Amazon Web Services ブログ

インターリージョンVPCピアリングのサポートのお知らせ

Amazon EC2にて、他のAWSリージョンを跨いでVirtual Private Cloud (VPC)ピアリングの確立ができるようになりました。

インターリージョンVPCピアリングでは、Gateway、VPNコネクション、ネットワークアプライアンスなどを使う事なく、別なリージョンで稼働しているEC2インスタンス、RDSデータベース、LambdaファンクションなどのVPCリソースに対してPrivate IPアドレスにて通信が可能です。

インターリージョンVPCピアリングは、リージョン間のリソース共有や地理的な冗長性を得るためのデータレプリケーションに関して、シンプルかつコスト効率の良い方法となります。インターリージョンVPCピアリングはVPCと同様な水平方向のスケール、冗長、高可用性テクノロジーにより構築されており、単一障害点や帯域のボトルネック無しに暗号化します。インターリージョンVPCピアリングのトラフィックは常にグローバルAWSバックボーンにとどまり、パブリックなインターネットを横断することは無く、一般的な悪用であったりDDoS攻撃のような脅威を減らすことができます。

インターリージョンVPCピアリングコネクションによって転送されたデータのコストは、インターリージョン間の通常のデータ転送費用となります。

インターリージョンVPCピアリングはAWSの米国東部(バージニア北部)、米国東部(オハイオ)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)にて利用可能です。他のリージョンについても、まもなく予定しています。

さらなる情報については、Amazon VPC Peeringのドキュメントをご参照下さい。

 

翻訳はSA益子が担当しました。
原文:こちら