Amazon Web Services ブログ

Amazon Managed Blockchain の Ethereum サポートが一般提供開始となりました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス、シニアエバンジェリストの亀田です。

Amazon Managed Blockchain のEthereumサポートが一般提供開始となり、東京リージョンでもお使いいただける用になりましたので、お知らせいたします。

Amazon Manage Blockchainはフルマネージド型のサービスで、一般的なオープンソースフレームワークである Hyperledger Fabric や Ethereum を使用して、パブリックネットワークへの参加や、スケーラブルなプライベートネットワークの作成と管理を簡単に行えます。ブロックチェーンは、信頼された中央機関なしで複数の当事者がトランザクションを実行できるアプリケーションを構築することを可能にしまが、その一方で、設定箇所が分散する関係上、スケーラブルなブロックチェーンネットワークを構築することは、設定が複雑で管理が困難になります。ブロックチェーンネットワークを構築するために、各ネットワークメンバーは、手動でハードウェアをプロビジョニングし、ソフトウェアをインストールし、アクセスコントロール用の証明書を作成および管理し、ネットワーキングコンポーネントを設定する必要があります。

Managed Blockchain を用いることで、数回クリックするだけでパブリックネットワークに参加したり、スケーラブルなプライベートネットワークをセットアップおよび管理できます。

Managed Blockchainはさらに、AWS Key Management Service (KMS) と連携を行いユーザーアイデンティティの管理を実現することで、ブロックチェーンネットワーク内でセキュアに通信するための認証識別子などを安全に管理するための機能が提供されます。そして各トランザクションは、 フルマネージド型台帳データベースであるAmazon QLDB を使用して構築されており、ネットワーク内のすべてのコミットされていないトランザクションに対する完全な履歴を管理するイミュータブルな変更ログを保持するため、サービス全体の耐久性を高めることが可能です。

Ethereum (イーサリアム)は、参加者が信頼できる中央機関なしで取引できるようにするピアツーピアネットワークを確立する人気のある分散型ブロックチェーンフレームワークです。ブロックチェーンネットワーク上に構築された金融アプリケーションのネットワークである分散型金融などの一般的なユースケースが可能になり、中央の権限なしで動作し、顧客が支払い、投資、貸付、および取引のための新しい方法を提供できるという点で、既存の金融ネットワークとは異なるユーザーエクスペリエンスを提供できる可能性があります。これらのイーサリアムベースのアプリケーションを自前で構築すると、インフラストラクチャの運用と管理が複雑で時間がかかることが課題となります。非同期ノードによるデータの信頼性、データストレージのスケーリングの課題、時間に敏感なイーサリアムソフトウェアのアップグレードなどが主な要因です。

Managed BlockchainはEthereum JSON-RPC API over HTTP / WebSockets をサポートし、Ethereumノードを数分で簡単にプロビジョニングし、パブリックEthereumメインネットワーク (mainnet) やRinkebyRopstenなどのテストネットワーク (testnet)に簡単に接続できます。2021年3月4日時点では、Hyperledger Fabricと異なり、Ethereumではプライベートネットワークの構築がサポートされていないことに注意してください。プライベートネットワークの構築は近日中に公開が予定されています。安全なネットワーキング、保管および転送時の暗号化、標準のオープンソースEthereum APIを介したネットワークへの安全なアクセス、Ethereumブロックチェーンへの高速で信頼性の高い同期、および元帳データ用の耐久性のあるエラスティックストレージが機能として提供されます。

さらに、ノードの状態を監視しながら、異常なノードの置き換えやEthereumソフトウェアのアップグレードが自動化されることで、お客様のEthereumインフラストラクチャの可用性を向上させることができます。

詳しいドキュメントはこちらをご覧ください。

– シニアエバンジェリスト 亀田;