この AWS ソリューションの内容

Media2Cloud ソリューションでは、動画アセットと関連するメタデータをクラウドに移行するためのサーバーレスのエンドツーエンドの取り込みワークフローを設定します。このソリューションは、移行やサプライチェーンのプロセスを加速するのに役立つ標準化されたアーキテクチャを提供するように設計され、Media Asset Manager (MAM) パートナーが顧客向けにソリューションを提供する手助けをします。

注目の動画
AWS ソリューション Media2Cloud: Formula 1 レガシーのアーキテクチャ
関連コンテンツをさらに確認するにはこちらをクリック 

メリット

開発時間を節約する

Media2Cloud ソリューションは面倒な設定なしで活用できます。あるいは、コンテンツ取り込みプロセスのセットアップと構成を早める目的でサーバーレスフレームワークを構築するとき、リファレンス実装として活用します。

シンプルなユーザーインターフェイス

このソリューションでは、動画とイメージファイルや抽出後のメタデータを簡単にアップロード、閲覧、検索するための単純なウェブインターフェイスが生成されます。

AWS ソリューションの概要

このソリューションは、機械学習の専門知識なしで AWS アカウント内のメディアファイルから重要な詳細を迅速かつシームレスに抽出することができます。また、このソリューションには、メディアコンテンツの取り込みと分析に使用できるウェブベースのユーザーインターフェイスも含まれています。

Media2Cloud | アーキテクチャ図
 クリックして拡大

Media2Cloud ソリューションアーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレートにより、次のインフラストラクチャがデプロイされます。

1.ユーザーディレクトリを提供する Amazon Cognito ユーザープール。

2.AWS IAM 認証を使用するように設定された Amazon API Gateway RESTful API エンドポイント。

3.ウェブバケットに保存されている最小化された JavaScript ファイルやグラフィックなどのウェブアプリケーションのアーティファクトをホストする Amazon CloudFront ディストリビューション。

4.AWS StepFunctions のメインステートマシンで、ソリューションのバックエンドの取り込みと分析ワークフローへのエントリーポイントとして機能します。

5.AWS Step Functions の取り込みサブステートマシンは、メディアファイルタイプごとに取り込みプロセスをオーケストレートし、取り込まれたメディアのプロキシを生成します。ビデオやオーディオファイルには AWS Elemental MediaConvert を、イメージファイルやドキュメントにはオープンソースのツールを使用しています。

6.分析プロセスを実行する AWS Step Functions の分析サブステートマシン。Amazon RekognitionAmazon TranscribeAmazon Comprehend、および Amazon Textract による分析ジョブを実行する AWS Step Functions で構成されています。

7.Amazon DynamoDB テーブルは、全体的なステータス、中間ファイルが保存されている場所へのポインター、ステートマシンのトークン実行など、取り込みおよび分析プロセス中に生成されたアーティファクトを保存します。

8.Amazon OpenSearch Service クラスターは、取り込みの属性と機械学習のメタデータを保存し、お客様の検索や発見のニーズに対応します。

9.4 つの Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットは、アップロードされたコンテンツ、取り込み時にソリューションが生成するファイルプロキシ、静的なウェブアプリケーションアーティファクト、使用したサービスのアクセスログを保存します。

10.特定のタスクの状態が変化したときに記録される Amazon CloudWatch のイベントルール。

11.キューイングされた AI/機械学習リクエストが処理されたときに、バックログシステムがワークフロー (ステートマシン) に通知する内部キュー管理システムで使用される Amazon EventBridge

12.AWS IoT Core のトピックで、取り込みと分析のワークフローが、パブリッシュ/サブスクライブの MQTT メッセージングを通じて、フロントエンドのウェブアプリケーションと非同期に通信できるようにします。

13.Amazon Rekognition がビデオ分析ワークフローのジョブステータスをパブリッシュしたり、顧客のシステムとのカスタム統合をサポートしたりするための Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピック。

下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

注: RSS 更新を購読するには、ご使用のブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。 

このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
動画
AWS ソリューションによる解決: Media2Cloud
カスタマーリファレンス
Jukin Media は、Media2Cloud を使用して、TrackIt でユーザー生成コンテンツを次のレベルへ

TrackIt に依頼して AWS Media2Cloud 実装をデプロイすることにより、Jukin Media は、ユーザーが生成した大量の動画コンテンツを合理化および自動化されたプロセスと照合し、時間と費用の削減を実現しました。

AWS Media ブログ
Starchive と AWS が 2020 ESSENCE Festival of Culture の提供を支援することで、ESSENCE のイノベーションが成功
Starchiveがどのようにして AWSMedia2Cloud ソリューションの実装を使用して、わずか 8 日間で 5000 時間以上のアーカイブ動画を処理し、50 周年の仮想の祝賀会で使用するために ESSENCE のコンテンツライブラリすべてをロック解除したかを学びます。
ブログ投稿の全文を読む 
AWS 機械学習ブログ
AWS メディアインテリジェンスソリューションの発表
AWS Media Intelligence (AWS MI) ソリューションがご利用いただけるようになりました。これは、お客様が AI をメディアコンテンツワークフローに簡単に統合できるようにするサービスを組み合わせたものです。
ブログ投稿の全文を読む 
先頭に戻る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら