Amazon Web Services ブログ

Tag: FEA

Ansys LS-DYNA のチェックポイント機能でスポットインスタンスのコストを最適化する方法

この投稿はシニアパートナーソリューションアーキテクト (HPC) の Dnyanesh Digraskar とシニアパートナーデベロップメントマネージャの Amit Varde によるものです。 様々な組織がハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) のワークロードを、高い可用性、柔軟なキャパシティ、最新のプロセッサやストレージ、ネットワーク——そしてこれらは従量課金で使った分だけの支払いになる——といった利点を理由にオンプレミスのインフラストラクチャから Amazon Web Services (AWS) へと移行しています。これらの便益は有限要素分析 (Finite Element Analysis、FEA) のような、CPU やメモリを多く必要とするワークロードでコストを減少したりより短い時間で結果を得られるようになることで、エンジニアリングチームに利します。 FEA のワークロードを AWS で実行する時、コスト面で支配的な要素は Amazon EC2 インスタンスの利用料です。このような場面で Amazon EC2 スポットインスタンスはコスト効率の高い選択肢になります。スポットインスタンスは Amazon EC2 サービスの未使用のキャパシティを活用し、オンデマンドインスタンスの価格と比べて最大 90% の割引で EC2 インスタンスを使うことができる購入オプションです。 この記事では、Ansys LS-DYNA のチェックポイント機能と自動再開ユーティリティをスポットインスタンスと組み合わせることでフォールトトレラントな FEA ワークロードを構築しつつ、スポットインスタンスによるコスト削減の利益を享受する方法を紹介します。

Read More