Product-Category_icon_Storage-Content

クラウドストレージ利用のメリットやバックアップ、ファイルサーバー、災害対策(DR)等への活用方法、お客様事例をご紹介します。

AWS クラウドを無料でお試しください

クラウドストレージとは、クラウドを利用して提供されるオンラインストレージサービスです。

従来、自社でストレージを構築しようとすると、費用や時間がかかるだけでなく、バックアップの対策に加え、増えていくストレージ容量を予測する必要があり ました。クラウドストレージを利用すると、自社でファイルサーバー環境を構築・保守することなく、低コストでクラウド上に必要な分のデータを必要なだけ保管することができます。また、ストレージ容量をフレキシブルに変更することができるため、必要に応じて容量を増減することが可能です。データの保管と取り 出しは、その量にかかわらず、いつでも、ウェブ上のどこからでもできるようになっています。

クラウドストレージは、バックアップ、ファイルサーバー、災害対策(DR)、ソフトウェアのテストと開発、クラウドへのデータの移行、コンプライアンス、ビッグデータとデータレイク等、企業のビジネスにおいて様々な用途で活用されています。

GC_Storage_GENERAL

クラウドで開発されたアプリケーションは、多くの場合、オブジェクトストレージの膨大なスケーラビリティとメタデータ特性の恩恵を受けます。オブジェクトストレージソリューションは、スケーラビリティと柔軟性を必要とする最新のアプリケーションをゼロから構築するために理想的です。また、既存のデータストアを分析、バックアップ、またはアーカイブ用にインポートするためにも使用できます。

アプリケーションによっては、共有ファイルにアクセスする必要があったり、ファイルシステムを必要としたりします。このタイプのストレージは、多くの場合、ネットワーク接続ストレージ (NAS) サーバーによってサポートされます。ファイルストレージソリューションは、大規模なコンテンツリポジトリ、開発環境、メディアストア、ユーザーのホームディレクトリといったユースケースに最適です。

データベースシステムや ERP システムのような他のエンタープライズアプリケーションは、多くの場合、ホストごとに専用の低レイテンシーなストレージを必要とします。このタイプのスト レージは、直接接続ストレージ (DAS) またはストレージエリアネットワーク (SAN) に類似しています。ブロックベースのクラウドストレージソリューションは、仮想サーバーごとにプロビジョニングされ、ハイパフォーマンスワークロードに必要な超低レイテンシーを提供します。

AWS のストレージサービスのメリット - 低コスト

低額で従量制の料金体系です。お支払いいただくのは実際に使ったストレージの分だけです。

AWS のストレージサービスのメリット - 拡張性

データの量の制限がないため、必要に応じて何十億ものオブジェクトの格納が可能です。

AWS のストレージサービスのメリット - 耐久性

自動でデータを複製保存することによって耐久性 99.999999999% を実現するように設計されています。

AWS のストレージサービスのメリット - 高い安全性

業界で広く認知されたセキュリティ認証と監査を取得している、高い安全性と耐久性を持つ技術プラットフォームです。

AWS のストレージサービスのメリット - 迅速なアプリケーション展開

ハードウェアの到着を待たずにアプリケーションを展開できます。

AWS のストレージサービスのメリット - 高い可用性

信頼性の高いサービスを耐障害性がある複数のアベイラビリティーゾーンで提供します。

Amazon Elastic Block Storage (Amazon EBS) では、Amazon EC2 向けに高い可用性と整合性を持つ低レイテンシーのブロックストレージを提供します。ストレージ容量、性能、コストをアプリケーションに合わせて適切に調整するのに役立ちます。

EBS は、単一の EC2 インスタンスからアクセスする永続的ストレージが必要なワークロード向けに設計されています。一般的なユースケースとして、リレーショナルデータベースと NoSQL データベース (Microsoft SQL Server と MySQL、Cassandra と MongoDB など)、ビッグデータ分析エンジン (Hadoop/HDFS エコシステムや Amazon EMR など)、ストリーミングアプリケーションやログ処理アプリケーション (Kafka や Splunk など)、データウェアハウスアプリケーション (Vertica や Teradata など) があります。

