になりました。

AWS Service Catalog

Service Catalog はAWSアカウント内で使用できる、 IT サービスのカタログを作成および管理するサービスです。AWSサービスに関連する仮想マシンイメージ、サーバー、データベース、だけではなく、ソフトウェアやさらに包括的な多層アプリケーションアーキテクチャまでを定義することができるため、一貫したガバナンスの実現、そして、コンプライアンス要件を満たすための運用構築を実現できます。エンドユーザーは管理されているカタログから必要な製品のみを選択して起動できるため、組織における俊敏性が向上します。

この機能は AWS CloudFormation との連携により実現され、テンプレートを使用するかカスタムテンプレートを作成し、 Service Catalog コンソールを使用してテンプレートをアップロードします。その後、使用する製品の詳しい説明、バージョン情報、サポート情報、タグなど、リストに掲載する製品の詳細情報を入力できます。またTerraformもサポートしており、利用をご希望される方はこちらのドキュメントをご参照ください。

AWS Service Management Connector

Service Management Connector を使うと、IT サービスマネジメント (ITSM) の管理者が、プロビジョニングされた AWS やサードパーティー製品に対するガバナンスを、Service Now や Jira Service Desk等、外部サービス用いて構築している場合、Service Catalogとの連携を実現させます。例えばService Nowの管理者は、Service Catalogの管理に加え、このService Management Connectorを用いることで、ServiceNowのCMDBテーブルに基づき、新しいリソースタイプを定義し、これらをリソースの追跡とジ変更を行う AWS Configのカスタムリソースと同期させたり、AWS Systems Manager を介したプレイブックの実行、AWS Security Hub のセキュリティにまつわる調査結果をServiceNowのインシデントや問題に同期させたりすることができます。

こちらに、開始ガイドがありますのでご覧ください。

– シニアエバンジェリスト 亀田