Amazon Web Services ブログ

Amazon Lightsail – AWSの力、VPSの簡単さ

by AWS Japan Staff | on | in 新サービス |

部品から複雑なシステム(家、コンピューター、家具)を組み立てるのを好む人がいます。彼らは、計画プロセスを楽しみ、慎重に各部品の調査を行い、望ましい力や適応性のバランスを与える部品を選択します。邪魔にならないに計画することで、彼らは最終品に向けて、部品を組み立てるプロセスを楽しみます。他の人々は、このdo-it-yourself(DIY)が魅力的で価値があると思っていませんし、途中であまりに多くの決定を下す事なく、できるだけ早く結果に到達する事に興味があります。

聞き覚えありませんか?

私は、このモデルはシステムのアーキテクチャとシステム構築にも同じ様に当てはまると思います。時々、個々のAWSコンポーネント(サーバー、ストレージ、IPアドレスなど)を手動で選ぶ事に時間をかけ、あなた自身でそれらをまとめたいでしょう。別の機会では、事前設定され事前に組み立てられた、システム構築の手間なく、Webアプリケーションを実行する準備が完了しているシステムを必要とします。

Amazon Lightsailの紹介

本日、Amazon Lightsailをローンチします。数回クリックしてメニューから設定を選択し、SSDベースのストレージ、DNS管理、固定IPが事前設定された仮想マシンを起動することができます。好きなオペレーティングシステム(Amazon Linux AMI,Ubuntu)、開発環境(LAMP, LEMP, MEAN,Node.js)やアプリケーション(Drupal,Joomla,Redmine,GitLabなど)を立ち上げることができます。そして、それはデータ転送量の大きな容量を含む月額$5から始まる定額料金です。


料金プランと設定はこちらです。

AWSの力と、信頼性、セキュリティに支えられた簡単なVPSが利用できます。あなたの要求の成長した際には、最初の範囲の外にスムーズに出たり、追加のAWSデータベース、メッセージング、コンテンツ配信サービスにつながる力を持っているでしょう。

大体において、スムーズで、明確な将来への道筋を与えると同時に、LightsailはAWSの開始とクラウドプロジェクトのジャンプスタートをする簡単な方法です。

クイックツアー

Amazon Lightsailのクイックツアーを始めましょう!Lightsailコンソールの各ページにはクイックアシスタントタブがあります。Lightsailを最大限に活用することを助けてくれる状況に応じたドキュメントへアクセスするために、いつでもクリックすることができます。

メインページから開始します。最初はインスタンスや他のリソースを持っていません。

次に進む為に、Create Instanceをクリックします。1ページの中で、マシンイメージ(AppとOS、またはOSだけ)、インスタンスプランを選び、インスタンスの名前を与えます。

複数のインスタンスを起動することができ、設定スクリプトを準備することができ、そして望むならば、代替のSSHキーペアを指定することができます。アベイラビリティゾーンを選ぶ事もできます。$10プランのWordPressを選び、それ以外はそのままにして、Createをクリックします。インスタンスは数秒で稼働します。

インスタンスをクリックすることで、インスタンスを管理することができます。

私のインスタンスはブラウザで開く事ができるパブリックIPアドレスを持っています。WordPressはすでにインストールされ、設定され、動いています。

初期設定を完了させる為にWordPress passwordが必要になります。インスタンス管理ページにて、Connect using SSHをクリックし、鍵管理やブラウザプラグインをインストールすることなく、ブラウザ上のSSHターミナルウィンドウで
接続しました。WordPress 管理者パスワードは~bitnamiディレクトリにあるbitnami_application_passwordファイルに記載されています。

1,2クリックするだけで、次回以降にアクセスする事が出来る様にターミナルウィンドウをブックマークすることができます。

例えば、インスタンスのパフォーマンスメトリックスにアクセスする事ができます。

そして、ファイアーウォール設定を管理することができます。

スナップショットを取得することで、インスタンスの状態をキャプチャすることができます。

後に、新しいインスタンスの為にスナップショットからリストアすることができます。

固定IPアドレスを作成したり、ドメイン名を作成することもできます。

高度なLightsail – APIとVPC Peering

クイックツアーを終える前に、Amazon Lightsailのいくつかのより高度な特徴について話しましょう。APIとVPC Peeringです。

AWSのほとんどの場合と同様に、レビューしてきたコンソールの機能の裏側には完全な組のAPIが存在します。これは、より興味深い機能の幾つかのAPIです。

  • GetBundles – バンドル(マシン設定)リストの取得
  • CreateInstances – つ、またはそれ以上のLightsailインスタンスの作成
  • GetInstances – Get a list of all Lightsail instances.
  • GetInstance – 特定のインスタンスに関する情報の取得
  • CreateInstanceSnapshot – インスタンスのスナップショットの取得
  • CreateInstanceFromSnapshot – スナップショットからのインスタンスの作成

アカウント内の全てのLightsailインスタンスはAWS管理コンソールからは見えないshadow VPCの中で動いています。
Lightsailインスタンス上で動かしているコードが他のAWSリソースにアクセスする必要がある場合は、shadow VPC とあなたのアカウントの他のVPCでVPC peeringを設定して、その中にリソースを作成してください。Account(右上部)をクリックし、 Advanced featuresにスクロールダウンし、VPC peeringをチェックします。

これで、LightsailアプリはVPC内で動いている他のAWSリソースにアクセスする事ができます。

Pricing and Availability

本日、Amazon LightsailUS East (Northern Virginia)リージョンでローンチします。そして、近い将来に他のリージョンに展開していく計画です。

価格は月額$5からスタートします。

Jeff;
原文: Amazon Lightsail – The Power of AWS, the Simplicity of a VPS (翻訳: SA浅野)