詳細はこちら ≫


Amazon Elastic File System (Amazon EFS) は、AWS クラウドで Amazon EC2 インスタンスと共に使用するための、シンプルでスケーラブルなファイルストレージシステムです。

Amazon EC2 インスタンスに、標準的なファイルシステムアクセスのセマンティクスとファイルシステムインターフェイスを実現します。EFS では、キャパシティーの拡張や縮小を自動で行うことができ、低レイテンシーを維持しつつ、高いスループットを実現します。EFS は高い可用性と耐久性を実現するよう設計されているため、ビッグデータと分析、メディア処理ワークフロー、コンテンツ管理、ウェブ配信、コンテナストレー ジ、ホームディレクトリなど、幅広いワークロードやアプリケーションに最適なパフォーマンスを実現できます。

詳細はこちら ≫


Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、インターネット経由でどのようなデータについても保存やアクセスを実行できるように設計されたオブジェクトストレージです。

安全で、99.999999999% の耐久性があり、数十兆を超えるオブジェクトを保存できるまでスケールできます。S3 は、バックアップと復旧、階層化されたアーカイブ、ユーザー主導コンテンツ (写真、動画、音楽、ファイルなど)、ビッグデータ分析やデータウェアハウスプラットフォームのためのデータレイク、またはサーバーレスコンピューティン グ設計の基盤として使用されます。

詳細はこちら ≫


Amazon Glacier は、あらゆる種類のデータの長期バックアップとアーカイブ向けにきわめて低コストで高い耐久性を備えたオブジェクトストレージサービスです。

Glacier は、アクセス頻度の少ないデータ用に低コストのストレージを必要としているお客様向けのソリューションです。メディアやエンターテイメントのアプリケー ションで使用されているテープの代替ソリューションになり、ヘルスケア、ライフサイエンス、金融の各サービスなど規制が厳しい企業でのコンプライアンスにも役立ちます。

詳細はこちら ≫


AWS Storage Gateway は、お客様のオンプレミス環境を Amazon クラウドストレージにシームレスにリンクするソフトウェアアプライアンスです。

ローカルストレージから AWS クラウドストレージへの高度に最適化された接続を利用できるため、移行、バースト、ストレージ階層化のユースケースに役立ちます。 既存のプロセスを中断させることなくテープオートメーションを置き換えます。オンデマンドのストレージ容量でオンプレミスのワークロードを補完するか、ク ラウド層で既存のオンプレミスストレージへの投資を追加できます。

詳細はこちら ≫


Amazon には、AWS クラウドとの間でデータを移行するためのデータ転送サービスのポートフォリオが用意されています。

これらのサービスは、数ペタバイト規模のアーカイブのすばやく安全な移動、既存のインフラストラクチャを使用したネットワーク転送の高速化、複数のソースからの連続的なストリーミングデータの取得といったケースで役立ちます。

詳細はこちら ≫

企業におけるシステム構築・運用では、安定性、セキュリティ、拡張性といった点が非常に重要となります。
クラウドストレージは、バックアップ、ファイルサーバー、災害対策(DR)、ソフトウェアのテストと開発、クラウドへのデータの移行、コンプライアンス、ビッグデータとデータレイク等、企業のビジネスにおいて様々な用途で活用されています。

ファイルサーバーの機器の更新を検討する際、AWS クラウドであれば、効率性と拡張性を求める企業向けに、スケーラブル、耐久性に優れたクラウドストレージをご利用いただけます。肥大化したファイルサーバー容量に対応するだけでなく、大切なデータ資産を保持し、安全な利用と毎月のバックアップを実現することができます。

詳細はこちら ≫

クラウドストレージを利用して日々増加し続けるドキュメントやコンテンツファイルを安全にそして安価に管理していくことができるファイルサーバーを構築することを想定した場合、Amazon VPC を使って、社内環境から VPN 接続を行うことにより、安全なファイルサーバー環境を実現することができます。

詳細はこちら ≫

クラウドストレージを利用して、万が一の地震や停電、ネットワーク障害に備え、大切なデータの消失を避ける仕組みを構築することができます。AWS クラウドなら、これまでコストも時間もかかった複数のアベイラビリティ―ゾーン(データセンター群)での冗長構成を手軽に実現することができます。

