Amazon Web Services ブログ

AWS Shield – DDoS攻撃からアプリケーションを保護

by AWS Japan Staff | on | in AWS Shield |

オンラインの世界は時として不愉快な場所です!あなたがウェブサイトを公開するや否や、問題を起こしたり、サイトを停止させようとする多くの種類の攻撃の標的にされます。DDoS (分散型サービス妨害) 攻撃は非常に一般的な問題の一つです。攻撃者はウェブ上のあらゆる侵害されたリソースを利用し、活動を特定の標的に集中させます。

DDoS攻撃には一般的に3つの種類があります。

アプリケーション層攻撃 はアプリケーションのリソースを消費するように設計された、整形式かつ悪意のあるリクエスト(HTTP GETやDNSクエリが一般的)からなります。たとえば複数のHTTP接続を開き、数秒または数分かけてレスポンスを読むことで、過剰にメモリが消費され、正当なリクエストが処理されなくなります。

State-Exhaustion 攻撃 はステートフルなプロトコルを悪用し、一接続当たりに多くのリソースを消費させることでファイヤーウォールや負荷分散装置に負荷を与えます。

ボリューム攻撃 は対処しきれないほどの大量なトラフィックを送りつけたり、無防備な被害者に驚くほど大量の低レベル”surprise”応答を送りつける偽クエリを発行(別名:リフレクション攻撃)させて、ネットワークを不通にします。

新サービス – AWS Shield

AWS Shieldは新しいマネージドサービスで、ウェブアプリケーションをDDoS (分散型サービス妨害) 攻撃から保護します。Elastic Load BalancingAmazon CloudFrontAmazon Route 53と連携して動作し、様々なタイプ、形状、サイズの攻撃からお客様を保護します。このサービスには二つのTierがあります。

AWS Shield Standard は追加費用なしで、すべてのAWS顧客が利用できます。 SYN/ACK フラッド、リフレクション攻撃、HTTPスローリードなど、今日最も一般的な攻撃の96%からお客様を守ります。 この保護は、Elastic Load Balancer、CloudFrontディストリビューション、Route 53リソースに自動的かつ透過的に適用されます。

AWS Shield Advanced は、ボリューム攻撃に対する追加のDDoS軽減機能、インテリジェントな攻撃検出、アプリケーションおよびネットワーク層での攻撃に対する軽減を提供します。 攻撃の軽減のカスタマイズ、高度なリアルタイムメトリクスとレポート、DDoS攻撃の影響で請求金額が跳ね上がるのを防ぐDDoSコスト保護のために、私たちのDDoSレスポンスチーム(DRT)に24時間365日アクセスできます。

詳しくは、AWS Shield もしくは Get Started with AWS Shield Advanced をご参照ください。

原文:AWS Shield – Protect your Applications from DDoS Attacks (翻訳:Security Solutions Architect 桐山 隼人)