Amazon Web Services ブログ

Randall Hunt

Author: Randall Hunt

Senior Technical Evangelist at AWS. Formerly of NASA, SpaceX, and MongoDB.

AWS X-Ray が、Amazon API Gateway と新しいサンプリングルール API のサポートを開始

  同僚である Jeff は、約 2 年前、AWS re:Invent についての投稿で、初めて AWS X-Ray について紹介してくれました。AWS X-Ray は、本稼働と開発の両方の局面で、シンプルなウェブアプリから大規模で複雑な分散型マイクロサービスまで、開発者があらゆるものを分析してデバッグするのに役立ちます。X-Ray が 2017 年に一般利用可能になって以来、顧客からのフィードバックに速やかに対応し、AWS Key Management Service (KMS) による暗号化、新しい SDK や言語 (Python!) のサポート、オープンソーシングのデーモン、レイテンシーの可視化ツールなどのサービスに対する強化を継続しました。本日、新たに次の 2 つの新機能を追加します。 Amazon API Gateway のサポートにより、API を通じた基礎となるサービスへのリクエストの追跡と分析が容易になります。 また、最近 AWS X-Ray コンソールと API でサンプリングルールをコントロールするサポートも開始しました。 それでは、API の追跡を有効にする方法を確認しましょう。 X-Ray 追跡を有効にする API Gateway にデプロイされたシンプルな API から始めます。2 つのエンドポイントを追加します。1 つはレコードを Amazon Kinesis Data Streams にプッシュするためであり、もう 1 […]

Read More

Amazon Kinesis Data Streams に新しい機能が加わりました。

数週間前に、当社は2つの重要なパフォーマンス改善機能をAmazon Kinesis Data Streams (KDS):に追加しました。拡張ファンアウトと HTTP/2 データ取得 API です。拡張ファンアウトは、開発者が各ストリームコンシューマーにそれぞれの読み取り処理量を提供することにより、ストリームコンシューマー (リアルタイムでのストリームからのアプリケーションの読み取りデータ) の数を増加させることができます。HTTP/2データ取得APIは、一般的なシナリオでデータをプロデューサーからコンシューマーに70ミリ秒以内に配信できるようになります (65%の向上)。これらの新しい機能により、開発者は Amazon Kinesis Data Streams 上でより高速で、より反応性、並列性に優れ、レイテンシに敏感なアプリケーションを構築できるようになります。 Kinesis は実際に、次のストリーミングサービスのファミリを指します。 Kinesis Video Streams、Kinesis Data Firehose、Kinesis Data Analytics、および本日のブログ投稿のトピックである、 Kinesis Data Streams (KDS)。Kinesis Data Streams では、完全に管理され、大規模にスケーラブルなサービスを利用して、開発者は容易に、かつ継続的にストリーミングデータをリアルタイムで収集、処理、および分析できるようになります。KDS は何十万にも上るソースから 1 秒当たりの数ギガバイトのデータを取り込むことができます。ウェブサイトのクリックストリームやソーシャルメディアのフィードから財務取引や位置情報データに至るまであらゆるものを対象としています。 Kinesis Data Streams は、シャード (shard) の概念を使用してスケールされます。1 個のシャードは、1MB / 秒または 1000 レコード / 秒のインジェスト容量と 2MB / 秒の出力容量を提供します。顧客が数千から数万個のシャードを持ち、毎秒数十ギガバイトの入出力をサポートすることは珍しいことではありません。ファンアウト機能を強化する前に、2MB / 秒 / […]

Read More

Aurora Serverless MySQL の一般利用が開始

クラウド向けに考案、構築され、MySQL や PostgreSQL と互換性のあるカスタムビルドのデータベース、Amazon Aurora については、すでにご存知の方も多かと思われます。また、インスタンスのことを考慮することなくアプリケーションおよびサービスを構築、実行できるサーバーレスをご存知の方も多いかと思われます。この 2 つのサービスは、成長を続ける AWS テクノロジーの一端を担うサービスであり、私たちはこのサービスに積極的に取り組んでいます。昨年の AWS re:Invent では、Aurora Serverless と呼ばれる Aurora の新機能のプレビューが発表されました。本日、Aurora MySQL 向け Aurora Serverless の一般利用が可能になったことをお知らせいたします。Aurora Serverless は自動スケーリングが可能な、オンデマンドベースのサーバーレスの Aurora とお考えください。インスタンスやスケーリングのことを考える必要はなく、従量制に基づいて支払うだけです。 この方式は、予期しない負荷が発生したり、需要が頻繁に発生しないアプリケーションに最適です。これから、Aurora Serverless どのように動作するか説明いたします。それでは、サーバーレスクラスターの起動方法から始めましょう。 Aurora Serverless クラスターの作成 まず、Amazon Relational Database Service (RDS) コンソールに移動し、[クラスター] サブコンソールを選択します。次に、右上隅の [データベースの作成] ボタンをクリックして以下の画面に移動します。 上の画面から、使用するエンジンタイプを選択し、[次へ] をクリックします。今は、Aurora MySQL 5.6 だけがサポートされています。 ここからがおもしろいところです。キャパシティータイプで [Serverless] を選択すると、インスタンスのすべての選択と設定オプションが非表示になります。やるべきことは、クラスターに名前を付け、マスターユーザーの名前とパスワードの組み合わせを入力し、[次へ] をクリックすることだけです。 ここから、多数のオプションを選択できます。使用される Aurora Compute Units (ACU) […]

Read More