詳細はこちら ≫

ソフトウェアのテストおよび開発環境では、必要な時間に加えて、求められる先行投資の費用が大きくなることがあります。世界有数の規模と資産総額を誇るいくつかの企業が、クラウドストレージの柔軟性、パフォーマンス、低コストを活用して、記録的な速さでアプリケーションを世に送り出しています。最も単純な静的ウェブサイトでさえ、驚くほど低コストで改善できます。世界中の開発者が従量課金制のストレージオプションに移行し、管理とスケーリングに頭を悩まされなくなりました。

詳細はこちら ≫

クラウドストレージの可用性、耐久性、そしてコストメリットは、非常に魅力的ですが、大量のデータをクラウドに移動するという課題も発生します。AWS Import/Export Snowball のようなクラウドへのデータ移行サービスを利用すると、ストレージをクラウドに移行する作業が簡略化されるため、高額なネットワークコスト、長い転送時間、セキュリティに関する懸念が緩和されます。

詳細はこちら ≫

クラウドストレージにデータを保存する場合、法規制とコンプライアンスに関して懸念が生じることがあります。これは特に、データが既に法令に準拠したストレージシステムに保存されている場合に当てはまります。Amazon Glacier Vault Lock のようなクラウドデータのコンプライアンス制御は、ロック可能なポリシーを介して個々のデータボールトにコンプライアンス制御を容易にデプロイおよび施行できるように設計されています。

詳細はこちら ≫

従来のオンプレミスのストレージソリューションは、特に時間の経過とともに、コスト、パフォーマンス、そしてスケーラビリティの一貫性が崩れることがあります。ビッグデータプロジェクトには、大規模で、価格が適切な、可用性が高く、高いセキュリティを備えたストレージプールが必要です。このストレージのことを一般に、データレイクといいます。

詳細はこちら ≫

AWS のクラウドストレージサービスは、日本でも数多くのお客様にご利用いただいています。エンタープライズ企業における基幹システムから、スタートアップ企業におけるウェブアプリケーションにいたるまで、幅広いニーズで採用されています。こちらではお客様事例の一例をご紹介します。

株式会社ジャパンネット銀行

全社員が利用する ActiveDirectory、メール(Exchange)、ファイルサーバーを含む全 OA サーバーを AWS に移行することにより、5 年で 20 % のオンプレミス比の削減を見込んでいます。AWS クラウド上でインフラの統制権が保持出来るため、Amazon Cloudwatch による AWS のプロセス管理や監視、AWS Cloudtrail による操作ログの管理等により、金融業界としての従来のセキュリティポリシーをそのまま踏襲したシステムを実現しています。

ご利用中のクラウドストレージサービス:
Amazon EBS、Amazon S3、Amazon Glacier

導入事例はこちら ≫

山九株式会社

クラウド化による 災害対策や BCP を目的として、2014 年に AWS を採用。第 2 データセンターの設置と比べてコストは 10 分の 1 程度に、移行後のランニングのコストも 5 分の 1 程度に抑えることができています。AWS では Amazon EC2、Amazon EBS、Amazon S3、Elastic Load Balancing、AWS Direct Connect を中心に利用しており、2018 年 3 月までにほぼすべてのシステムの AWS 移行が完了する予定です。

ご利用中のクラウドストレージサービス:
Amazon EBS、Amazon S3

導入事例はこちら≫

西洋フード・コンパスグループ株式会社

SAP ERP(財務会計、管理会計)と TAK(本部システム、EUC システム)といった業務システム基盤を AWS へ移行。同時に東京リージョンとシンガポールリージョンを活用した DR 環境も実現し、従来のオンプレミスよりも安価かつ業務負荷の軽減も実現しています。Amazon EC2、Amazon EBS、Amazon S3、AWS Direct Connect をはじめ、DR 環境では Amazon AMI を利用した複数環境や AWS CloudFormation を利用したリモートサイト設計を実現しています。

ご利用中のクラウドストレージサービス:
Amazon EBS、Amazon S3、Amazon Glacier

導入事例はこちら ≫